帰ってきたポクダンジ 117話あらすじ カン・ソンヨン コ・セウォン イ・ピルモ

スポンサーリンク

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「帰って来たボクダンジ」117話あらすじ

”ソジンの持ち株を譲るから示談書に判を押せ”という横暴なウン女史に怒るハクボン。
ウン女史の弱みを握るファヨンから言われた事だとお見通しのジョンウク達。
”ファヨンを黙らせてもチェ秘書が回復中だ。チェ秘書の証言があればお前たちは終わりだ”と言うダンジ。
”示談なんて絶対にしない!お前たちには法的に罰を与える!”と怒るハクボン。

ダンジ側は示談にしないと聞き、これからファヨンはどうなるのかと心配するジェジン。

シン会長が移植手術をすると分かり、もしかしてジェヨンから提供を受けるのかと調べることにするウン女史。

シン会長のために、シン会長に移植提供するドナーの家族に移植する”交換移植”を決めたハクボン。
そこまでしくれたハクボンに有難く、申し訳ない思いのシン会長。
”私たちは家族じゃないですか・・”と言うハクボン。

ウン女史とソジンに、海外で隠れていろと言うウジン。

海外逃亡のために荷物をまとめるウン女史とソジン。
ウン女史に会いに来て、離婚書類にサインするように話すパク会長。
”離婚するからソジンは受け入れて欲しい”と頼むウン女史。

意地でもダンジたちに謝罪しようとしないウン女史を掴み、ダンジの家の前まで来るパク会長。
”一週間やるからその間に自首しろ。そうしないとこの手で突き出す”と迫るパク会長。
その会話を聞き、ジョンウクに伝えるクムボン。

シン会長とハクボンの手術当日、家族みんなで駆けつけ、無事に手術が終わることを願う。

”ウン女史について何か見た証拠があるなら助けて欲しい”とパク会長に話すジョンウク。
”少し時間をくれ・・”と返事するパク会長。

スポンサーリンク

ジェジンの話から、貰えると思っていたウン女史の財産は税務調査を受け、貰えなくなったことを知り、驚くファヨン。
裁判の日にウン女史の秘密を法廷で話すことにするファヨン。

ハクボン、シン会長の手術はそれぞれ成功した。
だが、ハクボンはなかなか目を覚まさずに心配するダンジたち。

”ここはどこだ?”と目を覚ましたハクボンに安心する家族たちw

”明日の裁判で全部バラす”と言うファヨンに、ソジンの持ち株を渡すと持ち掛けるウン女史。

回復してリハビリに励むチェ秘書。

裁判でチェ秘書が陳述すると分かり、驚くウン女史とソジン。
チェ秘書に頼まれたという人間から呼び出され、会いに行くソジン。

”どうしてそうしたんだ?俺がお前のためにあんなことまでしたのに、どうして俺にそうしたんだ?”とソジンを責めるチェ秘書。
”もう終わらせよう。俺と一緒に全てを明らかにして刑務所に入ろう”と言うチェ秘書に驚き、反発するソジン。
”私は死ぬ。もう未練がない。お前も私と一緒に死のう”と言うソジン。
ソジンの自首を諦め、ダンジの携帯にミンギュの病室の動画を送信するチェ秘書。
その映像を見るダンジ。

大勢のマスコミの前で、”ミンギュを殺したのは私ではない。殺したのはウン女史だ”と暴露するファヨン。

第118話につづく。

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村