君も人間か? 第1,2話あらすじ ソ・ガンジュン

スポンサーリンク

「君も人間か?(お前も人間か?)」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「君も人間か?」1話予告動画

「君も人間か?」1話あらすじ

韓国財閥PKグループ会長のナム・ゴンホは、息子ジョンウと結婚したオ・ロラとその間に生まれた孫のシンを認めなかった。
そんなナム会長から逃れるために、海外で暮らしているロラとシン。

1997年、ロボット人工知能の研究者であるロラは、韓国の大学での講義のためにシンを連れて一時帰国していた。

そんなロラたちの前にPKグループの総括理事であるソ・ジョンギルが現れ、ナム会長から指示でシンをロラから引き離して連れ去った。
ジョンギルから”夫ジョンウは自殺した”と言われ、死亡確認書を見せられて驚くロラ。跡取りを失ったナム会長がシンを連れて行ったと分かるロラ。
連れて行ったシンの代わりに、大金をロラの口座に振り込んだナム会長。

夫ジョンウが祀られている納骨堂に行き、泣き崩れるロラ。

ナム会長からの大金を持って、ナム会長の邸宅にシンを迎えに行くロラ。
だが、出てきたシンは“ここの方がずっと良い。ここでおじいちゃんと暮らす””パパみたいに死にたくない。パパはママのせいで死んだんだ。ママとは行かないから二度と来ないで”とロラに言う。驚くロラ。
ナム会長から脅され、母ロラの身を守るためにナム会長の言われる通りに言ったシンだった。
納得できないロラは、引き下がらない。
ジョンギルから、”ナム会長の言う通りにならないことがあったか?ジョンウもナム会長に従わないからこうなった。傍に置いておくよりは生きている方が重要だろう?あなたの欲のせいでシンにまで間違いが起こっても耐えられるのか?”と脅されるロラ。
シンの身の安全のために、泣く泣く引き下がり、韓国を飛び立つロラ。

1年後のチェコで、恋しい息子そっくりの人工知能ロボット”ナム・シンⅠ”を完成させるロラ。
”ママ!”と呼ぶナム・シンⅠを抱きしめて泣くロラ。
プログラム通り、泣くロラを抱きしめて慰めるナム・シンⅠ。

2004年、幼かったシンは少年に成長していた。その成長したシンの写真を見つめるロラ。
ナム・シンⅠのアップグレードバージョン、ナム・シンⅡを完成させるロラ。
ロラの笑顔を見て、”どうやって笑うの?”と言うシンⅡに、”ママが必ず笑えるようにする”と約束するロラ。
ナム・シンⅡをアップグレードするため、研究を続けるロラ。

2015年、ナム・シンⅢが誕生する。
ナム・シンⅢを見て、シンを思い出して泣くロラ。ロラを優しく抱きしめるナム・シンⅢ。

2018年、ソウルで暮らすシンはPKグループの本部長となり、我が物顔で暮らしていた。
”20年前に失踪した天才ロボット研究者はいずこへ?”というロラに関するネット記事を読むシン。
シンは、いつもパパラッチたちに狙われており、そのために沢山の警護員を雇っている。

その警備チームの一人、カン・ソボン。
ソボンは昔は期待されていた格闘技選手だったが、現在は警備員として働いていた。
知り合いのパパラッチと手を組み、自身に隠しカメラを付けてシンと新しい彼女の写真を盗撮してお金儲けしようとするソボン。

シンと女性タレントとの密会を警護しながら盗撮するソボン。
これで大金が入ると喜んでいたソボンだったが、それがシンにバレ、隠しカメラを取り上げられて追及されるソボン。
人目をはばからず怒鳴り、ソボンを殴るシン。倒れるソボン。
周りにいた人々は驚き、そんな乱暴なシンをスマホで撮影する。

シンは、チェコ行きの飛行機に飛び乗っていた。
この件の後始末に追われるPK総括チーム長であるチ・ヨンフン。
ソボンをクビにして、他でも警備員として働けないように指示するヨンフン。

ソボンに隠しカメラを渡したパパラッチは、実はシンに指示されていたのだった。
クビになってしまったソボンに申し訳ない思いのパパラッチ。 

シンが乗ったチェコ行きの飛行機には、ジョンギルから指示された男も乗り、シンを尾行していた。

スポンサーリンク

第2話ーーー

財閥3世シンが女性警備員を殴ったというニュースは、あっという間に動画と共に広がる。
祖父ナム会長と力比べをするために、わざとこんな事件を起こしたシン。

ナム会長に従順なふりをして、PK会長の席を狙っているジョンギルは後継者のシンを排除したい。
ジョンギルの娘でシンの婚約者であるイェナは、本当にシンを好きで、ジョンギルに欲を出すなとけん制する。

ソボンが殴られたニュースを見て驚いたソボン父は、シンに抗議しにPKグループに乗り込む。
そこで、ソボンが隠しカメラでシンをパパラッチをしていたことを聞き、ショックを受けるソボン父。

ショックを受けたナム会長は記憶が錯綜し、10年以上前に亡くなった息子ジョンウの名前を呼ぶ。
ナム会長の様子がおかしいことに気付き、驚くヨンフンとナム会長の娘ホヨン。
ジョンギルや他の人たちに気付かれないように、ナム会長を主治医のところに連れて行くヨンフン達。

チェコに到着したシンは、生き別れの母ロラを探すことにする。シンを尾行するジョンギルの手下の男。

ナム・シンⅢと暮らすロラ。
ナム・シンⅢをロラと一緒に共同制作したデイビットと一緒に外出するナムシンⅢ。
今まで、世間を警戒してナム・シンⅢを外出させてなかったロラ。

邪魔なシンが韓国に戻って来ないよう、事故を偽装してシンを処理しようとするジョンギル。

ロラとデイビットと別れ、市場の中で一人で行動するナム・シンⅢ。
初めて一般市民のいる場所で、自由に行動するナム・シンⅢは、花束を買うために花の香りを嗅いで選ぶ。

人間のシンは尾行して来る男に気付き、逃げて巻こうとする。
シンを尾行していた男は、ナム・シンⅢをシンだと思い、尾行し始める。

シンの電話に、ロラの居場所を見つけたと連絡が入る。

偶然ナム・シンⅢに出くわし、自分にそっくりで驚くシン。
ナム・シンⅢに近づこうとして道を渡っていたシンは、トラックに轢かれてしまう。
頭から血を流して倒れているシンを見つめるナム・シンⅢ。

第3話に続く。

「君も人間か?(お前も人間か?)」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

コメント