オーマイグムビ 第11話あらすじ オ・ジホ  

スポンサーリンク

「オーマイクムビ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「オーマイグムビ」11話予告動画

「オーマイグムビ」11話あらすじ

教会に居るジュヨンを見つけるフィチョル。
”クムビを連れて行こうが、フィチョルの思うようにしていい”と言うジュヨン。
”こうしようと連れて行ったのか?一度殺そうとしたことだけじゃ足りないのか?”と怒るフィチョルに、生まれたばかりのクムビを連れて飛び降り自殺しようとしたことを思い出すジュヨン。
”全部俺が悪かった。お前は変わる必要ない。そのまま昔に戻れば良い”と話すフィチョルは、クムビを妊娠してジュヨンが訪ねて来た時、無視したことを後悔していた。
”お前じゃなく、俺が殺そうとしたんだ。お前は悪くない。だからクムビの元に戻れ。クムビが可哀想じゃないか”と説得するフィチョル。
”クムビは何も知らない。チスが話さないように止めた”と言うフィチョルの言葉に、泣くジュヨン。

逃げたジュヨンを探すチスと一緒に食事をするクムビ。
フィチョルはチスにジュヨンを見つけたことを連絡する。
本当のパパのことを尋ねるクムビに、”ママに聞け”と答えるチス。

出産後神経を病み、このままでは本当に子供を殺してしまうと思い、知り合いのヨンジにクムビを任せて外国に逃げたジュヨンだった。

クムビの元に戻るジュヨン。

カンヒの家に戻ったフィチョルだったが、酔っ払ったカンヒに絡まれるw

フィチョルに復讐をしようと企んでいるチスを止めようとするキロだったが、殴られてしまう。
キロを殴ったチスに会いに行ったチェギョンも殴られてしまう。

クムビが書いた”契約書”に判を押したジュヨン。
疑うクムビの前で、隠していたお酒をシンクに流すジュヨン。
チスとはいつからの知り合い?と尋ねるクムビに、”10年は経つ”と話すジュヨン。

クムビの病気を薬から調べたシルラ母。
クムビと一緒にいたら事故が起こるかもしれないから子供達を一緒に居させないように、担任に訴えるシルラ母たち。
”学校では私が子供たちの母親だ。どこの母親が病気だからと自分の子供を外に出しますか??”と断る担任。
それを聞いたジェハは、”クムビを学校に来させないようにするなら、僕も学校に来ない!”と訴える。
”大丈夫・・海辺でも行かないといけないと言ったでしょう”とジェハに話すクムビ。
クムビが病気だと分かり、配慮するようになったクラスメイトのみんな。嬉しいクムビ。

チェジンにクムビの治療法について尋ねるカンヒ。
可能性は患者によって違うが、外国に薬や投薬方法が違う臨床プログラムがあることを知るカンヒ。
ほんの少しでも希望があることが分かり、喜ぶカンヒ。

テントに戻ったフィチョルは、テントの中に旅行に行った時のベルを見つける。
それに”モ・フィチョル モ・クムビ”というクムビが書いた文字を見るフィチョル。

カンヒを誘い、父親の墓参りをするフィチョル。
最近、亡くなった父親の事を考える事が多くなり、カンヒの事も親に紹介したかったフィチョル。
クムビの事を諦めないとフィチョルに話すカンヒ。手を繋ぐ二人。

カンヒを呼び出し、どうしたらいいか尋ねるジュヨン。
カンヒと一緒に病院に行き、キム医師からクムビの病気について聞くジュヨン。
”治療法が無い”と言うキム医師に怒るジュヨン。興奮するジュヨンを窘めるカンヒ。
外国の臨床プログラムについても、”副作用もあるかもしれないし、費用も多くかかる”と話すキム医師に、”お金は要るだけ出すから治せ”と怒るジュヨン。

なかなか遺産を渡さない弁護士に、早く処理するように迫るジュヨン。

クムビに本当の父親に会わせてやろうと考えるフィチョルは、ジュヨンに尋ねる。

フィチョル父の死に関わったジョンウォンたちの情報を、フィチョルに渡そうと考えるチス。
チスに、ジュヨンとはどういう知り合いなのか尋ねるクムビ。
チスとクムビはジョンウォンの手下たちに連れ去られる。

スポンサーリンク

チスが持っていた書類を見て、チスが裏切ろうとしていたことを知るジョンウォン。
ジョンウォンに名前を訪ねられ、シルラの名前を言うクムビ。
暴力団のジョンウォンにも”不細工なくせに”と怯まないクムビw

クムビの本当の父親を本格的に探し始めたフィチョル。

ジョンウォンたちの前で、倒れて痙攣するクムビ。
慌ててクムビを連れ出すチス。
それはチスと一緒に逃げだすためのクムビの演技だった。驚くチス。

クムビから、病気の事を聞き驚くチス。
”10年前、おばさんとどうやって出会ったの?”と再度尋ねるクムビに、”道を歩いていたら”と答えるチス。

フィチョルが公園に張っていたテントは撤去されてしまう。
近くに居たクムビに声をかけるフィチョルだったが、”おじさん、誰ですか?”と答えるクムビに驚く。
フィチョルの記憶が無い様子のクムビに戸惑いながら、クムビに付いて行くフィチョル。

途中で記憶が戻り、フィチョルに気付くクムビ。
クムビを抱きしめるフィチョル。
大丈夫か?と心配するフィチョルに、”もしかして、私がパパを分からなかったの?ごめんなさい・・・”と言うクムビ。
”分からなくても関係ない。・・世界が終わってもパパはクムビのパパだ”とクムビに話すフィチョル。

ジュヨンが弁護士事務所を訪ねて行くと、あの弁護士は事務所を引き払っていた。
遺産を手に入れられなくなり、どうしよう・・・と泣くジュヨン。

第12話につづく。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「オーマイクムビ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

コメント