帰ってきたポクダンジ 75話あらすじ カン・ソンヨン コ・セウォン イ・ピルモ

スポンサーリンク

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「帰って来たポクダンジ」75話

ジョンウク母の記者会見を止めるために、ダンジが差し出した養育権放棄、免税店事業放棄の書類にサインするソジン。

それをジョンウクがダンジに指示したと考えるソジンとウン女史は、抗議に行く。
”長い戦いになると言ったでしょう?”と相手にしないジョンウク。

ソンヒョンが自身の孫ではないと分かり、葛藤するジョンウク母。

ジュシンではジェジンの代表就任式が行われる予定だったが、ソジンが大事な免税店事業をエイジ―に渡したと伝わり、役員や株主たちは騒いでいた。
対応に迫られるジェジンやウン女史。

ジョンウクの元に聞き、ミンギュとの経緯を説明するソジン。
許して受け入れて欲しいと言うソジンだが、ソンヒョンの事で母親まで傷つけたソジンを許せないジョンウク。

チェ秘書に、ジョンウク側に行き、ジョンウク側になった振りをするように指示するソジン。ショックを受けるチェ秘書。
”どっちみちお前はそんな存在だ。お前は私を好きだったかもしれないが、私はお前を辛い時に傍に置いておいただけだ””私にとって男はミンギュさんただ一人だ”と言うソジンに呆然とするチェ秘書。

ソンヒョンに冷たい態度になるジョンウク母。
”おばあちゃんは僕の事が嫌いになったみたい。お母さんのせいで・・”と泣くソンヒョン。”そんなことはない”と慰めるダンジ。

ソンヒョンの事で傷つくジョンウク母の事を心配するシン会長。
今まで可愛がっていたソンヒョンが他人だという事実をなかなか受け入れられないジョンウク母。

免税店事業を放棄した件で、シン会長に会って解決しようと考えるウン女史とソジン。
シン会長と一緒にジョンウクが現れて驚くソジンたち。
”免税店事業譲渡の件を無かったことにして欲しい”と言いだすウン女史たちに、ジョンウクからソンヒョンの親権をはく奪しようとしたことなどを非難して拒否するシン会長。
”ジョンウクとダンジはうちの社員で、ダンジは私には娘のような存在だ”と言うシン会長に驚くソジンたち。

”シン会長を止めて。どうしたらいい?”とすがるソジンたちに、”最初の状態に戻せ。俺もダンジさんも。ソンヒョンや母さんに与えた傷を元通りにしろ”と言うジョンウク。

スポンサーリンク

シン会長の娘がいたという施設に行くことにするソジン。
その施設にあった当時の書類などは過去の火事で無くなり、残っているのは写真だけだった。
写真の中に、裏に”ポク・ダンジ”と書かれた少女が二人映る写真に気付き、驚くソジン。
その当時、その施設に居た女児はその写真に写る二人だけだったようだと話す施設の職員。

ジョンウクとダンジもその施設へシン会長の娘を探しに行く。
ソジンに口止めされた職員は、ダンジたちには話さない。

シン会長が子供を預けたカン氏を、ダルスクが電話で呼び出す。
シン会長から預かった子供を施設に預けたことを認め、施設からその子を引き取った人間は亡くなったようだと話すカン氏。

ソジンがシン会長の娘を探しているとダンジに話すイェウォン。
カン氏の顔を見たイェウォンは、”どこかで見たような気がして・・”とダンジに話す。

ダンジを訪ねて行くチェ秘書。
ダルスクから、ダンジをチェ秘書が連れて行ったと連絡を受けるジョンウク。

”これからシン会長の娘はダンジさんだ”と話すチェ秘書に、驚くダンジ。
チェ秘書は”ソジンとウン女史を崩すのは自身しかない”と話し、ダンジをシン会長の娘だということにする計画を話し始める。

”シン会長の娘を探し当てた。それはポク・ダンジだ”と報告するチェ秘書に、驚くソジン。

第76話に続く。

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村