最高のチキン 第3話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ「最高のチキン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「最高のチキン」第3話予告動画

「最高のチキン」第3話あらすじ

夜中、店でこそこそと動く人間に気付き、泥棒かと驚くチェゴ。
だが、それはボアだった。

周辺の飲食店に抜き打ちで衛生管理の調査が入り、チェゴの店も調査を受ける。
ボアの夜中の掃除のおかげで検査を切り抜けられ、お礼を言うチェゴ。
”もしかして検査を知っていたの?”と言うチェゴに、”夜中寝られなかったから・・”と誤魔化すボア。
チェゴの店を潰したいはずのボアだったが、自身の行動を”ストックホルム症候群”だと考える。

初めて衛生検査を受けたチェゴの店が全く引っかからず、首をかしげる友人たち。

チェゴの店の開店祝いとして、大きな鶏のオブジェをプレゼントするボア祖父。
チェゴを苦しめずに、早く部屋を空けて家に帰って来るようにボアに言うボア祖父。
ボアが2階を引き払わないせいで、店で寝泊まりしているチェゴ。

いろんなチキン屋からフライドチキンを出前するチェゴ。
店の宣伝のために、テレビで放映される”チキン鑑定士大会”に出ようと考えているチェゴは、ボアもその練習に誘う。
チキン鑑定士大会で優勝したら、チキン鑑定士の店としてアピールできると考えるチェゴ。
いろんな店のフライドチキンの店名と銘柄を目隠しで当てる練習をするチェゴとボア。だが、ボアの結果に比べ、チェゴの結果は散々だった。

黙々と一人でチキンを食べ比べて研究するチェゴ。
チェゴを優勝させないために、自分も大会に出ることにするボア。
チェゴが注文したチキンを少しずつ盗んで、こっそりと食べ比べて研究するボア。
明日はいよいよ本番の大会だが、チェゴが自己採点で90点取ったと聞き、焦るボア。
ボアのチキン鑑定の自己採点は、40点しかなかった。その結果を踏まえ、悪知恵を働かせるボアの友人たち。

大会の会場にジュニョンに送ってもらったチェゴは、”母さんが1日テレビを見ないように”と頼む。
ボアも大会に出ると分かり、驚くチェゴ。
順調に、出されたチキンの店名と商品名を当てるチェゴ、ボア。
間違えた参加者は脱落し、最終的にチェゴとボアの二人の対決となる。
全問正解のチェゴと、友人たちから答えをイヤホンで聞いてカンニングで当てているボアだった。
だがすでにお腹がいっぱいで苦しいボアは、チェゴが間違えないとずっと食べ続けなければならないのか?と困惑する。

とうとう、ボアとチェゴの回答は違い、正解はボアの方だった。
友人たちを使い、違う答えとすり替えたボアだった。

母親が見ているテレビにチェゴの姿が写りそうになり、焦るジュニョン。
優勝がボアだと発表され、チェゴが写らずに胸を撫で下ろすジュニョン。

自身の回答に自信のあったチェゴは、ボアの回答に納得いかなかった。
”どういう点からそのチキンだと思ったのか?”と尋ねるチェゴに、誤魔化すボア。

スポンサーリンク

ボアに、メニュー表を描いてくれるように頼むチェゴ。
嫌がるボアに、”2階にあと1ヶ月居て良い”と条件を出すチェゴ。仕方なく了承するボア。

ボアがPCとペンタブレットを使って絵を描こうとするが、そのタブレットは故障していた。
チェゴが、ボアが鑑定士大会で優勝したことをアピールするパネルを作っていて、驚くボア。

タブレットを修理に持って行くが、修理するより新しいモデルへ買い替えを勧められるボア。
そこで推薦されたタブレットは、人気ウェブ漫画家であるイ・ジンサンを広報に使ったモデルだった。
顔色を変え、修理を頼むボア。

ボアが修理に行くのに付いて行っていたチェゴは、トイレで頭を乾かすアンドリューと出くわす。
ケーキなどを奢り、チキンが美味しくなるヒントをくれた礼を言い、また店に来てくれるように頼むチェゴ。

タブレットを修理してもらい、居なくなったチェゴを探すボア。
そこで、イ・ジンサンが載ってるパンフレットを見てびりびりに破るボア。
だが、そこではジンサンのサイン会が行われており、ジンサン本人と出くわすボア。
ジンサンを避けて帰ろうとしたボアは、通りがかった男性とぶつかってその男性が持っていたドリンクを頭から浴びてしまう。
持っていたタブレットも床に落としてしまうボア。
ボアが破った自身が写るパンフレットの切れ端を見て、”まだ俺がそんなに憎いのか?盗作じゃないと人々が判断したじゃないか”と言うジンサン。
”人々は知らなくても、私と先輩は知ってるじゃないですか””先輩には自責の念は無いんですか??”と言い返すボア。
恨むボアに、”小さなことに執着して、だから5年間発展してないんだ””お前を壊したのは俺じゃなくて、お前自身だ”と言うジンサン。
壊れた様子のボアの古いタブレットを見て、自身が貰ったタブレットをボアにやろうとするジンサン。
”私が乞食ですか?私は先輩のように他人の物に関心がない”と拒否するボアに、無理やりタブレットを渡そうとするジンサンの手を止めるチェゴ。
ボアの代わりに受け取り、”もうこれはボアさんの物でしょう??”とそのタブレットの箱を蹴り上げるチェゴ。チェゴに促され、同じように箱を蹴るボア。
濡れたボアに、自身のシャツをかけてやるチェゴ。

タブレットではなく、手書きでメニュー表を描くことにするボア。
そのボアの描いたメニュー表に感心するチェゴ。

ボアの鑑定士大会で優勝を誇らしく思い、ポスターを店に掲げることにしたチェゴ。嫌がるが、仕方なく了承するボア。
”メニューを書いてくれた対価だ”と、新しいタブレットをボアにプレゼントするチェゴ。
そんなチェゴにときめくボア。

第4話に続く。

韓国ドラマ「最高のチキン」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント