月桂樹洋服店の紳士たち 第14回あらすじ ウォルゲス

スポンサーリンク

「月桂樹洋服店の紳士たち」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「月桂樹洋服店の紳士たち」14話予告動画

「月桂樹洋服店の紳士たち」14話あらすじ

月桂樹洋服店へ戻れというドンジンに、”いつ臨時社長の気が変わるかもしれないのに戻らない”と断るヨンシル。
”これからはそういうことは無い。申し訳ないことをした・・誤解があって・・”と言うドンジン。戻る気のないヨンシル。

具合が悪い振りをしてサムドに病院に連れて行ってもらうソンニョ。
本当は不妊の相談をするためにサムドを連れて来たソンニョだったw
年齢的に、子供はもう諦めているサムドだったが、孤児として育ったサムドに子供を作りたいソンニョ。
医師からもソンニョの検査結果は十分可能だと診断され、今日は丁度排卵日だからと”宿題”を言い渡されるw

投資者が見つからずに絶望するソンジュンに、どうにかしたいドンスク。

”これからコンナムに対して言及しない”とウンスクに約束したゴッジだったが、納得はしていない。
お金があるかとドンスクに尋ねられ、無いと断るゴッジ。

母親の手術代として借りたお金をヨンシルに返すテヤン。
テヤンはミサアパレルの人事から、社長からの特別な指示で採用されたと連絡を受ける。
ドンジンが会社を辞めて退屈だったヒョサンは、これで面白くなると考える。

会社のロビーでジヨンとぶつかり、また無礼なジヨンに腹を立てるヒョウォン。
ヒョウォンがヒョサンの妹だと知らず、”私に失礼なことをしたことを後悔する日が来る”と偉そうな態度のジヨン。

ドンジンと離婚し、ショッピングばかりしているヒョジュを心配するウンスク。
ヒョジュにはドンジン以上の相手は居ないと考えるウンスクは、”お前の人生の失敗はドンジンだと別れた事だ”と言う。
ドンジンやヒョジュを含め”私達5人家族”と言うウンスクを笑うヒョジュ。

今晩、”宿題”をするために、ソンジュンに外泊しろと言ってお金を渡すソンニョw
ドンスクの漫画喫茶に泊まるソンジュン。
ソンジュンのために娘ダジョンの貯金を借りることにするドンスク。
ゴッジはドンジンにへそくりのお金を渡そうとする。
”お金はあるから、もし困ったら言う”と断るドンジン。
二人の話を聞いていたドンスクは、ゴッジのそのへそくりを無断で持ち出す。

ソンジュンにお金3000万ウォンをを渡してしまうドンスク。

日本の雑誌に月桂樹洋服店の服を紹介してもらえるよう交渉するドンジン。

刑務所のギピョから電話を受けるヨンシル。
ドンジンが月桂樹洋服店の社長になったことを聞き、それを今まで言わなかったヨンシルに怒るギピョ。
ヨンシルを一方的に好きで、亡くなった父親に腎臓移植までしてくれたギピョ。半ば脅されて付き合うようになったヨンシル。

大手事務所であるヘソンエンターテイメントに行き、本部長を訪ねるソンジュン。
ドンスクから渡された3000万ウォンを渡し、新しく契約書を交わすこととなる。成功は保証されたと話す本部長。

マンスルから電話を受け、驚くゴッジ。
ドンジンが離婚したことを知り、ゴッジを心配して電話をかけて来たマンスル。
”早く家に帰って来てくれ”と言うゴッジに、”もうすぐ帰る。とても会いたい・・愛している”と答えるマンスル。

スポンサーリンク

ヒョジュが送った、ドンジンのスーツが詰まった荷物を受け取るドンジン。その様子を見て怒るゴッジ。
少し残っていたヒョジュへの申し訳ない思いがこれで無くなったドンジン。

テヤンから、ミサアパレルの社長はジヨンの新しい彼氏だと聞き、驚くヨンシル。
”どんなに社長のヒョサンがすごい人だからジヨンが気に入ったのか知りたく、入社してジヨンの驚く顔を確認したい。認められて成功する。バカにする存在じゃないと分からせる”と話すテヤン。

ジヨンが出るニュースを見ながら、腹を立てるヒョウォン。
ジヨンを悪く言うヒョウォンに驚くヒョサンとウンスク。

ヨンシルに正式に謝罪し、月桂樹洋服店に戻ってくるように話すドンジン。
謝罪は受け入れるが、復職はしないと断るヨンシル。

明日はギピョの裁判があり、スーパーを休みたいと話をするが、”勤務怠慢だ。そんなことなら辞めてくれ”と言われてしまうヨンシル。

ヨンシルを訪ねて月桂樹洋服店を訪ねてきたギピョ母。
ギピョ母がヨンシルが店を辞めたことを知ったら、田舎で一緒に住めと言われてしまう。慌てて店に駆けつけるヨンシル。

困ったヨンシルを捕まえ、”嘘はダメだ”と復職するように言うドンジン。戻ることを了承するヨンシル。

第15話に続く。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「月桂樹洋服店の紳士たち」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました