記憶 キャスト・登場人物紹介 2PMジュノ

スポンサーリンク

tvN「記憶」のキャスト・登場人物紹介です☆
000.png
ストーリー:アルツハイマー病にかかった弁護士パク・テソクが、残りの人生をかけて繰り広げる最後の弁論記。そして記憶を失いながらも守りたい人生の大切な価値と家族愛を描く作品。

「記憶」あらすじ一覧はこちら→

主なキャスト・登場人物紹介☆
パク・テソク イ・サンミン
01.png
テソル法律事務所の勝率最上位のパートナー弁護士。
彼の成功を嫉妬する同僚は彼を”三有(流)の男”として皮肉る。
権力者の願うところを即刻に把握する洞察力と、時と場所により自身が持つ地位と権力を利用することができる判断力、組織に順応する柔軟性、その三つ(三有)をあまねく備えたという意味からだ。
もちろんその本当の真意は、地方大出身の司法研修院中間成績である三流のくせに成功を成し遂げた彼への姑息な嫉妬心だ。
彼の弁護士人生は初めから上手くいったわけではなかった。
大学の先輩が運営する弁護士事務所に勤務して国選弁護も引き受け、映画に出てきそうな正しい弁護士になるために孤軍奮闘した時期も一時あった。
だが、力の論理に真実が葬られ、正義が消える現場を目撃して彼は今まで自身が無数に経験した不平等と不合理な世界が蘇った。
息子をひき逃げで失っても弁護士である彼ができることは何もなかった。遊園地に一度も連れていけなかった息子だった。絶望は離婚につながった。
そして、意外にもテソル法律事務所が彼に手を差し出した。彼は決心した。”真実を言うために、正義を生き返らせるためにはまず力を育てなければならない。権力者にならなければならない”
しかし権力の味は甘かった。その味を知るようになった彼は再び以前に戻ることができなかった。
そんな彼の人生最高の黄金期が始まっている瞬間、自身が”アルツハイマー”ということを医師の友人から聞く。


ソ・ヨンジュ キム・ジス
02.png
テソクの妻、専業主婦
明るくて温かい性格で情も多くて思いやりも深い。
看護学課を卒業して大学病院で勤めて夫の友達である神経外科専門の紹介でテソクに会って結婚した後、迷うことなく病院を止めて暮らしと育児に専念した。
離婚経歴がある男との結婚を彼女の母親は簡単に承諾しなかったけれど、テソクが弁護士という事実が母親の虚栄心を満たしてくれた。
彼女もやはりテソクが成功した弁護士という事実に魅力を感じたのも事実だ。口数が少ないテソクの姿は慎重に見えたし、無愛想な性格が馬鹿正直に感じられた。

チョン・ジン ジュノ(2PM)
03.png
司法研修院最上位成績。判事を念願したが貧しい実家のの事を考えてテソル法律事務所に入社し、テソクの指揮下でテソクが引き受けた事件を助ける役割をしている。
気難しい性格に完ぺき主義者で優れた頭と能力はあるが社会生活は円満でない。
法律事務所で仕事をしながらも自身がすることが果たして正しいのか迷いが多く、その一方で辞めることができない自身に対する自嘲的な考えに陥っている。
初めはテソクを権力指向主義者と考えて嫌悪して軽蔑したが、テソクの人間的な姿を少しずつ知るようになってテソクの味方になり、また懐疑に陥っていたり難しい状況に置かれている時にはテソクの助言と助けを受けたりもしてあたかも兄弟とも同じ深い友情を積んでいく。
テソル法律事務所の事務員であるソンファとごたごたしながらも恋慕する心を簡単に打ち明けることができなくて戦々恐々とする可愛い面も持っている。
テソクがアルツハイマー患者という事実が法律事務所に知らされる危機に処するたびに機知を発揮してテソクを危機から救ってくれる。

ボン・ソンファ ユン・ソヒ
04.png
テソル法律事務所事務員
女子大法大を卒業したが、ただ一度の司法試験に失敗するとすぐにあきらめてテソル法律事務所に事務員として入社した。
人を見る目が卓越していて、良い人と悪い人を第一印象だけでも区別する能力が優れている。
テソクを”三有の男”だと後からコソコソ言っても彼女だけはテソクが好きだ。理由は?・・人を初めに見たらすぐ分かると。
実は彼女を面接で合格させたのがテソクという事実を知っている。
後からテソクに理由を尋ねた時、テソクはその返事が気に入ったと言った。”法は信じないけれど定義はあると信じます”という彼女の返事が。

イ・チャンム チョン・ノミン
06.png
テソル法律事務所代表弁護士。
一流法大卒業、研修院首席卒業。
検事をしていたが、母親ファン・テソンが設立したテソル法律事務所に合流した。
冷たさと和やかさ、理性と感性、柔軟さと決断力、笑顔の後にかくされた冷酷な勝負師気質など両面性を持っているポーカーフェースの絶対強者。
自身に忠誠をつくす者には限りなく寛容だが、自身の意を逆らう者には酷く冷酷な彼は今のテソル法律事務所神話を作った張本人でもある。

ハン・ジョンウォン ソン・ソンミ
07.png
テソル法律事務所パートナー弁護士。
ハーバードロースクール奨学生、司法試験次席合格者で検事をしてからテソル法律事務所に招聘された。
未婚で仕事中毒者だ。 大規模な著作権と特許権訴訟を主に引き受けて処理したし客観的な見解を維持するという評判。
依頼人との関係だけでなく同僚と職員とも適当な距離を維持していて感情を消費しないようにわざわざ努力するが、実は誰より感性的な人だ。
テソクとは見えない競争構図を形成しているけれど、唯一彼女に冗談を言う人もテソクだけだ。
彼女はチャンムを異性として好きだ。チャンムもやはり彼女を時には恋人のように、時には後輩であり職場同僚で対するが特に不満がない。

ナ・ウンソン パク・ジニ
05.png
テソクの前妻、判事。
地方国立大法大教授である父親と専業主婦である母親の一人娘で裕福に育った。テソクとは法大の先輩後輩で出会って結婚した。結局離婚した後に司法試験に合格した。
研修院成績最上位で卒業した後、判事として在職中だ。
持って生まれた美貌と知性を兼ね備えた離婚歴のある女性で現在シングルだが、彼女を恋慕する男たちは無数で恋愛も着実にしてきた。
だが結婚話が出る瞬間、彼女の心は冷たく冷めた。

スポンサーリンク

カン・ユビン ホ・ジョンド
08.png
司法試験首席合格、研修院首席卒業の人材。
現職検事で社会的論点になる事件を引き受け、権力の顔色を見ないで馬鹿力で押しつけて検事としては珍しく左派検査という呼称を聞いている。
物静かで冷静な性格で自身の所信を一歩一歩押し通す馬鹿力がある反面、内省的で融通性のない性格により出世とは距離が遠い生活をしている。

イ・スンホ ヨ・フェヒョン
09.png
イ・チャンムの息子。
ロースクール在学中。テソル法律事務所の後継者。
祖父と父親の意向により当然のように法大に進学したしロースクールに在学中だが、それが自身が願うところであるのかと絶えず葛藤している。
有力法曹一族の息子であることをアピールするより、周辺の人々に可能ならば隠そうと努力して常に質素な生活態度と謙遜を失わない。

チュ・ジェミン チェ・ドンムン
10.png
神経外科医師、テソクの友達。
テソクの中学校、高等学校の同級生であり、唯一の親しい友人の神経外科医師。
テソクにヨンジュを紹介させた張本人でもある。気が小さい性格で小さいことにも傷を簡単に受ける。 涙も多くて情も多くて愛も多くて小言も多い。
テソクと中高校時代を共に過ごしてテソクの辛い時期を見守ったから、誰よりもテソクをよく知っていると自負する。

シン・ファシク イ・ジョンギル
11.png
韓国グループ総帥。
相変らず青年のような情熱で韓国グループを主導している。 周りを圧倒するカリスマ性と迷いない推進力は他の追従を許さない。

シン・ヨンジン イ・ギウ
12.png
韓国グループ財閥3世。
テソル法律事務所のVVIPである韓国グループ シン・ファシク会長の次男でアメリカ有名大学MBAを卒業し、現在はグループ系列会社副社長。
女性遍歴が激しいシン・ファシク会長の本妻の息子でないという説が有力に出回っているけれど確認されたことはない。
秀麗な容貌と優れた経営者としての資質を発揮して万年二位だった系列会社を一位にするのに成功した。
韓国グループ内では公然とグループの長男を抜いて彼が後継者だと議論されている程、経営能力を認められている。

チャ・ウォンソク パク・ジュヒョン
13.png
韓国大学病院医師。韓国グループ総裁の娘婿。
アメリカで医大を卒業し、現在は韓国大学病院消化器内科課長。
保健福祉部長官である父親と財力ある母親の後光で今まで享受して生きてきた。気が小さく意気地のない性格で主観がないが本来持って生まれた性分は弱く優しい。
両親の期待に応じるために次第最善を尽くして努力するが、心の病気が深くていつも不安定だ。

「記憶」あらすじ一覧はこちら→

人物関係図はこちら☆
クリックしたら拡大します(韓国語)
111.png
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村