スポンサーリンク

最高のチキン 第9話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「最高のチキン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「最高のチキン」9話予告動画

「最高のチキン」9話あらすじ

ボアからチェゴの店のレシピを聞き出し、チェゴの店の近くにチキン屋をオープンしたチェゴ母オスク。
責任を感じたボアは、チェゴの店を辞め、荷物をまとめて祖父の家に戻る。
置手紙をして消えたボアに、驚くチェゴ。

ボア祖父の家に尋ねて行くチェゴ。チェゴに会わす顔が無いボア。

弱みを掴まれ、アンドリューの顔色を窺うようになるヨンホやギュマン。

”うちのボアがクビになったのか?辞めたのか?”とボア祖父から尋ねられ、事情を話すチェゴ。
またボアが出勤するようにすると話すチェゴ。

部屋を探しているというアンドリューに、良い物件を紹介するミナ。だが、その部屋を気に入らないアンドリュー。

ジュニョクの家に泊まる母オスクと顔を合わせるチェゴ。
早くチェゴに店を辞めさせ、どこか良い会社に就職して欲しいオスク。
”お金のためじゃなく、チキンの仕事が本当に好きで、作ったチキンを美味しく食べてもらうのが好きだ。だから母さんより長く耐えられる。好きな仕事だから”と話すチェゴ。
そんなチェゴの考えは最初だけだと考えるオスク。
昔、オスクが食堂の仕事を長くしていてその苦労が分かるからこそ、チェゴのチキン屋に反対することを理解するジュニョク。

良い物件を見せても気に入らないアンドリューに、イラつくミナ。
アンドリューは備え付けの電力調理器が気に入らないのだった。

果物を買い、沢山貰ったからと嘘を付いてチェゴにも持って行くようにボアに言うボア祖父。
仕方なくチェゴの元に果物を持って行くボア。
チェゴとの対話を避けてすぐ帰ろうとするボアに、”手伝ってから帰って”と話すチェゴ。

日当たりの悪い物件を見て、気に入るアンドリュー。
そこにはガスレンジがあり、ここに決めるというアンドリューに驚くミナ。

スポンサーリンク

ボア祖父がくれた柿の皮を一緒に剥くチェゴとボア。
改めて、チェゴに辞めると言うボア。
どうしてボアが辞めるとまで言うのか理解できないチェゴ。
”私がそうしたの・・全部私のせいなの・・店が営業停止になったのも・・・私が店を潰そうとしたの。最初からそのために店に入ったの”と告白するボアに驚くチェゴ。
今までの事を思い出すチェゴ。

契約してすぐ、汚い部屋のまま住み始めようとするアンドリューだったが、ヨンホ達に手伝わせて部屋を整えてやるミナ。
お礼に、自身が作ったパスタを振舞うことにするアンドリュー。
腕が振るえながらもなんとか作り終え、ミナ達に食べてもらうアンドリュー。

母親のチキン屋がブロガーを招待してレビュー記事を書いてもらっているのが分かり、チェゴもブロガーにメールを送る。

営業停止期間が終わり、出前要員として”出前王”のクォンヒョクを雇う。
破格の価格をチラシに記載し、勝負を掛けることにするチェゴ。

チェゴの店を辞めたボアは、祖父の家で引きこもっていた。
これからは祖父を困らせないように、心配を掛けないように暮らすと話すボア。

破格値段のおかげもあって、チェゴの店には客がたくさん入る。
チェゴが宣伝のためにブロガーも招待したと分かり、”レビューを金で買うのか?”と納得できないアンドリュー。
こんな競争は潰れる方向に向かっていると非難するアンドリューに、”母さんもボアさんも潰れるようにしているのに、どうしたらいいんだ?何かしないとダメだろう!”と怒るチェゴ。
”いっそのこと怒れ。店に変なことをせずに。怒っているんだろう?お母さんにもボアにも。行って怒れ。店は平常心でしろ”と話すアンドリュー。

ボアに会いに行くチェゴ。
新しくアルバイトを始めることにし、面接を受けるボア。
その面接先に行き、ボアを雇わないように言うチェゴ。

今までボアがしてきたことを責め、ボアに怒るチェゴ。
”どうして店を辞めるの?僕が辞めるなと言うのに。僕はボアさんが必要なんだ。他へ行かずに傍に居て。僕がボアさんを好きだから”と告白し、ボアにキスをするチェゴ。

第10話につづく。

韓国ドラマ「最高のチキン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました