もう一度ハッピーエンディング 第10回あらすじ 

スポンサーリンク

「もう一度ハッピーエンディング」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「もう一度ハッピーエンディング」10話あらすじ

スラの流産の原因がミモだと思うスラのファンたちに、卵をぶつけられそうになるミモ。
とっさにミモを庇い、生卵を浴びせられ、投げつけられた石で怪我をするスヒョク。

”死ね!お前なんか消えてしまえ!”とスラのファンたちに罵倒され、ショックを受けて茫然とするミモを慰めるスヒョク。
ミモの部屋のテレビや携帯の電源を消し、”今日一日は何も見ず、何も聞くな。”と声をかけるスヒョク。

ミモのせいでスラが流産したという噂を聞き、ミモを心配するヘジュン。
ミモに電話が繋がらず、診察を休診してミモの家に駆けつけるヘジュン。

アニのPCのゴミ箱にあった画像を使い、ミモの記事を出した記者を責めるスヒョク。
記事を出すように指示した部長にも怒って抗議するスヒョク。


ミモを心配するヘジュンは、ミモは悪くないんだから対策を取ろうと話す。
”今日は何も見ず、何も聞くな。”と言っていたスヒョクの言葉を思い出すミモ。
時間が経てば解決する。こんなことは初めてじゃないから・・・と言うミモ。
ミモのために何かしたいヘジュンは、ミモを家から連れ出す。

私の一番の自慢はエンジェルスで、一番後悔したのも”エンジェルス”になったことだ。とヘジュンに話すミモ。
全部忘れてただの”ハン・ミモ”として生きたいミモ。

ミモのために新しい記事を出そうと考えるスヒョク。
大きな事務所に所属しているスラ。記事を書けばスヒョクが怪我をすると心配するヒョンギ。

どうしてミモが好きなのか?とヨンスに尋ねられ、”笑わせてくれるから”と答えるヘジュン。


”勇敢なウェディング”が会員を騙して結婚をさせたと詐欺の疑いをかけられ、警察に事情を聞かれるミモ。
”勇敢なウエディング”の紹介で親が再婚し、不満を持つ息子が訴えたのだった。
あっせんした再婚相手の証明書が偽造で、再婚相手が見つかったお礼として”勇敢なウェディング”に送った多額の金が問題になる。
”詐欺の報奨金”ではなく、本当にお礼金だということを証明しなければならない。
入院中のダジョンには心配させまいと、一人でこの問題に立ち向かうミモ。

街中でもスラの流産の件で後ろ指を指されるミモ。

入院中のダジョンを遠くから見つめるコナク。
結婚前の幸せだったコナクとの出来事を思い出すダジョン。

詐欺の疑いをかけられた”勇敢なウェディング”には、詐欺は本当なのかと会員たちが押し寄せる。
スヒョクはあらゆるコネを使い、”勇敢なウェディング”が詐欺の疑いをかけられることとなった原因の再婚した老夫婦を探すことにした。
問題の老夫婦は香港に居ると突き止めたスヒョク。

スラの流産問題でミモがこれ以上傷つくのは我慢できないスヒョク。
早く解決させるために、ミモのジョンフンとの関係などを詳しく書いた記事を出すことはどうかと、ミモに打診するスヒョク。
分からない。。と泣くミモ。

心身ともに疲労してフラフラするミモを心配するスヒョク。
インターフォンを押しても返事の無いミモ。部屋で一人倒れていたミモを発見し、救急車を呼ぶスヒョク。


ヘジュンの居る病院に搬送されるミモ。
意識の無いミモの様子に動揺するスヒョク。帰れと言うヘジュンの言うことも聞かず、ミモの傍に居続けるスヒョク。
処置が終わり、ミモの無事を確認して安心したスヒョクは、ヘジュンにミモを任せて帰ることにする。

スンスが亡くなった時のことを思い出し、泣くスヒョク。
目の覚めたミモに、こんなに辛いなら言わないと。。。驚いたじゃないか。。 と呟くヘジュン。

編集部長もスヒョクを心配して反対するが、ミモの記事を出すことにしたスヒョク。
ミモがジョンフンとスラよりも先に交際していたことなどを詳細に記事にしたスヒョク。
ミモに別れ話もせずにスラにプロポーズしたジョンフンへの非難と、ミモに同情の声が集まる。
スヒョクの記事のおかげで世間の誤解が解け、泣くミモ。

記事を書いて香港に飛び立ったスヒョク。

雑誌社の前ではスヒョクの記事に対し、スラのファンたちが抗議行動をしていた。
ミモはスヒョクに礼を言おうとするが、スヒョクは出張中で会えなかった。

※コナン・オブライエン特別出演 ”勇敢なウエディング”再婚相談のシーンw


婦人科の入院患者たちが男性医師に騒いでいるのを見たコナク。
”手術しても胸はときめくし、愛されたくて関心を持ってほしいんだ”という主治医ヨンスの言葉を思い出すコナク。

エランから年下男をモノにするアドバイスを受け、オシャレしてジョンウとのデートに向かうドンミ。


トンベから引っ越し祝いをするからと、呼び出されるエラン。

”パパが渡したのは内緒で、ママに渡して来い。ママにキレイだって言うんだぞ。”と一輪のバラをテヨンに渡すコナク。
”ママが花のように綺麗だからプレゼントだよ。”と言ってダジョンにバラを渡すテヨン。
喜ぶダジョンの様子を部屋の外からそっと見るコナク。

スポンサーリンク

エランのスタッフなどを呼んで、引っ越し祝いをすることにしたトンベ。
女たちの事は過去だと言うトンベに、これからも浮気するんでしょう??と言うエラン。じゃあ、お前はどうなんだ?と詰め寄るトンベ。
付き合っている時にエランが辛くするから浮気してしまったんだと話し、”これからお前だけを見る”と約束したら戻って来るか?とエランに尋ねるトンベ。

スヒョクが出張から戻るのを待つミモ。
編集部に電話し、スヒョクがいつ戻るのかを尋ねるミモ。

事務所に問題の老夫婦がやって来て驚くミモ。
再婚で家族が騒ぎ出して香港に身を隠していた老夫婦。その事でミモに迷惑がかかったことを謝罪する老婦人。
成功してお金だけは沢山ある老婦人。再婚相手は温かい人を望んでいた。
”勇敢なウエディング”で出会った優しい男性を気に入った老婦人。
だがその男性は事業を失敗して借金があり、その事で息子たちは再婚に反対し、そのために男性の書類を偽装を提案した婦人。
息子たちに干渉されるのが嫌で、婚姻届を出して香港に逃げた老夫婦だった。

”子供たちの顔色を窺って、自身が幸せじゃないなら意味が無い。自身が幸せになると周りが幸せになる。最後まで”愛”を諦めずに掴んでください。”と老夫人に声をかけるミモ。
婦人の話から、困った状況になっているミモのためにスヒョクが香港まで行き、韓国に戻って警察の調査を受けて欲しいと老夫婦を説得したと分かるミモ。


香港から戻って来たスヒョクは自身が出したミモの記事のために、辛い状況となっていた。
スヒョクが、スラのファンたちから罵倒されて生卵などをぶつけられる場面を見るミモ。
そんなスヒョクを助けようとするミモを止めるヒョンギ。
スヒョクの姿や言葉を思い出し、涙を流すミモ。

見つめ合うミモとスヒョク。
”私がその時、少しだけ遅かったなら・・・私達が現在同じところを見ているだろうか?”
”俺が少し早かったなら・・・俺たちが現在同じところを見ているだろうか?”

第11話に続く。

「もう一度ハッピーエンディング」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村