もう一度始めよう 第117話あらすじ キム・ジョンフン

スポンサーリンク

「もう一度始めよう」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「もう一度始めよう」117話あらすじ

カン会長の首を絞めるテソンの姿を見つけ、慌てて止めるイェラ。
父テソンの姿にショックを受けるイェラ。倒れるテソン。

ヨンジャが株を返してきたことをソンジェに話すジウク。
カン会長が残念がるだろうと言うジウクに、”カン会長には後から話したら・・”と助言するソンジェ。
テソンが会長室で倒れたと聞き、駆けつけるジウクとソンジェ。
”私はテソンを信じすぎた・・結果だけ見て過程を見なかった私のせいだ。。”とショックを受けるカン会長。テソンが持って来た書類を見て、驚くジウク。

テソンの病院に付き添うイェラ。
テソンは精密検査が必要な状態だと聞き、驚くミランとソンホ。

病院に行こうとしないテソンを心配するヨンジャはイェラに電話する。
イェラからテソンが倒れて病院に来たと聞くヨンジャ。
”また倒れたと言う事は進行が早いと言う事じゃないのか・・”と心配するヨンジャ。

カン会長が自宅に戻るが、ジスクが居なくなっているのに気付く。
ジスクの置手紙を見るカン会長。
”一度も受けたことの無かった愛情を生まれて初めて会長から受けました・・・”と今までの感謝の気持ちを手紙にしたジスク。
それなのにカン会長を傷つけてしまったと、カン会長の前から消えることにしたジスク。ショックを受けるカン会長。

カン会長はジスクに行方を探すために、ポンイルの家を訪ねる。
ジスクの友人や知り合いなどは居ないかポンイルたちに尋ねるカン会長。
昨日ジスクと会ったことを話すヨンジャ。
もしジスクから連絡が来たら教えて欲しいとヨンジャに頼むカン会長。

もしやヨンジャが処罰されるのではと心配するソンジェ。
ヨンジャに会って話をしたことをソンジェに話すヒョンスン。

警察に”処罰不願書”を提出し、”ポンイル院長やヨンジャが処罰を受けることではないと考えている”と話すソンジェ。
ソンジェがこの示談書を提出しても検察の調査が行われて判断される。
”だが、これが大きな助けになるだろう”と言う警官。

ポンイルに付き添われ、警察に行くヨンジャ。
警察から出て来たソンジェから処罰不願書を提出したと聞き、驚くポンイルとヨンジャ。
”ポンイル院長の考えは判るが、こうやって終わらせるのは望まない。院長やヨンジャが処罰受けることではない。ヨンジャが赤ちゃんを取り出さざるを得ない状況だったことを話してきた”と言うソンジェ。

スポンサーリンク

ジウクは記者会見を開くことに決めた。
株式の売買の過程が不適当だったことを公表し、世間に謝罪する。

ジウクの株式の件はジウクが解決し、次はカン会長の裏金で揺さぶるテソン。
裏金の疑いで検察から押収捜査を受けるカン会長。
キム顧問の元に行き、カン会長を会長職から引き摺り下ろそうと企むテソン。

テソンの病気の進行速度が速く、早く病院に連れて来いと医師から言われるミラン。

警察の調査が終わってやって来たヨンジャの姿を見つけ、テソンが病院に行くよう説得するように言うミラン。
テソンは社長室にもおらず、電話をかけるミラン。
病院に行こうとしないテソンに、”あなたはパーキンソン病だ。死んでしまう”と告げるミラン。

第118話につづく。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「もう一度始めよう」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

コメント