偉大なる糟糠の妻 第91回あらすじ

スポンサーリンク

「偉大なる糟糠の妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「偉大な糟糠の妻」91回あらすじ

指輪を返せと言ってきたスンジョンに腹を立て、ギチョルに会いに行くギョンスン。
いざギチョルの顔を見ると、ギョンスンは何も言えなかった。
お互いが傷つくのが分かってて愚かな選択をしたとギチョルを非難するジヨン。
ジョンテから付き合おうと言われた事を考え、悩むクムスク。
まだ”80ウォン”(ジョンテ)と会っているのか?とソンホに追及されるクムスク。
家に帰らず屋台で一人酒を飲むイルヒョン。
帰って来ないイルヒョンはまたジヨンと一緒に居るんじゃないかと思い込むスジョン。
夜中、ジヨンに電話をかけるスジョン。
イルヒョンからやり直そうと言われているとギョンスンに話すジヨン。


イルヒョンが帰って来るまでずっと待っていたスジョン。
スジョンはイルヒョンの携帯の通話履歴を盗み見る。

ギチョルと一緒に暮らすようになったスンジョン。
また年配の女性から子供を早く連れに来いと催促の電話を受けるスンジョン。
こっちから連絡するまで電話してくるな!と答えるスンジョン。ギチョルの前で慌てて電話を切るスンジョン。


ギョンスンの商品がTVショッピングで紹介されることとなり、ギョンスンも番組に出ることとなる。
うっかり朝食の席で、コンジュがミンギュとキスしたと言いそうになったハナw
慌てて誤魔化すコンジュ。
ジョンホを意識して避けるボンスン。
母ボンスンに馴れ馴れしいジョンテが気に入らないソンホ。
すっと息子だけを見て生きて来たボンスンがこれから彼氏が出来て遊ぶのがそんなに嫌なの?いい加減に母親離れしろと話すジョンミ。怒り出すソンホ。
ジョンテから正式に付き合おうと言われたことをクムスクに話すボンスン。
その二人の会話を聞いてしまい、考え込むソンホ。

ジョンテと二人で話をするソンホ。
どうして母ボンスンに付き合おうと言ったのか?気に入ったからって誰にでも付き合おうと言っても良いのか?と怒るソンホ。
誰にでも?何を言うか、私にとって一番大事な女性がボンスンさんだ!と怒るジョンホ。
ジョンホの気持ちを感じたソンホは、母ボンスンとの交際を認める。
絶対に母ボンスンが傷つかないようにしてくれと頼むソンホ。
ボンスンをお店から連れ出すジョンホ。
恋愛したがっていたボンスンの夢が叶って良かったわと喜ぶクムスク。
会社に居るジヨンを呼び出すスジョン。仕方なくスジョンと会うジヨン。
ジヨンとイルヒョンが会っていると思い込むスジョン。
ジヨンがヒョンミンとの仲を利用してイルヒョンに嫉妬させようとしていると妄想しているスジョン。

そこにイルヒョンもジヨンに会いに来た。
スジョンに、お前が居たら息が詰まる!と言って帰って行くイルヒョン。
その様子を見ていたヒョンミンは、ジヨンに事情を聞く。
イルヒョンが謝り、やり直したいと言ってきたことを話すジヨン。
社員たちからの目もあり、仕事に集中も出来ないし、ウニョンの事もあるし、自分が会社を辞めないといけないと話すジヨン。
ウニョンはただの後輩だと話すヒョンミン。
でもウニョンの気持ちを楽しんでいたんじゃない?結婚しようとは言わなくてもデートしたり、抱きしめてキスしたりしたじゃない。その行動に責任を取らないと。と話すジヨンに、ウニョンがそう言ったのか?と腹を立てるヒョンミン。
嫌いなら嫌いだと言ってくれ。どうして避けるのか?とボンスンに怒るジョンホ。
嫌いなら嫌い。好きなら好きと言えと言うジョンホに、好きだと答えるボンスン。
ボンスンを抱きしめるジョンホ。
ジョンホからソンホが交際を許してくれた聞き、驚くボンスン。

スポンサーリンク

TVショッピングの収録に向かうギョンスン。
ギョンスンをまだ妻のように呼ぶギチョルに、そう呼ぶのはスンジョンしかいないでしょう。仲良く暮らして念願の息子も産んで。と言うギョンスン。
スクリーンゴルフ場でも大きな態度になって来たスンジョン。
スンジョンの留守中、スンジョンの携帯の着信を取ったギチョル。
”どうしてお前の子供を早く連れに来ないんだ!これから行くからな!”と言う年配の女性からの声を聞くギチョル。
無視するコンジュに腹を立てるスンジョン。
ギチョルと結婚したから私はお前の新しい母親だ!と怒るスンジョンに、父ギチョルをたぶらかして同棲してる分際で何言ってるの?と怒るコンジュ。
コンジュと掴み合いの喧嘩になるスンジョン。


そこに子供を連れたお婆さんがやって来る。
二人の喧嘩のはずみで転んで泣く子供に気付くスンジョン。

92話につづく。

「偉大なる糟糠の妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました