スポンサーリンク

韓国ドラマ 夏よお願い 第121,122話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「夏よお願い」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「夏よお願い」121,122話あらすじ

サンウォンはグミに会いに行くが、ジェグク邸からは誰も出てこない。

救急車で搬送され、入院することになったグミ。
ベッドで気が付くが、外の雨が止んだことを知って安心するグミ。
現在のグミの容態では、抗ガン治療を行えないと話すパク医師。

ヨルムには、”グミは長い旅行に行った”と話すジェグク。

クムジュとソクホの電話から、グミが倒れて入院したことを知るジュノ。

病院に駆けつけて来たジュノに、”グミにストレスを与えないで帰れ”と追い返すヨンシム。

グミの携帯に電話をかけてきたサンミに苛立ち、代わりに電話を取るヨンシム。
”そちらとグミが話しをすることが何があるの??具合の悪い子を困らせないで、旦那の管理をちゃんとしたら?”と怒って電話を切るヨンシム。

ミョンジャに電話をかけ、グミが病気なのか尋ねるサンミ。
グミが白血病で、ジュノが責任を感じてグミの面倒を見るつもりだと話すミョンジャ。驚くサンミ。

ヨンシムが自宅に帰るのを見計らい、グミの病室に入るジュノ。
自身を受け入れてくれるように頼むジュノに、倒れて気が付いてから一番先に考えたのが”雨の中待っていたサンウォンへの心配”だったことを話し、”それくらいサンウォンさんの事が好きだ””サンウォンさんと別れようと別れまいと、あなたが私の心に入る隙は無い”と拒絶するグミ。
だが、”関係ない。俺のせいで病気になったんだから俺が治るようにする”と意地のジュノ。

病院に駆けつけて来たサンミと話をするジュノ。
”グミは私のせいで病気になったの?”と尋ねるサンミに、”俺たちのせいでしょう・・”と答えるジュノ。
”グミの事を憎んで嫉妬はしていたけど、こんなことは望んでなかった・・”とショックを受けるサンミ。
グミがサンウォンに苦しむ姿を見せたくなくて、別れたことに気付くサンミ。

ヨルムから、グミがヨルムを置いて一人で旅行に行っていることを知るサンウォン。

ジュノに会いに行き、”本当にグミさんを幸せにする自信はありますか?””もう傷つけることは無く、幸せにする自信が”と尋ねるサンウォン。
グミが本当にジュノを復縁を望むなら、グミを諦めることにするサンウォン。
相手の思い通りにしてやるのが”愛”だと考えるサンウォンの話に、苛立つジュノ。
”大切な人を大切に考えてください”と念を押すサンウォン。

サンウォンからの着信に出ようとしないグミに、電話に出るように話すクムジュ。
サンウォンの電話に出るグミ。
”旅行に出たんだって?苦しめた僕を避けようと旅行に出たならもう帰って来て。グミさんが望むなら僕がグミさんを手放すよ。どうして僕たちが別れないといけないのかまだ分からないけど、グミさんが望むなら手放すよ””幸せにならなきゃダメだよ。グミさんの幸せが僕の幸せだって言う言葉を忘れないで”というサンウォンの話に、声を殺して泣くグミ。

愛し合いながらも辛い別れをするグミとサンウォン。

スポンサーリンク

第122話あらすじ

グミと別れて辛いサンウォンは夜、一人酒を飲む。
”幼稚園に連れて行って欲しい”と朝電話をかけて来たヨルムに、”事情があって無理そうだ。後から連れに行くから・・”と話す二日酔いのサンウォン。

サンウォンと電話をしてから元気がなく食欲のないグミに、”そんなんだったら、どうしてヨルムのお父さんと別れたんだ?”と言うヨンシム。

自身が苦しんでも、愛する相手の事を考えるというグミとサンウォンの事を考え、苛立つジュノ。

ミョンジャの借金を返すために、銀行から2憶の融資を受けたジュノ。
だが、新しい勤務先を探そうとしないジュノを見て、自身が働かなければと職探しをするミョンジャ。
有名レストランのホール係に応募するが、採用されないミョンジャ。

サンウォンはレストランを閉めることに決め、そのテナントを次に借りる人も現れる。

ヨルムを幼稚園に迎えに行くサンウォン。
”お腹が痛くなったら、お母さんが悲しむから”と好きなアイスクリームを食べるのを我慢するヨルム。
”お母さんが毎日幸せだったら良い”と話すヨルムに、”お父さんもお母さんが本当に幸せだったら良い””お父さんが望むのはそれだけだ”と話すサンウォン。

ヨルムをジェグク邸に連れて行き、ヨンシムに話をするサンウォン。
”私はヨルムを連れてアメリカに行きます。戸籍関係の事などで1、2カ月はかかりそうだから、それまではヨルムを今までと同じようにグミさんやお母さん(ヨンシム)たちで面倒を見てください””店も整理するから、グミさんが気まずいこともないでしょう”と話すサンウォン。
そんなサンウォンの話に、胸を痛めるヨンシム。

グミが病気になってしまったのは、自分のせいかもしれないと考え、熱を出して寝込むサンミ。
ギョンエに、”私からジュノさんを手放さなければならないようだ・・””だけどまだジュノさんと別れるのが嫌だから、具合が悪くなったようだ””具合が悪くなるだけなって、治ったらその時にジュノさんを手放す”と話すサンミ。

また病室にやって来たジュノに苛立つグミ。
意地でもグミの面倒を見ると言い張るジュノに、”だったらやってみて””あなたは自責の念から私に何でもしてやりたんでしょう?だけどそれは愛じゃない。申し訳ないという気持ちなだけだ””それに、私はあなたのその自責の念が嫌なの。あなたがそうすればそうするほど、ありがたいと思うより負担に感じる””まだわからない?私があなたに何も望まないという事を”と言うグミ。納得しないジュノ。
”だったらいっそのこと、あいつに話せ。別れるなということだ。あいつでも傍に居たら俺が安心するから”と言うジュノに、”私はサンウォンさんを捕まえられない””以前の私だったら泣いて一緒に居てとすがっていたわ。だけど、サンウォンさんを愛しながら気が付いたの。本当に愛している人なら、その人の幸せのために手放すこともあるという事を”と話すグミ。
”お前たちは本当に・・同じだな・・””そんなにサンウォンが好きか?そんなにあいつを愛しているのか??”とショックを受けて帰るジュノ。

店の荷物をまとめ、レストランから出て行こうとするサンウォン。
そのサンウォンに会いに来て、”俺が見張っている。グミとお前の愛が間違っているという事を”と言うジュノ。

ジェグクから、サンウォンがヨルムを連れてアメリカに発つと言いに来たことを聞くグミ。

ジュノからグミの病気の事を聞き、急いで病院に駆けつけるサンウォン。
病院の廊下でサンウォンと顔を合わすグミ。

第123話に続く。

韓国ドラマ「夏よお願い」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました