帰ってきたポクダンジ 24話あらすじ  

スポンサーリンク

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「帰ってきたポクダンジ」24話あらすじ

ミンギュが喋り、喜ぶダンジ。

ミンギュが喋り出したようだとジェジンに電話をかけるファヨン。
その会話を聞き、ジェジンが事故時、ファヨンの車に同乗していたことが分かるラニョン。

”事故の時に一緒に乗っていたの??”と問い詰めるラニョン。
パク会長やウン女史に言うと言い出すラニョンを必死に止めるジェジン。

ダンジから連絡を受け、病院に駆けつけるハクボンたち。

ミンギュが喋り出し、事故現場にソジンが居たことを喋るんじゃないかと懸念するチェ秘書。
ミンギュは言わないと考えるソジン。

ダンジはミンギュの容態を理由に警察への出頭を延長してもらおうとしたが、その理由では認められず、強制的に警察に連れて行かれる。

ミンギュが喋り出したと聞き、慌てるウン女史。

どうして車の前に出たのか、ミンギュに尋ねるイェウォン。答えないミンギュ。

ミンギュの病室にやって来るウン女史。
”ミンギュを助けたのはソジンで、そのソジンの事を言ったら、クズだ””ミンギュとソジンの関係が明らかになったら、ソンヒョンはどうなる?”と脅すウン女史。

イェウォンを呼び出し、正式に付き合おうと言うジェヨン。
そんな暇はないと、断るイェウォン。

”事故現場にソジンが居たことを言うな。そうじゃなければお前の家族は無事では居られない”と脅すウン女史。
”家族に手を出すな・・””お前のせいでそうできない・・”と言うミンギュに怒るウン女史。
腹を立て、ミンギュの体を揺さぶるウン女史。容態が急変するミンギュ。
急いでウン女史を連れ帰るチェ秘書。

ミンギュを助けてくれという母親の頼みを断るジョンウク。

ジョンウクに会いに行き、改めて別居の話をするソジン。

会社のジョンウクに一人で会いに行き、”ママが警察に連れて行かれた、助けて”と泣くヘッサル。
ファヨンが暴行された件を調べることにするジョンウク。

ヘッサルを思うソンヒョンの事を考え、ジョンウクにミンギュの助けをさせようと考えるパク会長。
驚くジェジン、ラニョン。
”そこまでするのは違うと思う・・・”と言うソジン。

院長から、ファヨンの病室前に設置されてある監視カメラの映像が削除されていると聞くジョンウク。

”急にファヨンの車の前に出たのは、もう一台の車が関連しているのか?”と刑事から尋ねられるが、答えないミンギュ。

ファヨンと示談にならなければ、拘束されてしまうダンジ。
ハクボンはファヨンに会いに行くが、”示談にするつもりはない”と断られる。

看護師から、”ファヨンの病室から出てくる女性を見た。見たらファヨンが顔に怪我をしていた”と聞くジョンウク。
その看護士がその時写したスマホの画像を見て、驚くジョンウク。
そこには、ファヨンの病室から出てくるラニョンの姿がしっかり写っていた。

最近家に戻っていないジョンウクを訪ね、”当分の間実家に戻っていろ。夫婦仲が悪い時には離れているのも方法だ。そうしろ”と言うウン女史。

ジェジンに会いに行き、ラニョンが写る写真を見せて、”目撃者もいる”と自首することを勧めるジョンウク。
”明らかにすることは、うちの家族と縁を切るという事だ”と脅すジェジン。
”会社のためにも早く認めることが最善だ”と動じないジョンウク。

スポンサーリンク

ソジンに、ジョンウクがラニョンを拘束させようとしていると言うジェジン。

ソジンに電話をかけ、呼び出すミンギュ。

警察から検察に送致されそうになるダンジの前に現れるジョンウク。
ジュシングループの法務部を連れ、”ファヨンを暴行したのはダンジではない。この事件の捜査資料を見たい”と刑事に話すジョンウク。

ミンギュの病室に駆けつけるソジン。
”俺がお前を助けようと事故したのを妻は知らない。俺は妻に死んでも許してもらえない。ソジン・・・ソンヒョンをよろしく頼む・・・”と話し、容態が急変するミンギュ。

警察から釈放され、急いで病院に向かうダンジ。
病院からミンギュが危篤だと連絡を受け、急いで駆けつけるダンジ。
だが、ダンジが病室に着いたときはミンギュが息を引き取った後だった。ミンギュの死を受け入れられないダンジ。

ミンギュが亡くなったことが分かり、号泣するソジン。

第25話に続く。

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント