韓国ドラマ 三姉弟が勇敢に 第18話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「三兄弟が勇敢に」登場人物・キャスト紹介はこちら。あらすじ一覧はこちら


韓国ドラマ「三兄弟が勇敢に」第18話あらすじ

サンミンがサンジュンを連れ戻すために早朝家を飛び出していったことが分かり、慌てて追いかけたウンジュとセラン。
そこで、サンミンではなくウンジュがソリムのバケツの水をかぶってしまう。

仲の良いサンジュンとテジュの姿をどこかのカメラマンが影から撮影していた。

高級ホテルの宿泊券が当選したというメッセージが来て、驚くソリム。
”それはスパムメールだ”と言うゴヌに、がっかりするソリム。
だが、それはムヨンがこっそりとソリムにプレゼントしたものだった。

今度の週末はサンジュンの家で過ごすことにするテジュ。
サンジュンからテジュが本当に家に来ると聞き、焦るセラン。

サンジュンとテジュの結婚を制止したいセランに、法事をすることを提案するウンジュ。
テジュに大変な法事の準備をさせて、結婚を思いとどまらせたいセラン。
セランは20年ぶりに亡き夫の法事をすることにする。
法事をしてテジュをいじめようとするセランに呆れるガブブン。

新しい化粧品CMの撮影をヒョンジョンに任せ、サンジュンに出演依頼するつもりのムヨン。
ムヨンとヒョンジョンが一緒にいる所を目撃し、ムヨンの彼女なのかと考えるジヘ。

ムヨンとソリムが一緒にいるのを見たヒョンジョンは、”二人は社内恋愛中??”と驚く。

携帯に来た”ホテル宿泊券当選”というスパムメールについて話すソリムに、慌てるムヨン。
すぐにそのメールにあるホテルマネージャーに連絡し、それがスパムでないことを説明するムヨンw

”美味しいサンドイッチ屋があって・・”と言ったムヨンに付いていくソリム。
だが、ムヨンが買ってきたサンドイッチはコンビニのものだった。
実はそこには希少な文房具の引き取りのために来たムヨン。その希少な鉛筆をプレゼントされ、喜ぶソリム。

ユンホの会社の仕事をすることになり、ヘンボクの店のアルバイトを辞めることとなったジウ。
身近にいる”名匠”を紹介する新しいドキュメンタリー番組の企画で、ヘンボクを推薦したと話すジウ。

診療後にセラン邸に向かったテジュだったが、入れ替わりに出ていくセランの姿を見る。
テジュの相手をウンジュに任せたセラン。
昔からの伝統通り、テジュに不便な韓服を着せて法事の料理の準備をさせるウンジュ。
無礼なサンミンにも動じないテジュ。

昔、大学時代にヒョンジョンが彼氏と喧嘩している場面を目撃したことを話すゴヌ。
プロポーズして留学に付いてきて支えて欲しいと言う彼氏に、きっぱりと断ったヒョンジョン。
そんなヒョンジョンに”お前のような頑固者は一生結婚できない!”と暴言を吐く彼氏。その彼氏にリップを投げつけて撃退したヒョンジョン。
そんなヒョンジョンをカッコいいと惚れたゴヌだった。

その話を聞き、驚くヒョンジョン。
ヒョンジョンに新しいリップをプレゼントするゴヌ。ときめくヒョンジョン。
頬にキスをしてくるゴヌの唇に思わずキスしてしまい、すぐに我に返るヒョンジョン。

スポンサーリンク

”俺たち結婚する?”と言うゴヌに、”ごめん、ミスした”とキスしたことを謝るヒョンジョン。

セラン邸で法事の準備も順調にこなすテジュ。
テジュと顔を合わせたくないセランは、ガブブンと一緒に外出中だった。

セランではなくテジュの味方をするヨンシクが気になるウンジュ。
”前から時々思ってたけどあなた叔母さん(セラン)のこと嫌いなの?”と尋ねるウンジュに、”嫌いなわけじゃない”と誤魔化すヨンシク。
ヨンシクには何か秘密があるんじゃないかと考えるウンジュ。

レストランで、昔亡き夫が浮気相手に歌って聞かせていた曲が流れて気分を害すセラン。

想定外に嫁の務めをこなすテジュに驚くセラン。
ガブブンやセランに簡単な”健康診断”をすることにするテジュ。
血糖値測定キットをセランの指に指すテジュ。悲鳴を上げるセラン。
テジュがいじめられていないかと心配するジョンスクに、その様子をこっそりと録画して送るジウ。
その動画を見て喜ぶジョンスクw

撮影から帰ってきたサンジュンは、テジュが法事の支度をしていたことに驚く。
サンジュンに、亡きサンジュン父の好きだった歌が何か尋ねるテジュ。
法事の時に、その曲をギター演奏しながら歌うつもりのテジュ。

”俺と結婚してくれるか?”とプロポーズするサンジュンを抱きしめるテジュ。

サンジュン父の好きだった歌をギターを弾きながら練習するテジュ。
役所に行き、婚姻届を提出するサンジュンとテジュ。

第19話につづく。

韓国ドラマ「三兄弟が勇敢に」登場人物・キャスト紹介はこちら。あらすじ一覧はこちら

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました