どうしたのプンサンさん 第33,34話あらすじ

スポンサーリンク

「どうしてプンサン氏」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「どうしたのプンサンさん」33,34話

「どうしたのプンサンさん」33,34話あらすじ

プンサンに肝臓提供すると言ってやって来たヤンシムに、驚くプンサンたち。喜ぶプンシル。
だが、ヤンシムへのわだかまりがあるプンサンは、ヤンシムの肝臓提供は受けない、死んだ方がマシだと拒否する。

ヨラン自身がプンサンのために肝臓検査を受けたと分かり、感謝するチョンサン。

すぐにプンシルはチョンサンに連絡し、すぐにヤンシムに検査を受けさせる。
ヤンシムからは絶対に移植を受けるつもりの無いプンサン。

脂肪肝を治すために、ダイエットをするジンサン。

プンサンがマ会長に預けていた手紙を受け取るウェサン。
プンサンは最期に、ウェサンへ思いを伝える手紙を書いていた。
”野球も最後までさせてやれなかったもすまない・・愛する人と別れさせるようにして済まない・・6歳の時に施設に預けたのも済まない・・”とウェサンに今までの申し訳ない気持ちと愛していることを伝えるプンサン。
母ヤンシムから”プンサンが示談金を使い込んだ”と聞かされ、自分の人生を壊したのはプンサンだと考えていたウェサンだったが、自身の息子のように可愛がってくれたプンサンの姿を思い出す。
スーパーのおばさんに昔の話を聞きに行くウェサン。
自分の息子じゃないとウェサンを施設に入れた父親にすがりついて、ウェサンを連れ戻したのはプンサンだった。そして、示談金を使い込んだのも母ヤンシムだという事を知るウェサン。
今までプンサンが大事に育ててくれたことが分かり、泣くウェサン。

マ会長がずっと困っていた危険な案件を、自身が引き受けることにするウェサン。
”代わりに、一つだけ約束して欲しい”とマ会長に条件を出すウェサン。

自宅で倒れ、病院に救急搬送されるプンサン。

夜中、お菓子を爆食しているジンサンに気付き、叱るチルボク。
プンサンが倒れて運ばれたことを聞き、激しく後悔するジンサン。

チルボクに費用を出してもらい、断食道場に入ることにするジンサン。

マ会長の危険な仕事を引き受け、相手方から刺されて負傷するウェサン。
救急に運ばれてきたウェサンに驚くチョンサン。
ヨランが緊急手術をするが、収集治療室で危険な状態のウェサン。
プンサンがショックを受けることを懸念し、家族やプンサンにはこのウェサンの事は当分内緒にすることにするチョンサン。

家族には内緒でネイルスクールに通っているファサン。
母親を亡くして消沈するフンマンは、酔ってファサンを呼び出す。
そんなフンマンを介抱し、食事や薬を買ってくるようにチルボクに連絡するファサン。
フンマンを優しく世話するファサンの姿を目の当たりにし、傷つくチルボク。

ヤンシムの肝臓の状態がとても良く、移植可能だと分かって喜ぶチョンサン。
その話を聞き、喜ぶプンシル。
だが、ヤンシムからだけは肝臓移植されたくないと、意地を張るプンサン。

スポンサーリンク

第34話あらすじ

プンサンの気持ちを変えたいプンシルは、ヤンシムに会いに行き、”本心で謝ってほしい”と頼む。
そんなプンシルに、”借金がある。手術前に借金を整理したい。そうしたら気が楽に手術が受けられる”と話すヤンシム。
ヤンシムの借金を肩代わりしようと、2,000万ウォン用意しようと駆け回るプンシル。
2,000万ウォン借り入れるために、ポグの家の権利書を持ち出すプンシル。

2,000万ウォンを用意し、ヤンシムに差し出すプンシル。

ジンサンやファサンの姿が見えず、心配するプンサン。二人から内緒にしてくれと言われているチルボク。
ジンサンがダイエット中なのは内緒にするが、サウナで寝泊まりするファサンの事は教えるチルボク。

そういうつもりは無かったが、いつもチョンサンと比較したこと、チョンサンは大学に行かせて、ファサンには家事をさせたこと、結婚式をさせなかったことなどをファサンに謝るプンサン。
”どうしたの?私に肝臓が欲しいからそういうの?”と言うファサンに、”お前から肝臓は受け取らない。ただお前を失うかと怖くて。。兄さんを許さなくてもいい。恨みに思っていることを全部言え”と話すプンサンに、”兄さんがチョンサンと組まなかったら、肝臓もすぐにあげてたわ。私を傷つけたのは兄さんだった。双生児の姉妹に比較されるのは地獄だった。火傷より痛かったわ!私は許さない。一生後悔して生きて”と責めるファサン。
”許すな。兄さんが悪かった・・”と謝るプンサン。
”チョンサンと私と一緒に溺れたら、どっちを先に助けるの??”と尋ねるファサンに、”二人とも助けないと・・”と言うプンサン。
”答えられないという事は私じゃないという事でしょ!チョンサンが聞いたらチョンサンと答えるはずよ!兄さんはチョンサンのために身体放棄書まで書いた人じゃないの!!”と泣くファサン。

プンサンに会い、手を握って謝るヤンシム。
親の代わりに弟たちを苦労して育ててきたプンサンを労い、自身も親から愛情を受けられずに育ち、親としてどうすればいいか分からなかったと話すヤンシム。
”一度だけ許して欲しい・・肝臓をあげて命を助けるのが罪を償う事だと思ってくれないか?こうしてでもお前に許しを乞いたい”と泣いて話すヤンシム。

ウェサンの携帯を見たチョンサンは、ヨンピルの相手がウェサンだという事が分かる。
ウェサンが重傷で集中治療室に居るのを見て、ショックを受けるヨンピル。

ヤンシムから2,000万ウォンを見せられ、喜ぶ内縁の夫。
”手術の時に傍に居て”と男に話すヤンシム。

ヤンシムのことを許すことにし、肝臓移植も受けることにしたプンサン。

プンサンがヤンシムから肝臓移植を受けると聞き、驚くジンサン。

内縁の男が手術の日になっても病院に顔を出さず、不安になるヤンシム。

プンサンが手術に入る前、二人の結婚指輪を見せるプンシル。
今まで油が付くと嵌めてなかった指輪を、手術後に嵌めることを約束する二人。

手術前、突然”トイレに行きたい”と言い出し、病院から逃げ出してしまうヤンシム。
プンサンの手術も中止になる。

ヤンシムが手術から逃げ出したと分かり、ショックを受けるプンシル。
プンシルがヤンシムに2,000万ウォンを渡したことが分かり、驚くチョンサンとジンサン。

ヤンシムが逃げ出したことを知り、ショックを受けるプンサン。
集中治療室のウェサンは容態が急変し、懸命に処置をするヨラン。

第35話につづく。

「どうしてプンサン氏」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました