韓国ドラマ 女神降臨 第5話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「女神降臨」あらすじ一覧はこちら。登場人物・キャスト紹介はこちら

韓国ドラマ「女神降臨」5話あらすじ

”今日からはお前の言う事だけを聞く”と言ってバイクの鍵を託して行ったソジュンに驚き、追いかけようとするジュギョン。
そんなジュギョンに”行くな”と止めるスホ。

ソジュンの態度に、バイクに乗っているのをチクろうとしたことで復讐しているのか?と考え、困るジュギョン。
”ソジュンはジュギョンの事が好き”と噂をする周りの生徒たち。
ソジュンにバイクの鍵を投げ返したジュギョンだったが、いつの間にかその鍵は自分の手元に戻って来る。

ソジュンがジュギョンに渡したジュースを取り上げ、ジュギョンの好きなイチゴジュースを渡すスホ。そんなスホにときめくジュギョン。

ランチの時間にもジュギョンの傍に付きまとうソジュン。
”バイクはお前の家の前にある”というソジュンに驚き、ご飯を吹き出すジュギョンw

学園祭の合唱部のステージのソロの座を射止めたゴウン。
そのゴウンの歌声を廊下で偶然聞き、美しい歌声に立ち止まるジュギョン。
歌が上手なゴウンだが、ブスなせいで昔のジュギョンのように虐められていた。

スジンと一緒にバスに乗っていたジュギョンは、バスに乗り込んで来たセミたちに遭遇する。
昔虐めていたジュギョンとは気付かず、SNSでフォローしているジュギョンに遭遇し、知り合いのように錯覚したセミ。
セミの顔を見て怯えるジュギョンに気付いたスジンは、すぐにジュギョンと一緒にバスを降りることにする。
スジンにも、虐められていたことを言えないジュギョン。

ジュギョンにちょっかいを出すソジュンに苛立つスホ。
ジュギョンにメッセージを送ろうかためらって止めるが、間違えて通話ボタンを押してしまうスホ。
シャワー中のジュギョンの代わりにその電話を取った弟ジュヨンとジュギョンの会話が聞こえ、微笑むスホ。
慌ててかけ直し、スホと会う約束をするジュギョン。

急いでメイクをし、スホに会いに行くジュギョン。
返そうとしていたスホの服は、洗濯してまだ乾いてなかった。

”家族は居ない”と話すスホが、一人で暮らしていることを知って驚くジュギョン。
”どうして化粧したんだ?””さっき弟がシャワーしてると言っていたが・・”と言うスホに、”寝る前にシャワーする”と誤魔化すジュギョン。
バスケットをして遊ぶジュギョンとスホ。
拍子に倒れそうになったジュギョンをとっさに抱き留めるスホ。
真っ赤になってジュギョンから離れ、”洗剤変えたんだが・・香りはどうか?”と誤魔化すスホ。

ジュギョンの家の前に置いていたバイクがレッカーされたと聞き、驚くソジュン。
ソジュンのバイクを通報したのはスホだった。

学園祭でのソロを辞退するように、合唱部の意地悪なメンバーたちからいじめられるゴウン。
トイレで虐められているゴウンを見かけ、虐めていた合唱部メンバーに水をぶっかけて説教するジュギョン。

虐められているゴウンと昔の自分を重ね、胸を痛めるジュギョン。
”舞台に立つべき人間は決まっているのか?””顔と同じように歌声も笑われるようになるのか?”と恐れるゴウンを勇気づけるジュギョン。
”お姉さん(ジュギョン)は綺麗だから分からないでしょう・・”と呟くゴウン。

ゴウンにメイクをしてやろうかと考え、メイク動画で勉強するジュギョン。
スホから”お前は化粧しなくても可愛い”と言われ、ドキドキするジュギョン。
もしかしてスホは私の事が好きなのか?と思い、ネットの”恋愛相談掲示板”に相談してみるジュギョン。
”デート申し込んでみれば??”と書き込みがあり、思い切ってスホを映画に誘うジュギョン。
スホからOKの連絡があり、喜ぶジュギョン。

スポンサーリンク

スホが持っているバイクのキーを取りに行くソジュン。
”俺はジュギョンが好きだ””俺のせいでジュギョンを利用するのは止めろ”と話すスホ。
”利用してないんだとしたら?””取られるかと不安なのか??”と挑発するソジュン。

ジュヌに会いに、学校の校門前で待ち伏せるヒギョン。
”お金を受け取りにやって来た”と言うヒギョンに驚くジュヌ。
ジュヌに貰ったお金でジュヌの時間を買うと言い、一緒に食事することにするヒギョン。

恋愛の駆け引きは出来ない性格のヒギョン。
”あなたに嵌ったの”と直球で告白してくるヒギョンに驚くジュヌ。

”お父さんはどうしてお母さんと結婚したの?”と尋ねるジュギョンに、”可愛いじゃないか”と答えるジュギョン父。
不細工な母親を”可愛い”と言うハンサムな父親が不思議なジュギョン。

学園祭当日、派手な失敗メイクで学校にやって来たゴウンを見かけ、慌てて声を掛けるジュギョン。
ゴウンのメイクを可愛くなるように修正してやるジュギョン。

可愛く変身し、合唱部のソロを立派に歌い上げるゴウン。それを見守り、感動するジュギョン。
舞台後、そのゴウンがソジュンの妹だと分かり、驚くジュギョン。
ジュギョンと妹ゴウンが知り合いだと知り、驚くソジュン。

ピンチヒッターでぬいぐるみを着ることになり、着替えるジュギョン。
急に冷対態度になったスホに、戸惑うジュギョン。
”誰がお前と一緒に映画を観るって?””勘違いするな。可哀そうだからちょっと優しくしただけだから”と言うスホに驚くジュギョン。
”私がどうして可哀相なの?私の秘密を知ったから?””だから可愛いと言ったり・・”と問うジュギョンに、”ああ””もう面倒だ。これからはもうお前のことは気にしない”と冷たいスホ。
”誰が面倒を見てくれと?気にしてくれと言った??これからは面倒にしないから、可哀相に思わないで”と言って去るジュギョン。
その二人の言葉を部屋の外で聞いていたソジュン。
スホの言葉に深く傷つき、号泣するジュギョン。

昨晩、”ジュギョンも知っているのか?お前が友達を殺した事を””知ったらお前の事をどう思うだろうな?忘れるな。お前がセヨンを殺した。笑う資格はない”とソジュンに言われたスホだった。

スホやソジュンが出るバスケットの試合を応援するが、ぬいぐるみの中で泣いているジュギョン。
怒りを晴らすために自分に対して何かするのは良いが、ジュギョンにいたずらをするなとソジュンに話すスホ。

学園祭の終わりのステージで歌っていたグループが、セヨンの歌を歌い始める。
自殺したセヨンとソジュンとスホ、3人が仲が良かったことをスジンから聞くジュギョン。

その歌を聞き、セユンを思い出して泣くスホ。

あの日、父イ・ジュホンの女性スキャンダルのことでイラついていたスホは、セユンの着信を無視してしまった。
その後、セユンが飛び降り自殺をしたことを知ったスホだった。

様子のおかしいスホを見かけ、声を掛けるジュギョン。そんなジュギョンを追い払うスホ。

妹ゴウンがジュギョンに助けてもらったことを聞き、今までジュギョンにしてきた事を反省するソジュン。

洗濯したスホの上着を見て、自殺しようとして登ったビルの屋上で会った”おじさん”のことを思い出すジュギョン。
”おじさん”が来ていたものと同じ上着を持っているスホ。
あの時のおじさんがスホだったことに気付くジュギョン。

”お前がこんな風に一人で死んだら、残された人が悲しむと思わないのか?””誰かはお前を救えなかった自責の念で一生苦しむかもしれない””死んだ人間にしてやれることが無いじゃないか”というあの時のスホの言葉を思い出すジュギョン。

急いであの時のビルの屋上に行くジュギョン。
そこには一人で号泣するスホの姿があった。
”ここで・・・セヨンが・・”と泣くスホに、”知ってる・・全部知ってる・・”と言って抱きしめ、一緒に泣くジュギョン。

第6話に続く。

韓国ドラマ「女神降臨」あらすじ一覧はこちら。登場人物・キャスト紹介はこちら
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました