ファンタスティック~君がくれた奇跡~ 第13回あらすじ 

スポンサーリンク

「ファンタスティック」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→ 

「ファンタスティック」13話あらすじ

ソヘの作品「ヒットマン」制作のために会社”ヘソンエンターテイメント”を立ち上げたへソン。

ヘソンに会いに来たジュンギだったが、かなり体調が悪い。
救急車を呼ぶのを拒否するジュンギを病院に運ぶへソン。
病院で検査結果を確認し、自分自身の癌がかなり進行をしているのが分かるジュンギ。
ジュンギの病状の事はソヘには話さないへソン。

死期が近い事を話し、葬式の準備を手伝ってほしいとへソンに頼むジュンギ。了承するへソン。

ソヘに運動などのアドバイスをするジュンギ。
運動などに誘いを、”学会があるから”と断るジュンギ。

いつも世話になっているジュンギにケーキを作ることにするソヘ。

以前、サンウクが酔ったソルをホテルに連れて行った事が分かり、激怒するジンテ。
その時サンウクが残したメッセージカードを家に置いてきた事を思い出すソル。

ソル母が良い療養院に入ったことを知るジンスク、姑。
文句の多い姑やジンスクに、家政婦が来ても続かない。ソルを連れ戻したい姑たち。

療養院に行き、家に戻ってくるようにソルを説得するジンスク。
サンウクとの仲を疑うジンスクに驚くソル。
ジンスクが秘書に命令し、力づくでソルを連れ戻そうとするのを止めるソヘとミソン。
ソヘがソルの同級生だと知り、驚くジンスク。

ヘソンエンターテイメントの顧問弁護士となったサンウクに、ソルの離婚弁護も頼もうとするへソン。
ヘソンの家で対面し、お互いに驚くサンウクとソル。
ソルの離婚の力になると話すサンウク。義家族からサンウクとの仲を疑われており、サンウクに迷惑をかけたくないソル。

ソルの横に一筋縄ではいかないソヘが居て、早く事態を収拾しなければならないと考えるジンスク。

ジュンギの望み通り、葬儀の準備を一緒にするへソン。

ジュンギのために作ったケーキを持って行くソヘ。
ジュンギが留守で、ケーキは家に置いていく。ソヘ手作りの”健康ケーキ”の味に驚くジュンギw

スポンサーリンク

”ソヘのドラマがどうやって撮影されているのか気になる”と言うジュンギを撮影所に連れて行くヘソン。
せっかくだからと、ジュンギにエキストラの役を与えるヘソン。

ジュンギとソヘと一緒に映画に行くへソン。
撮影だと嘘を付いて抜け、ジュンギをソヘと過ごさせることにするへソン。
ジュンギのやりたいことリストの中にあった、”愛する人と映画を観ること、マートでカート一杯に買い物する、親しい友人たちに料理を食べさせること・・など”を叶えられるようにしたへソン。

サンウクのコシウォンを訪ね、ホテルの写真を見せるジンテ。
ソルもサンウクも信じると話し、”ソル無しでは生きられない・・ソルに会わせてくれ”と泣きつくジンテ。
あの時の傷は姑のせいで、これからは別に暮らすことにすると話すジンテ。

ホテルにサンウクとソルを呼び出し、それをサンウクの父親に”不倫カップル”として見せつけようと考えたジンテ。
ソルは現れず、”私がソルの代理人だ”と言うサンウクに驚くジンテ。卑怯なやり方のジンテに呆れるサンウク父。
ソルの離婚弁護をすると決心したサンウク。

サンウクやジュンギたちも一緒に、「ヒットマン」の初回放映を見守るヘソン達。
食事をしたり、歌を歌ったりして楽しむ。

その時撮った映像を家に帰って見ながら、ソヘの笑顔を思い出すジュンギ。
ビデオを見ながら倒れるジュンギ。

第14話に続く。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「ファンタスティック」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→ 

コメント