黄金色の私の人生 あらすじ51話 パク・シフ

スポンサーリンク

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「黄金色の私の人生」51話予告動画

「黄金色の私の人生」51話あらすじ

”ドギョンさんが私にした最大の過ちは私があなたを愛するようにさせたことだ。だからあなたを許せない。そして私も許せない”と話すジアン。
ノ会長が倒れてヘソンに戻ったドギョンの事も、家族だからと理解したし、テスにノ会長がしたことは知らずにドギョンを助けていたジアン。
”申し訳ないと思うでしょう?だったら私を綺麗に忘れて。それがドギョンさんがしてくれることのできる最後の思いやりだ”と話すジアン。
”お前が俺を綺麗に忘れろ”と言うドギョンに、”忘れる。あなたの記憶にも無くなっていると良いから、いつか偶然町で会っても初めて見る人のように通り過ぎれるように・・・”と言い、プレゼントのネックレスを返して去っていくジアン。

田舎の家に居るテスを迎えに行くジテとスア。
スアに病状を知られてもソウルの家に戻るのを嫌がるテスに、”お義父さんがここにいると、私も落ち着かなくてお腹の子供が不安がる””私のせいで家族と過ごす時間を奪って、どうして私が気楽で居られますか?””お義父さんはもうお祖父さんだ”と説得するスア。

ソクドの家に行き、テスからもらった2000万ウォンをソクドに返却しようとするジアン。
そこで、そのお金はソクドからテスが前借したものではなく、テスのガン保険の診断で出た保険金だったと分かるジアン。号泣するジアン。

ジアンに別れを告げられ、呆然とするドギョン。
ジアンが自分にしてくれたことに比べると、ジアンにしてやったことがあまりなかった事を考え、気持ちを受け入れてくれるようジアンに求めていた自身に呆れるドギョン。
ヘソングループの”チェ・ドギョン”だから受け入れてくれるだろうという驕りがずっとあり、ジアンが望むことをしてやらなかったことを悔み、自分自身に腹が立つドギョン。

ソクドから連絡を受け、2000万ウォンがガン保険の保険金だとジアンが知ったと分かるテス。
ジアンに会いに行き、”ジアンにお金を渡すために手術を諦めたわけじゃない”と話すテス。
その体でヘソンの家のために駆けずり回ったテスに、”少しでも家族の事を考えて大事にしないとだめでしょう?ヘソンの家が何?どうしてそこまでお父さんがしないといけないの??25年前にジスを連れて行ったこと?そのおかげでジスが助かったんじゃないの!それを知りながらあの人たちはお父さんを叩いて脅迫して・・”と納得できないジアン。”俺がそうしたかったんだ”と言うテス。
ドギョンと別れたことを話すジアン。

テスに少しでも長生きをしてほしいジアン。
”いつ死んでも惜しいんだ。父さんは今が良い。子供たちはみんな自分たちの道に進んでいて・・””行く人が良いなら、笑って送り出してもいいんだ”とジアンに話すテス。

泣くのを我慢し、帰って来たテスに”お父さん、愛している”と抱きしめるジス。

ミン部長とミョンヒがつかみ合いの喧嘩をしたと聞き、驚くジェソン。

怒りを抑え、ノ会長に会いに行くドギョン。
ジアンを謝罪のために呼んだが、ジアンは謝罪を受け入れる気がなく謝罪できなかったと話すノ会長。
”ジアンに謝ろうと呼んだのではないでしょう。ジアンが父親から聞いてすでに全て知っていると思って呼んだんでしょう?後始末のために。私の怒りを鎮めるために””退院手続きをしておいたからハワイに行ってください。このまま病院に居れば健康を理由に理事の座もはく奪されることもある”と飛行機チケットを渡すドギョン。

フランチャイズ事業を始めようと、テスに相談するジホ。
詰めの甘いジホに、アドバイスを与えるテス。

顧客のボイスフィッシング被害を阻止し、大きな病院のVIP顧客を掴んで成績を上げたジテは課長に昇進する。

お礼を言うためにテスたちの家に向かうミョンヒ。
家の前で仲の良いジアンとジスの姿を見て、いつも争って来た自分たち姉妹の醜い姿を顧みる。

テスたちに、ウンソクの命を救い、ヘソンの家を救ってくれたことなどのお礼を言うミョンヒ。
”ウンソクを明るく育ててくれてありがとうございました”と挨拶するミョンヒ。

シェアハウスを出ていくことにしたジスに驚くヒョク。ヒョクにテスの事を話すジス。

ミョンヒからミン部長の事を聞き、怒るノ会長。
電話をして”今すぐ家に来い!”と怒るノ会長に、ノ会長の不法な証拠は沢山あると話し、”それをバラさないで去るだけでもありがたく思え”と捨て台詞を吐いて韓国を去るミン部長。

家族に、課長に昇進したことを話し、祝ってもらうジテ。

ミョンヒが離婚届に判を押していないが、家を出るために荷物をまとめたジェソン。
ジェソンが鬱の薬を飲んでいることが分かり、驚くミョンヒ。
自身がこん睡状態だった時に、”ウンソクが行方不明になった事は責めないから、目を覚ましてだけほしい”とジェソンが言ったことが本当なのか確かめるミョンヒ。
”浮気するために娘を連れて出て、行方不明にした人間に生きてだけくれと祈ると思うか?”と皮肉を言うジェソン。
”あれは浮気じゃなかった”” 後輩の男性のアトリエに行き、絵を見ながらお茶を飲んでいただけだ”と、話すミョンヒ。
ミョンヒがヘソンの娘だと知ってジェソンが近づいたと知り、それがバレてから冷たくなったと考えていたミョンヒ。
だが、ジェソンはミョンヒと付き合って半年後にヘソンの娘だと分かったが、誤解されるのが嫌で黙っていたと説明する。
冷遇したのは、自分の身内をお金で地方に追い出したことが分かってからだと知り、ノ会長が居ない息子の代わりに孫が生まれるまでの中間の役目をさせるためにミョンヒとの結婚を許したことが分かったからだと話すジェソン。
”お前が事故に遭わなければ、あの時に終わらせることができたのに・・”と家を言って出ていこうとするジェソン。
”ソ・テス氏に挨拶に行って来た”と話し、”行かないで・・私が悪かったわ・・”と謝るミョンヒ。ドアを開ける手を止めるジェソン。

外部からの役員の選定もミョンスに任せるドギョン。
ノ会長を理事から外して顧問にするいうドギョンの考えを聞き、自身の行動を悔やむミョンス。信頼関係が生まれるドギョンとミョンス。

”デートしよう”とテスを誘い、外に連れ出すジアン。
作った人形と同じような洋服をテスに買うジアン。

スポンサーリンク

久しぶりにナムグのパン屋に顔を出すジス。
ヒに、”ヒョクとは別れられなかった。これからも別れられそうにない”と話すジス。

ナムグに会いに行き、フランチャイズ事業の提案をするジホ。

財閥御曹司の許婚がいるが、ジホを男性と意識するソヒョン。
”お父さんがこれから私がどう生きたいのか尋ねた。お前と私の変化を気づいての話かも。お前と居たらすごく楽しかったから・・”と言うソヒョン。
”だったら付き合うか?”と言うジホ。だが、留学に行くことも決まっているソヒョン。複雑になることは避け、お互いに友達のままでいることにする二人。

ジテ達と相談し、遠くない場所で家族でピクニックに来れるような場所にテスの墓を作ることにしたジアン。その場所に行き、満足なテス。

”もう終わった。ジアンの話はもう出さないでくれ”と言うドギョンに驚くミョンヒとジェソン。

テスは療養院に入ることにする。悲しむジアン達。
テスに電話をしたドギョンは、代わりに電話を取った看護師からテスが療養院にいることが分かる。

ジェソンとミョンヒに会いに行き、これからテスの家で暮らすことにしたことを報告するジス。

療養院のテスに会いに行くドギョン。
テスの状況が分かり、ジアンが号泣したりした理由が分かったドギョン。
”申し訳ありませんでした・・・すごく申し訳なくて・・・ジアンに申し訳なくて・・ジアンを辛くさせて申し訳ありませんでした”と土下座して謝るドギョン。驚くテス。

ジスから、テスの病気の事を知ったジェソンとミョンヒ。
テスを助けるために、方法を探すことにするジェソン。

医師から外出許可をもらい、テスを”家族遠足”に連れ出すジアン達。
ジテ達が結婚式をした公園で、テスのギターコンサートを開くことにしたジアンたち。
家族や知り合いの前で、ギターを演奏するテス。ジアンを遠くから見守るドギョン。
無事に演奏を終え、家族写真を撮り、ヒョク父にも挨拶をするテス。

テスが動かないことに気付き、”お父さん!!”と悲鳴を上げて駆け寄るジアン。

第52話(最終回)に続く。

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント