スポンサーリンク

たった一人の私の味方 第75,76話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「たった一人の私の味方」75,76話予告動画

「たった一人の私の味方」75,76話あらすじ

スイルのことを”彼氏”だとダヤに紹介するホンジュ。
驚き、”狂ったの??このおじさんを誰だか知らないの?どうしてカン運転手と!どうかしちゃったんじゃないの??”とホンジュを責めるダヤ。
そんな失礼なダヤを叱るホンジュ。

ダヤからホンジュとスイルの事を聞き、驚くホンシル。
ホンシルが大金持ちなことを知って、スイルがわざと近づいて来たんだと言うダヤに憤慨するホンシル。
義姉の父親でもあるスイルへの口の利き方のひどいダヤに怒り、どう教育してきたのかとホンシルにも怒るホンジュ。

家に帰り、ドランに文句を言うダヤ。
”義姉さんのお父さんが叔母に何をしているか知ってるの?お金がある事を知って叔母に近づいたみたいだけど、しっかりしろと言ってよ!”とドランへスイルを侮辱し、”良心があるなら叔母から離れるようにちゃんと言ってよ!”と怒るダヤ。
その騒動を聞きつけるウンヨンやクムビョン。

ドランに謝る様にダヤに言うクムビョン。だが、納得できず謝らないダヤ。
ダヤの肩を持つウンヨンに”父は毎週パンのボランティアをしていて、そこで出会って良い友人になったと聞いています””うちの父は持っているものは無いけど、二人が友達になって非難される理由は無いと思います。これからはうちの父に対してそう言わないで欲しい”と話すドラン。

早くスイルと別れ、教会のボランティアも辞めるようにホンジュに言うホンシル。
昔子供を捨てたスイルを非難するホンシルに、”誰が自分の子供を捨てたい?どうしたら自分の娘に名乗れずに眺めているだけでいる?人の傷をそういう風に言うなんて・・””姉さんには失望した”と怒るホンジュ。

家出したホンジュは、スイルの家に転がり込む。
だが、そのスイルの家にドランとデリュクがやって来て、慌てて隠れるホンジュ。
フライドチキンを持って来て、スイルと一緒に飲もうとするドラン達。隠れているホンジュの事が気になり、落ち着かないスイル。
隠れながらトイレを我慢するホンジュ。

これ以上トイレを我慢出来ず、ドラン達の前に出て行くホンジュ。言い訳するスイル。
ホンジュの登場に驚き、慌てて帰ろうとするデリュク。
ホンジュもデリュクたちと一緒に飲むことにする。

ドランと一緒の部屋に泊まることになったホンジュは、スイルとの運命的な出会いをドランに話す。
ホンジュはスイルを”守護神”みたいだと話し、ダメな部分が無い男だと話す。嬉しいドラン。

イリュクが店の女子アルバイトと買い出しに出ていたのを見て、嫉妬して文句を言うダヤ。

スイルは、店のスタッフを募集する。
以前ドランを助けてくれた男性テプンがその求人を見てやって来る。

ずっとミランに冷たい態度で接するホンシル。
ゴレに言ったら、余計にホンシルからいびられるんじゃないかと恐れるミランは実家の母ヤンジャに泣きつく。
そのヤンジャから話を聞き、ホンシルがミランやヤンジャを冷遇していることを知るゴレ。

ホンシルの家に戻ったミランは、ホンシルとゴレの会話を聞く。
ゴレを同性愛者だと誤解したホンシルがそれを隠すために自身と結婚させ、後でゴレが同性愛者ではない事が分かり、結婚させたことが悔しくて自身を虐めだしたことが分かり、ショックを受けるミラン。

ミランからその話を聞き、憤慨するヤンジャ。
ホンシルの家に乗り込み、”この詐欺師!!”とホンシルを責める。そこにやって来たダヤとウンヨンが慌てて止める。
”ミランを離婚させる!”と怒鳴り、ホンシルとゴレを訴え、この結婚詐欺をテレビなどのマスコミに流し、外出できないようにしてやると脅すヤンジャ。

スポンサーリンク

第76話あらすじ

ドランが以前アイディアを出した”誕生日弁当”の試作品をドランに見せるデリュク。
スイルの家に足りないものを買いに行くことを提案するデリュク。嬉しいドラン。

倒れた時に助けてくれた人だと、ドランにテプンを紹介するスイル。その時のお礼を言うドラン。

ヤンジャが本当にホンシルとゴレを訴え、マスコミに流すだろうと考えるウンヨン。
それを阻止するために、ドランに頼むことにするウンヨンとダヤ。

ヤンジャ達からホンシルの話を聞き、どうしてミランとの結婚を急いでいたのか納得するドラン。
”告訴する!あの家を潰してやる!!”と怒るヤンジャ。ゴレとの離婚も考えるミラン。

ヤンジャはやはり告訴するようだとウンヨンに報告し、当事者であるホンシルがヤンジャ達に謝罪するしかなさそうだと話すドラン。
もし、ホンシルとゴレが告訴されて、インターネットに記事などに出たりしたら親戚のジングクの会社まで被害が及ぶと、慌てるウンヨン。

ホンシルに会いに行き、ヤンジャに謝罪するように話すウンヨン。

仕方なくヤンジャに会いに行き、土下座して謝罪するホンシル。
”これから本当にミランを娘のように良くして暮らします””しょっちゅう来て確認してもいい”と話すホンシル。

ゴレに、ヤンジャに会いに行って謝罪したと話すホンシル。
ミランに会って謝り、早くに夫を亡くして息子に期待して生きて来た母親を可哀そうだと考えてくれないかと話すゴレ。

道で暮らすホームレスの人々にパンを配るスイルたち。
そのスイルの顔を”どこかで見たことがある・・”と考え、昔の事を思い出して慌てて逃げていく一人のホームレスの男性。

また態度を変え、ミランを可愛がるホンシル。
店にコートを買いに来たヤンジャにも、仕方なく高価なコートをプレゼントすることになるホンシルw

スイルの店にパンを買いに来たドンウォンと顔を合わせ、沢山のパンを購入してくれたお礼を言うドラン。
”パンに居た頃に兄さんがしてくれたことに比べたらこのくらい・・”と話すドンウォン。
ドンウォンの言った”パン(刑務所を指す俗語)”、”学校”という言葉が気に気にかかり、それは刑務所のことなのかと考えるドラン。

スイルの家におかずなどを持って行くドラン。
部屋のタンスの中にある箱に気付き、中身を見てみるドラン。
中にはドランの幼い時からの写真が入ったアルバムや、沢山の手紙が入っていた。
その手紙の差出人は養父ドンチョルやドンウォンからで、あて先は刑務所のヨンフン(スイル)宛だった。
”キム・ヨンフンが誰?どうして父さんがこの手紙を持っているの??もしかして・・?”と考えるドラン。

第77話につづく。

韓国ドラマ「たった一人の私の味方」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました