もう一度始めよう 第121話あらすじ キム・ジョンフン パク・ソンホ

スポンサーリンク

「もう一度始めよう」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「もう一度始めよう」121話あらすじ

留置所のテソンは家族の面会も拒否する。
”パパだから・・パパが壊れて行くのにどうして私が見逃せるの。。”と泣くイェラを思い出すテソン。

テソンを告発し、深く傷つくイェラを心配するヨンジャ。

ヨンジャに”嫌疑は無い”と検察から通知が来て、胸を撫で下ろすポンイルとハナ。

アメリカ行きを決め、ジウクに報告するソンジェ。

ポンイルへの補償を用意したカン会長は、ポンイル産婦人科を再開させるように打診する。補償が目的で訴訟したのではないと、辞退するポンイル。

刑務所に送られるテソンを見送るイェラとソンホ。

コンビニでアルバイトをするヨンジャに会いに行き、医者になる道に戻るように話すソンジェ。
夢を諦めず、良い産婦人科医になって欲しいソンジェ。
ヨンジャが出会う前に戻ると、自分も戻れると話すソンジェ。

スポンサーリンク

月日が経ち・・・

ヨンインは出産し、来週には結婚式を挙げる予定だ。
出席を拒むテソンに会いに行くソンホとヨンイン。テソンは入院中だ。

ヨンジャは海外医療ボランティアから帰国する。そのヨンジャを空港に迎えに行くジウク。
先輩にヨンジャの彼氏だと誤解されるジウク。慌てて否定するヨンジャ。

ソンジェもアメリカから帰国する。

イェラは会社で下っ端として働いていた。
テソンはイェラとも会わず、ソンホの結婚式出席を拒んでいた。
生まれた孫の顔も見ようとしないテソン。

ミランが置いて行った孫の写真を見て、涙を流すテソン。

テソンに会いに行き、結婚式に出席するように説得するポンイル。
”もう子供じゃない・・全部捨てた”と言うテソンに、家族にも会って治療もしようと言うポンイル。
”奇跡が起こらない限り・・”と言うテソンに、”奇跡はどういうことか分かるか?こうなっても誰もテソンを恨んでない。ヨンジャまでそうだ”と話すポンイル。

研修医として忙しく駆け回るヨンジャは、病院に仕事でやって来たソンジェと偶然ぶつかり、再会する。

ソンホとヨンインの結婚式当日、やはりテソンは現れなかった。
ソンホ側の知人として出席したヒョンスンは、式場でヨンジャと再会する。
ソンジェが帰国してすぐヨンジャに会った事に、縁を感じるヒョンスン。

テソンの病室に行き、”結婚式は無事終わった”と話すヨンジャ。
心を閉ざすテソンに、”心の監獄から出てください”と話すヨンジャ。
病室から聞こえるテソンの嗚咽を聞き、涙を流すヨンジャ。

産婦人科医の不足する地方を周り、医療活動を続けているポンイル。
地方でカン会長と一緒に暮らしているジスクは、ソウルに来たついでにヨンジャに会いに来る。
”怖がらずに勇気を出せ。私のように後悔して生きるな”とソンジェとの事を後押しするジスク。

以前、ヨンジャと一緒に行く約束をした事を思い出し、南山タワーに行ってみるソンジェ。
そこにヨンジャも来ていた。
逃げようとするヨンジャを呼び止め、”あれだけ遠くに行って来ても結局はヨンジャさんの前に立っているな”とヨンジャを抱きしめるソンジェ。
”遅くないでしょう?俺たちもう一度始めることができるでしょう?ここからまた始めよう”と言うソンジェに、頷くヨンジャ。

「もう一度始めよう」おわり

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「もう一度始めよう」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→