2度目の二十歳 第6回あらすじ チェ・ジウ

スポンサーリンク

「二度目の二十歳」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

 

「2度目の二十歳」第6話あらすじ

サングラスと帽子で顔を隠し、ウチョルと公演を見に来たイジン。
女性と親しそうに腰に手を回すウチョルの姿を目撃したノラはショックを受ける。
公演を見ずに帰るノラを見守るヒョンソク。

ウチョルが浮気していたと知ったノラは、数年前、離婚を言い出したウチョルの事を思い出す。
離婚原因は自分にあると思っていたノラ。
ウチョルが浮気をしていた事をユニョンに話して泣くノラ。

ウチョルの浮気を知らないままノラが亡くなることを望んでいたヒョンソク。
ウチョルの浮気を知ってしまったノラのために、これから他の望みを叶えてやろうと思う。

大学を辞めるようにノラに迫るウチョル。生活費は渡すが学費は出さないと言うウチョル。
ノラに大学を辞めさせ、予定通り離婚したいウチョル。


あなた浮気をしているの?TVで見たけど、浮気している男は急に優しくなったり説明が多くなったりするんですって。と言うノラに動揺するウチョルw

サンイェの譲ったチケットでノラと観に行ったのかとウチョルに尋ねるヒョンソク。
用事があって行けなかったと言うウチョルに、その公演が次に行われるのは10年後なのに・・と言うヒョンソク。
じゃぁ10年後に行けばいいと言うウチョルに腹を立てるヒョンソク。

新入生として部室の掃除をするノラ。
夫の浮気を知って衝撃を受けるノラを心配するヒョンソク。

イジンは大学理事の父親から縁談を迫られていた。今年いっぱい待ってほしいと言うイジン。
イジン父は独身のヒョンソクに結婚しないのか?理想の女性は?と尋ねる。
理想の女性は居たんですけど・・・キム・ウチョル教授の妻なんです。と話すヒョンソク。ヒョンソクとウチョル妻が同級生と聞き驚くイジン。

大学構内の動線を書いた地図をミンスに渡し、ミンスの大学生活を邪魔しないと伝えるノラ。
息子ミンスの彼女ヘミを眺めるノラ。

イジンの授業を受けるノラ。
どうして先生は結婚もしていないのによくご存じなんですか?と言うノラに、先人の研究を伝えているんだと言うイジン。

掛け持ちアルバイトをするスンヒョン。
学費や生活費も自分が払っていると言うスンヒョンに、自分でも出来るアルバイトはあるかと尋ねるノラ。

ヒョンソクは久しぶりにユニョンに連絡を取る。
ノラの手帳を見て、ノラが死ぬまでにしたい事をさせてやりたいから手伝ってほしいと話すヒョンソク。
ヒョンソクがノラの膵臓がんを誤診だと知らないと気付くユニョン。誤診だと話さないユニョンw


ヒョンソクに頼まれたユニョンは、大学の”制服デー”に高校の制服を着てノラの前に現れた。驚くノラ。
ノラも制服に着替え、ヒョンソクとの待ち合わせ場所に行く。
高校の制服を着たヒョンソクを見て笑うノラ。
制服を着たヒョンソクやノラを見かけて驚くウチョル。ウチョルに気付き、わざとノラと親しそうにするヒョンソク。

母校に行くヒョンソクやノラ。同級生ドンチョルも合流する。
高校時代の自分を思い出すノラやヒョンソク。
ノラに好意を持ち、ノラの祖母がするトッポッキ屋の常連だったヒョンソク。
高校時代と同じように、ノラにいたずらされて遊ばれるヒョンソクw


祖母のトッポッキ屋があった場所に行くノラ。
ノラがトッポッキ屋の娘だと知られたら馬鹿にされるから内緒にしろ。と心配してくれていた祖母を思い出して泣くノラ。

どうして奥さんがヒョンソクの友人だって言わなかったの?とウチョルを責めるイジン。
興味が無かったと話すウチョルに、私達の未来の計画が遠ざかって行くようだと懸念するイジン。

ミンスとヘミは高校の制服を着てクラブに行く。


ヒョンソクはクラブに行きたいと書いていたノラのために頑張るが、年齢制限のため入れない同級生4人w
ノラやヒョンソクたちは懐メロがかかるナイトクラブに行き先変更する。
懐かしい音楽と共に踊って楽しむノラたち。

スポンサーリンク

ノラを家まで送って行くヒョンソク。
夢のような一日を過ごしたノラ。ヒョンソクに礼を言うノラ。
こんな気分を感じる日がまたあるだろうか?忘れられないプレゼントになった。意地悪をした事も許してやる。とヒョンソクに言うノラ。

マンションのエレベーターで制服姿のミンスと一緒になるノラ。
母ノラの制服姿に驚くミンス。
英語のレッスンをさぼり、父親に見られたら怒られるとこそこそ家に入るミンス。玄関で待っていたウチョル。
今日は”制服デー”だった。クラブに行ったと言い、ミンスにもクラブに行くことを薦めるノラ。
サボったミンスを怒るウチョルに、一日遊んだって1年過ぎるになるわけじゃない。遊ぶ時もタイミングがあるんだ。とミンスを庇うノラ。

年齢のためなかなかアルバイトも見つからないノラ。スンヒョンからコンビニのアルバイトを紹介してもらうノラ。

仕事を手伝ってもらうという口実で、ノラを呼び出すヒョンソク。
ノラの祖母からトッポッキの味を引き継いだドンチョルの店のトッポッキをノラに食べさせようと準備するヒョンソク。


ヒョンソクとの約束を忘れたノラ。ノラがアルバイトを始めたと聞くヒョンソク。
アルバイトを始めたノラに怒るヒョンソク。

最後までノラの病気の事を知らない振りをしようとしていたヒョンソクだったが、お前がアルバイトなんてしてる時か?死ぬまで夫の顔色を窺って生きるのか??好きなことをするだけでも時間が足りないのにどうしてだ!!とノラに怒る。
ノラの膵臓がんの事を知っていると話すヒョンソク。
あれは誤診で、私は死なない。と話すノラ。
死なないのか?本当に死なないのか??と喜んでノラを抱きしめるヒョンソク。

第7回に続く。

「二度目の二十歳」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村