黄金色の私の人生 あらすじ43話 パク・シフ

スポンサーリンク

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「黄金色の私の人生」43話予告動画

「黄金色の私の人生」43話あらすじ

ジスが教養が無く、不足していると考えて無理やり留学に行かせようとするミョンヒに怒るジェソン。
あの日、ミョンヒが浮気しに行った時にウンソクを行方不明にさせたと責めるジェソン。驚くミョンヒ。
”お前は男に会いに行ってウンソクを行方不明にさせ、その日ウンソクは死ぬところだった”と言うジェソン。
スノクが、ウンソクを学校の先輩であるテスが連れて行くまで見守っていたと言った事を信じているミョンヒに、”スノクは見守っては居なかった。後からウンソクをテスたちが連れているのを偶然見たんだ”と話すジェソン。

ミョンヒが匿っていたスノクたちに接触し、直接ウンソクを連れ去った経緯を聞いたジェソン。
テスが話したウンソクを拾った時の状況が気になり調べたジェソン。
ウンソクが捨てられていた人気のない場所には車で隠れる場所は無く、スノクたちがこっそりと車から見守っていたという話がおかしいと分かるジェソン。
嘘を付くスノクたちを追求し、ずっとウンソクを見守っていたと言うのが嘘だと分かったジェソン。
ミョンヒが交通事故で意識が無かった時に誰かがウンソクを連れて行ったという発表が嘘だという事や、休憩所で車にウンソクが乗っていないことを確認しなかった自身の不注意、その時に誰に会いに行っていたのかバレるのが怖かったミョンヒは、すっかりスノクたちの嘘を信じてしまっていたのだった。
”それを全部知りながら、黙っていたの??”と怒るミョンヒ。
”ジスの人生を揺さぶるな。お前にはその資格は無い。また留学に行かせるなど考えるな。ヒョク家族にも手を出すな。ミジョンに店を返してやれ”と言うジェソン。
”自分の娘を諦めろと言うの??”と言うミョンヒに、”娘を取り戻したいなら母親として努力しろ”と言い放つジェソン。

ジスがヘソンの娘だと分かり、心配して二人の交際を反対するヒ。
”もし、姉さんと義兄さんのような縁だったとしたら?俺の人生に大事な人かもしれないのに逃げたくない”とジスとの交際を続ける決意を話すヒョク。
ヒョクの考えに同意するナムグ。
 
始める事業に必要な、条件の良い機械付きの工場を買い取ることが出来たドギョン。

ドギョンが工場を手に入れ、事業を始めるられると分かり、喜ぶジアン。

ジスに会い、ミョンヒの代わりに謝るジェソン。
”パン屋に今まで通り通い、ソンウ・ヒョクの家族にも迷惑をかけることが無い。家にも戻らなくていい”と聞き、安心するジス。
喜ぶジスに、複雑な思いのジェソン。
住む家を買ってやると言うジェソンに、一人では暮らせないから当分シェアハウスに居たいと話すジス。

”お父さんが全部解決してくれた”と喜ぶジスを抱きしめ、ジスの父親ジェソンに感謝するヒョク。
電話をかけてきたドギョンにも報告するジス。
ヒョクと一緒に明るく笑うジスの姿を遠くから見るジェソン。

ジスからジェソンが全て解決してくれたと聞き、驚くジアン。
本当はミジョン達の家に戻りたいが、もし戻るとミジョンやテスが困ることになると考えて我慢するジス。

”ミジョンの店は、ドギョンが家に戻ってきたら返す”とミョンヒに呆れるジェソン。
いくらウンソクの命を助けてくれたと聞いても、ジスとジアンを取り替え、ジアンをドギョンに会わせるようにしたミジョン達を許せないミョンヒ。
ジスを今まで通りパン屋に通わせ、家に戻らなくていいと話したことを伝えるジェソン。

事業開始の第一歩が踏み出せると喜び、ユ秘書と一緒に工場を掃除するドギョン。

家に戻って来たジアンに喜ぶジテ。
家を出てしまったテスの事も良い方向に向かっていると、夜道をバス停まで送ってくれたことや、ジスと会いに行こうと思っている事をミジョン達に話すジアン。
スアとの離婚の事を家族になかなか言えないジテ。

早朝、ミョンヒ達の家にやって来るノ会長。
勝手に自身の一存でジスを手放したジェソンに腹を立てているノ会長。
ノ会長がジアンの父親テスを叩いたことが分かり、驚くジェソン達。
それを聞いてショックを受けたジアンがそれをドギョンに言い、ドギョンはジェソンに相談しに行くだろうと考えるノ会長。
早くドギョンを連れ戻すようにジェソンに命令するノ会長。

テスに電話をかけ、ジスの事はジスの父親が全て解決してくれたと報告するジアン。
ジアンの事も心配するテスに、”全部片付いたから心配しないで”と話すジアン。
ジアンがシェアハウスから家に戻って来た時、ドギョンとジアンを送って来た時の二人の様子を見ていて心配していたテスだった。

テスに会いに行くジホ。
お金をだまし取られたジホに小言を言うテス。テスから商売の基本を教えてもらうジホ。

ジテはもう離婚すると決心してしまったのかと落ち込むスア。
”子供を産まなかったら離婚してくれないんだって・・・”と話すスアに”すでに子供が居なかったらどうするのよ?”と言う先輩。

友人ミョンシンの恋愛話を聞き、羨ましがるジアン。
普通の家出身のジェソンのヘソンでの境遇を知るジアンは、ドギョンともし結婚するなら自身はすべてを捨てなければならないと考えるジアン。
ドギョンが普通の家の人間だったら、小さな幸せを感じながら暮らすことが出来たんじゃないかと考えるジアン。

酔っぱらって、家ではなくシェアハウスに戻ってしまうジアン。
外から、プレゼントした照明をドギョンが付けたり消したりしていることが分かるジアン。

ドギョンの態度などから、家を出たのはジアンのせいじゃないかと気づくジス。

スポンサーリンク

ソヒョンから、ノ会長がジアンの親に会いに行ったことが分かり、驚くドギョン。
ノ会長に会いに行き、”ジアンの家に行ったんでしょう?どうして行ったんですか?私とは何にも関係がないのに”と訴えるドギョン。
”だったら帰って来なければ。お前たちが嘘を付いているんだろう。だから警告した。お前たちは力を合わせてジスを止めたじゃないか。何も関係が無いならお前は戻らなきゃならない”と迫るノ会長。
ノ会長がテスを叩いたことが分かり、驚くドギョン。
ミョンヒがジスにしたように、ノ会長もテスたちを脅迫したことが分かるドギョン。
”私が嫌だ。ジアンをこんな家に連れて入るのは!結婚するかと心配しているんでしょう?心配しないでください。ジアンとは絶対結婚しない!こんな家には連れて来れないからしません!私もジアンとは関係なく家には帰らない。まだ私の人生を生きれてない”と宣言するドギョン。
”これから俺の言うことを聞かないという事か?俺と戦う気か?”と脅すノ会長に、”私はもうお祖父さんの子犬じゃない”と言い返すドギョン。

テスが戻ってきたら養えるよう、仕事を始めることにしたミジョン。
”子供の荷物になるな”というテスの言葉をずっと気にしていたミジョンだった。

ドギョンが買い取った工場をノ会長が2倍の価格で買い取り、ドギョンの買取契約は突然破棄された。
祝いをしようとしていたヨングクは、それを聞いて驚く。

ヒョクからドギョンとジアンの仲を聞き、心を痛め、ジアンを抱きしめて慰めるジス。
ドギョンの事業をまたノ会長が妨害したことを聞き、”どうして??私もシェアハウスを出たし・・どうしてそんなことが出来るの?何も出来ずに帰るなんて、兄さん(ドギョン)もプライドがあるのに!!”と怒り、ドギョンを思って心を痛めるジアン。

やけ酒を飲み、シェアハウスに戻るドギョン。
このまま何もできないままドギョンをヘソンの家に帰らせたくないと、ドギョンの事業のために、徹夜して調べ物をするジアン。

あとは安い工場を探すだけで良いと、作った中古機械のリストをヨングクに渡し、”私が渡したことは内緒にして欲しい”と話すジアン。
ドギョンの工場を探す手伝いをすることにし、ジアンから貰ったリストをドギョンに渡すヨングク。
ジアンが徹夜でその資料を作ってくれたと知り、驚くドギョン。

ドギョンを心配し、どうなったのかヨングクに尋ねに行くジアン。そこで待っていたドギョン。
”直接渡せなくて、ちゃんと心配も出来なくて・・俺たちはどうしてこうしなきゃならないんだ?”と言うドギョンに、”友情だ。おじいさんの部品として生きたくないって言ってたでしょ”と答えるジアン。
”お前は俺と結婚するのか?俺はしないのに。俺たち、恋愛しよう。結婚はしたくないけど、恋愛はしたい。恋愛だけしよう”と言うドギョン。
”恋愛だけしよう”と答えるジアン。

第44話に続く。

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村