チャテヒョン

スポンサーリンク
最高の離婚

韓国ドラマ「最高の離婚」あらすじ 3,4話

「最高の離婚」3話あらすじ 家庭裁判所に行き、離婚書類を提出したソンムとフィル。 裁判所を出て行く高齢の夫婦を見ながら、”どうして離婚するんだろう?’’と呟くフィル。 俺たちはどうして離婚するんだ?”と言うソンムに、”長崎カステラを食べた
最高の離婚

韓国ドラマ「最高の離婚」あらすじ 1,2話

「最高の離婚」1話あらすじ 細かくて神経質なソンムと、正反対におおらかな性格のフィルは結婚して3年の夫婦だ。 いつも待ち合わせの時間も守らず、大雑把なフィルに不満の多いソンム。 警備会社勤務のソンムは、顧客からの緊急通報に対応するが、その
最高の離婚

韓国ドラマ 最高の離婚 全32話あらすじ一覧

チャ・テヒョン、ぺ・ドゥナ主演 韓国ドラマ「最高の離婚」あらすじ一覧です。 「結婚は本当に愛の完成なのか?」 という問いから始まり、愛、結婚、家族に対する男女の考え方の違いを愉快で率直に描くラブコメディ♪ 韓国ドラマ「最高の離...
スポンサーリンク
最高の離婚

韓国ドラマ 最高の離婚 キャスト・登場人物紹介

韓国ドラマ「最高の離婚」キャスト登場人物紹介です。 「結婚は本当に愛の完成なのか?」 現代の複雑な結婚事情をモチーフに、年々急増している熟年離婚とシングル族世相を風刺し、韓国に存在する愛、結婚、家族の男女の考えの違いを愉快で真剣に共...
最高の一発

最高の一発 全32話(16話)あらすじ一覧

ユン・シユン、チャ・テヒョン出演 韓国KBSドラマ「最高の一発」あらすじ一覧☆ ※韓国では全32話ですが、日本放送では2話同時に編集されて16話の場合もあります※ 90年代に大人気だった「JAY2」のヒョンジェ(ユンシユン)はあ...
最高の一発

最高の一発 第32話 最終回あらすじ ユン・シユン

「最高の一発」32話(最終回)あらすじ ヒョンジェが突然消えてから、戻って来るのをずっと待ち続けるウスン。 昔していた作曲を、また始めたウスン。 ウスンへの気持ちを抑え、良い友人として接するジフン。 ボヒと結婚をしたクァンジェ。 カフェのアイスクリームに指輪を忍ばせ、ボヒにプロポーズしようとしたクァ
最高の一発

最高の一発 第31話あらすじ ユン・シユン

「最高の一発」31話あらすじ 長い間眠っていて、病院のベッドで気が付くヒョンジェ。 看護師や医師からサインを求められ、過去に居ることが分かるヒョンジェ。 ”今まで起こったことは夢だったのか??”と考えるヒョンジェだったが、腕に貼られたウスンとのプリクラを見てやっぱり過去に戻って来た事が分かるヒョンジェ。 他の医師か
最高の一発

最高の一発 第30話あらすじ ユン・シユン

「最高の一発」30話あらすじ ウスンの部屋で二人で楽しく過ごすヒョンジェとウスン。 だが、過去の事を考えると不安になるヒョンジェ。 いきなり”作曲したことは無い”マスコミに公表し、ファンに謝罪したMJ。 MJに先手を打たれて”会社の責任が重く見えてしまう”と困るヨンジェ。 インターネットでは、批判する人と正直な告白
最高の一発

最高の一発 第29話あらすじ ユン・シユン

「最高の一発」29話あらすじ ジフンの部屋から出て行くことに決めたヒョンジェ。 最後にウスンに会いたいヒョンジェは、ウスンを呼び出す。 遅れてやってやって来たウスンを抱きしめるヒョンジェ。 ”どこにも行かないで・・”と言うウスン。 ウスンのマンションまで送って行ったヒョンジェは、部屋でラーメンを食べて行くことにす
最高の一発

最高の一発 第28話あらすじ ユン・シユン

「最高の一発」28話あらすじ 急に投資を断ってきたオ会長と話をするクァンジェ。 ”申し訳ないがもっと良い投資先を見つけた。調べたらワールド企画には誰もいないじゃないの”と言うオ会長。 キャンプに行き、二人だけの時間を過ごすヒョンジェとジフン。 ”申し訳ない・・最初から本当の事を言えなくて。言えなかった。自分の状況を
最高の一発

最高の一発 第27話あらすじ ユン・シユン

「最高の一発」27話あらすじ ジフンから、”俺はお前がユ・ヒョンジェだと知っている。俺の父親はただ一人でワールド企画の代表をしている。お節介をしないで欲しい”と言われるヒョンジェ。 その二人の会話を聞いてしまい、ショックを受けるウスン。 自身がユ・ヒョンジェだということをウスンに説明するヒョンジェ。 信じられないが
最高の一発

最高の一発 第26話あらすじ ユン・シユン

「最高の一発」26話あらすじ ウスンとの映画の帰り道、”ダボン(ヒョンジェ)の事好きなのか?”と尋ねるジフン。 ”よくわからな・・・そうみたいな気もする・・”と答えるウスン。 ”最初から友達じゃなかったらどうだったかな。平凡に出会ったのでは無く、お前とダボンみたいに偶然が繰り返されて・・映画みたいに。そうしたら俺た