彼女はキレイだった 第11回あらすじ パク・ソジュン

スポンサーリンク

「彼女は綺麗だった」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

 

「彼女は綺麗だった」11話あらすじ

ミーティングが早く終わったソンジュンは、ホテルに出勤していたハリと後で会う約束をする。
ホテルでハリが優秀ホテルマンとして表彰されたポスターの”ミン・ハリ”と言う名前を見るソンジュン。


ミン・ハリさん!と呼び止めた声で振り返るハリ。呼んだのはソンジュンだった。
お前は誰なんだ?どうしてお前がキム・ヘジンだったんだ?一体お前の正体は何なんだ?とハリを問い詰めるソンジュン。
ソンジュンの迫力に押され、友達・・・ヘジンに頼まれて一日だけで良かったんだけど、ホテルで偶然また会って・・今日全部話して謝ろうと思ってたんだけど。。と話すハリ。
本物のキム・ヘジンは俺の想像しているその人で合っているのか?と尋ねるソンジュンに、そうだと答えるハリ。
謝るハリを残して立ち去るソンジュン。

初恋のキム・ヘジンとヘジンが交錯して混乱していたソンジュン。
そのヘジンが”キム・ヘジン”だと分かり、急いでヘジンに会いに行く。

最後の願いだと言ってヘジンを抱きしめ、俺にも機会をくれと言うシニョク。
ヘジンの携帯にはソンジュンから着信がある。
久しぶりだね。。。ヘジン。。。会いたかった。。と言うソンジュンの言葉に、ハリが全て話したと思うヘジン。


引き止めるシニョクに、ごめんなさい。。と言ってソンジュンに会いに行くヘジン。

ヘジンと会うソンジュン。
やっと見つけた。キムヘジン。俺が早く見つけなければならなかったのに。。。ゴメン。。辛かっただろう。。と言うソンジュン。
ヘジンの顔を見ながら、こんなに近くに居たのにどうして気付かなかったんだろう?合っているな。俺の友達、キム・ヘジン。と言うソンジュン。
再会しようと約束した日、ソンジュンがヘジンに気付かず通り過ぎ、自分がすごく小さく感じた。。と話すヘジン。
あの時はまだ就職もしてない状態で、ソンジュンの前に出る自信の持てなかったヘジン。
最初は俺が悪かったんだな。。。と言うソンジュンに、怖がって馬鹿みたいに隠れてしまった自分のせいだと話すヘジン。
考えてみたらちょっと水臭いんじゃないか?もし俺が良くない風に変わっていたら、俺を見て失望して会ったことを後悔するのか??俺たちはそんな関係じゃないと思ってたんだけど。俺だけそう考えてたのか?と言うソンジュンに、首を横に振るヘジン。
俺はヘジンがどんな姿で現れても構わなかったはずだと言うソンジュン。
後悔したと言うヘジンに、これからは後悔しないようにしよう。今だけ見ようと言うソンジュン。

ハリからソンジュンに打ち明け、説明したのではないと知ったヘジンは、急いで家に帰ってハリと話す。
ハリを心配するヘジンに、私がどうかしていたみたい。ヘジンに全部言わなきゃいけなかったのに…ごめんね。どっちみち今日わかることだったし。。と言うハリ。

ハリは男友達と会うからと言って出かけて行く。
ハリが部屋に携帯を置き忘れていることに気付き、代わりに電話に出るヘジン。
そこで、ハリがソンジュンに宛てた手紙が捨てられているのを見つける。その手紙を読むヘジン。


ソンジュンに謝り、ヘジンだと思って自分にかけてくれた言葉などに癒されたとお礼の言葉も書いていたハリ。
錯覚して欲が出てしまった。と書き、自分が割り込んでヘジンと会うのが遅くなったことも謝り、ヘジンとソンジュンを心から応援すると書いたハリ。
ハリを探すヘジン。

外で一人泣くハリを見て、ハリは本当にソンジュンを好きなんだと感じるヘジン。
翌朝、平気な振りしてヘジンと話すハリ。そんな無理するハリを見つめるヘジン。

出勤途中、ソンジュンと一緒になり、歩くヘジン。
昨晩とは違ってよそよそしいヘジンに気付くソンジュン。
一晩で急に変わってしまったヘジンに、どうしてだ??と理由を尋ねるソンジュン。公私を区別すると言うヘジン。


俺たちはただの同級生なのか?俺だけ特別だと勘違いしてたみたいだ。お前にとっては多くの同級生の一人だったのに。。。と落胆するソンジュン。
それでもソンジュンには理由を言わないヘジン。
ソンジュンを好きなハリの事を思うヘジン。

シニョクは元気も無く、全てつまらないと感じていた。
シニョクに治療費だと5万ウォンを渡すヘジン。ため息をつき、良いんだ・・と言って通り過ぎるシニョク。
編集部の先輩プンホは、仲の良いシニョクとヘジンの関係を誤解していた。
二人はどこまで行ったんだ?と言うプンホに、憤慨するヘジンw

ジュヌが会長の息子だと信じていたハンソルは、ジュヌから父親はクリーニング店を経営していると聞きショックを受けるw

ヘジンが急に変わってしまったのはどうしてなのかと考えるソンジュン。
ヘジンに冷たい態度になるソンジュン。


やっぱりできない、ただの同級生や公私の区別はできない。したくない。どうしてこんなことをしなければならないのか理解できない!とヘジンに言うソンジュン。ヘジンの態度に納得できないソンジュン。

映画監督にインタビューするシニョク。面白くなくなったと言われるシニョクw


英語で誰かと通話するシニョク。
行くときが来たのか。。?と一人で呟くシニョク。

男友達と出かけるハリと出くわすヘジン。ハリを家に連れ戻し、話をするヘジン。
我慢せずに辛かったら辛いと言えと言うヘジン。平気だと嘘を付くハリに、泣いていたのを見たと話すヘジン。
平気な振りをしているのはヘジンの方じゃないのか?と言うハリ
それでも友達か?どうしてお前がそんなこと出来る?顔も見たくない!といっそ私に怒れと言うハリ。
腹が立った、でも本当に怒っているのはソンジュンの事ではない、ハリの避けているその態度だと言うヘジン。
私がこれだけしかできないのにどうしろと言うの・・?と言うハリ。
疲れた・・・もう止めよう。私が消えてあげると言うハリ。
私が消える。私が居候だから。と言って荷物をまとめるヘジン。
引き止めてくれると期待していたヘジンだったが、引き止めないハリ。実家に帰るヘジン。

スポンサーリンク

ヘジンに電話をかけるソンジュン。その電話に出るへリン。

突然、実家にやって来たソンジュンに驚くヘジンw
太っていたソンジュンがすらりとした男性になっているのに驚くヘジン両親。
ヘジンに気のある様子のソンジュンに喜び、自家製のかりん酒を振る舞うヘジン父。
酒の飲めないソンジュンは、また意識を失うw

ハリが家に帰るとハリの実の母親が家の前で待っていた。
会いたくなかった?これからは一緒に居てくれ。と言って泣くハリ母。

眠るソンジュンの顔を覗き込み、大きくなったわね~どうもヘジンに気があるようだとヒソヒソ話すヘジン両親。
そんな両親を追い払うヘジンw
目が覚めたソンジュンは、ヘジンに話があると言う。


本当に理由を話してくれないのか?とヘジンに尋ねるソンジュン。
初恋は昔の事じゃないの・・と話すヘジンに、昔は関係なく、ヘジンは現在好きになった女性だ。もしキムヘジンじゃなくてもときめいて、好きになっていただろうと言うソンジュン。
ソンジュンの話に、理由を話す気になるヘジン。
ハリがソンジュンの事がすごく好きだ。ソンジュンと付き合うと、友達以上の存在のハリが傷つくと言うヘジン。

友達想いの優しいヘジンの気持ちを知ったソンジュン。
俺が好きなのはヘジンだ。昔からも、ヘジンだと知らなかった時も、現在もこれからもそうだ。せかしたりしない。ただ逃げないでくれ。と言うソンジュン。

シニョクがニュルクに移るらしいと噂をする編集部の人たち。その話をソンジュも聞く。
ジュヌが会長の息子じゃないと知ったハンソルは、本当の御曹司はシニョク?プンホ??と混乱するw

シニョクに、ニュルクに行くのかと尋ねるヘジン。ニュルクには行かないと答えるシニョク。
じゃぁ、他のところに行くんですか??と言うヘジンに、俺もわからない。と言うシニョク。

今回のTHE MOSTの販売部数がすごく増えた聞き、喜ぶ編集部メンバー。
販売部数は増えたが、まだ2位のままだった。ソンジュンの表情は暗い。
浮かれるメンバーに、豪勢に会食をして来いとカードを投げるララ編集長w
次は一位を期待するわ。と言うララ編集長に、順位の事を言うなんてソンジュンみたいに変わった・・・とヒソヒソ話す編集部メンバーw

日本でジュエリーデザイナーとして成功したハリ母。
家を出てハリを傷つけたハリ母は、ハリにまた会えるように頑張って生きて来たとヘジン母に話す。
ハリを日本に連れて行きたいハリ母。
もうすぐ出国のハリ母は、ハリに”顔を見せてくれないの?”とメッセージを送る。
ハリ母に電話をかけ、まだ蟹のお粥は上手に作れる?と言うハリ。

残業していたヘジンとソンジュンは、休憩室で一緒にコーヒーを飲む。
THE MOSTの廃刊を止めるために一人で苦労しているソンジュンを知るヘジンは、編集部のみんなにも話して何か方法を探したら?と言うヘジン。
言ったらメンバーたちが動揺すると思い、言うことができないでいるソンジュン。一人で辛そうなソンジュンを心配するヘジン。

シニョクの住所を調べ、ホテルに会いに行くソンジュン。
シニョクと話をするソンジュン。
ニュルクからスカウトを受けたと聞いたが、行くのか?と尋ねるソンジュン。行くかもしれないし行かないかもしれない。。最近面白くないからいろいろ考えていると言うシニョク。
THE MOSTに残って欲しいと言うソンジュン。来月の20周年特集号で1位にならないと廃刊になると説明し、それにはシニョクが必要だと説得するソンジュン。

何日もシニョクが出勤せず、本当にもう辞めちゃうのか?と心配する編集部の人々。

ハリに連絡が付かないと、ホテルのハリの後輩から連絡を受けるヘジン。
ハリがホテルに辞表を出したと聞くヘジン。
母親からハリ母がハリを連れに来たと聞いたヘジン。
急いで家に帰り、ハリを探すヘジン。すでにハリの荷物は運びだされていた。残されたベッドの上には”整理するものリスト”が残されていた。
近所のおじさんから、ハリは旅行に行ったんじゃないのか?車にトランクを載せてさっき出かけた。と聞き、急いで空港に行くヘジン。

空港内にハリの姿を探すヘジン。だがハリの姿は無い。
どうしよう…本当に行ったみたい。。ハリ。。こうやって行ってしまったら私はどうしたらいいの。。と号泣するヘジン。

12話に続く。

「彼女は綺麗だった」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

にほんブログ村