最高の一発 第7話あらすじ ユン・シユン

スポンサーリンク

「最高の一発」キャスト・登場人物はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「最高の一発」7,8予告動画

「最高の一発」7話あらすじ

現代ではサービスが終わり、鳴るはずのないポケベルが鳴って驚くヒョンジェ。
表示される「22198」が何を示しているのか考えるヒョンジェ。

試験がダメになって泣いていたが、気分を立て直すウスン。
20年前のチョコバーを与えたヒョンジェに怒り、責めるウスン。

ヒョンジェの姿を目撃してから、食欲のないスンテ。
”屋上にジフンじゃない誰かが住んでいるようだ”と言うマルスクの言葉にビビるスンテw
マルスクの言葉に、誤魔化すジフン。

評価会を見て、ジフンはデビュー確定だと思うMCドリル。
だが、次にデビューする男性アイドルメンバー中に、ジフンの名前は無かった。

ショックを受け、屋上に立つジフンに”お前も生きろ”と声をかけるヘリ。
”実力が足りなくてデビューが出来ないのにどうして私が慰めるの?だけど、ちょっとかっこよかった。昨日は”と言ってお弁当箱を返すヘリ。

金庫に入れていたヒョンジェの創作ノートに、落書きがあるのを見つけて驚くヨンジェ。
それは、ヒョンジェが描いたスマホの絵だった。

ネット記事に書いてあった、自身の車が発見された”スリョン湖”がどこなのか気になるヒョンジェ。
行けば記憶が戻るかも・・?あのトランクに入れたお金はどこに行ったのか?と考えるヒョンジェ。
倉庫の荷物の中から、以前隠しておいた小切手を見つけるヒョンジェ。

知り合いのプロデューサーからボヒの番組出演のオファーを受け、大喜びのクァンジェ。
それは人気のある”挑戦!歌謡スター”と言う番組で、カラオケの機械で歌詞を間違わずに歌い、そこで勝ち続ければ番組に出続けられる。
勝つためにカラオケで練習するボヒ。

お金に困るウスンにお金を渡し、”スリョン湖”に行くのを助けてもらおうと考えるヒョンジェ。
小切手を換金しに銀行に行くが、土曜日で開いていなかった。
100万ウォンの小切手を見せ、銀行が開いたらアルバイト代の2倍払うと言うヒョンジェ。
証拠として、”月曜日までにウスンにお金を払わなければ、屋上部屋から出て行く”とヒョンジェに言わせて動画を撮るウスン。

ボヒの収録の日、スンテたちも付いてくる。
縁起のいい龍の夢を見たから、宝くじを買いに行くと言うスンテに、”その夢を私に売って”とお金を渡すボヒ。

二人で”スリョン湖”に向かうことになったヒョンジェとウスン。
時代遅れのベルトコーデに、死語連発するヒョンジェと一緒に居るのが恥ずかしいウスンw

番組でヨガを披露する予定だったが、もっとインパクトのあるものを披露したら番組出演の確率が高まると聞くボヒ。

スポンサーリンク

スリョン湖に到着するが、どうして自身がここで失踪したのかわからないヒョンジェ。
”どうしてここに俺が来たのか??どうして失踪したのか?誰かに失踪させられたのか?”と考えるヒョンジェ。
そこにあった古い割れた写真立ての中に、自身の写真が入っているのを見つけるヒョンジェ。
その写真立ての裏には”いつまでも待っているわ。ーボヒー”と書かれていた。

湖に落ちて溺れるウスンを助けるヒョンジェ。
ウスンより、カバンの中にあった携帯を心配するヒョンジェw
落ちた拍子にコンタクトが外れたウスン。
何も見えないウスンのフォローをすることになるヒョンジェ。

第8話に続く。

「最高の一発」キャスト・登場人物はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント