私たちが出会った奇跡 第18話(最終回)あらすじ キム・ミョンミン キム・ヒョンジュ EXOカイ

スポンサーリンク

「私たちが出会った奇跡」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「私たちが出会った奇跡」18話メイキング動画


「私たちが出会った奇跡」18話(最終回)あらすじ

ヨンファが事故に遭い、亡くなってしまう。悲しみに暮れるジス。
ヨンファが亡くなったことが分かり、下界に戻って来るアト。

”あの時車の前にトラックが止まってなければ・・””ヨンファを一人で帰らせておけば・・””自分がスーパーに行かなければ・・ヨンファは死ななかっただろう”と後悔し、
自身の運命が変わることが無かったら、ヨンファが死ぬことも無かったと考えるヒョンチョル。
そんなヒョンチョルの前に現れるアト。

手帳を取り出し、何かを書くヒョンチョル。

ヒョンチョルAの自宅に戻り、ヘジンの寝顔を眺めるヒョンチョル。
目を覚ましたヘジンに、”必ず言わないといけないことがある。あなたに向かう私の気持ちが支店長のヒョンチョルなのか調理師のヒョンチョルなのか尋ねたことがあったでしょう?私にもよく分からない。一つだけ確かなのが、あなたを愛している”と話すヒョンチョル。
”あなたに言いたいことがあるけど、今は言わないわ。あなたは去ってしまう人みたい・・”と言うヘジン。そんなヘジンにキスするヒョンチョル。

ヒョンチョル達の事故前まで時間が戻る奇跡が起こる。

ーーーー

家庭を顧みない傲慢なヒョンチョルAと、そんなヒョンチョルAに不満でむなしい生活を送りながら離婚を考えているヘジン。

ブランチミーティングを開いてもヒョンチョルAの仕事の話でなかなか部下たちは食事ができない。
だが、以前とは違って部下たちに食事の時間を与えるヒョンチョルA。

叱られるが、蹴られもせずに以前と違う様子のヒョンチョルに驚くハ代理。

ランチに入った中華料理店でヒョンチョルBと顔を合わせるヘジン。
美人客のヘジンの顔を見たヨンファは、”綺麗だったよね?”とヒョンチョルBに言う。
”お前が世界で一番きれいだ”と言うヒョンチョルBに”私だけ愛するという約束を守ってくれてありがとう”とご機嫌のヨンファ。

キム頭取からオソングループへの融資の事を念押しされるヒョンチョルA。
そこでヒョンチョルAの頭に”オソングループへ不正融資 神話銀行江南支店長関与疑惑”というニュース記事がよぎる。

抱き着いてくるヒョジュに、”何するんだ職場で”と冷たくかわすヒョンチョルA。
オソングループ会長が同席するキム頭取との食事の席を断り、”オソングループへの融資を私はしません。不法融資がしたければ頭取が直接してください”とキム頭取にきっぱり言うヒョンチョルA。

ヒョンチョルAの誕生日を祝おうと、自宅で準備するヒョジュ。
だが、ヒョンチョルAが向かったのは自宅だった。

ヘジンと食卓で向かい合い、”マートで働かなければならないのか?生活費を増やしてやる”と言うヒョンチョルA。
”どうして?私がマートで働いたらあなたに不都合でも?”とつっかかるヘジン。
”お前は写真に関心があったじゃないか。もう一度勉強を始めてはどうか?”と話すヒョンチョルAに驚くヘジン。
ヘジンが作った誕生日のわかめスープを食べるヒョンチョル。

同じ時、ヒョンチョルBはヨンファやジス、モドンに賑やかに誕生日を祝ってもらっていた。
自身が自動車事故に遭ったり、何か手帳に書いている姿を思い出し、混乱するヒョンチョルA。
自身の手帳に先付の日付で記入されているのを見るヒョンチョルA。

自身の車で事故に遭った記憶が現れ、自家用車を使うのを止めるヒョンチョルA。
ヒョンチョルBはヒョンチョルAの江南支店に融資の申し込みに行く。
”もう融資済みで、これ以上の融資はできない”と断られて驚くヒョンチョルB。
そこに現れたヒョンチョルAは、応対していたハ代理に事情を聞き、その以前の融資が行われたヨンドゥンポ支店に問い合わせの電話をかける。
融資承認したのが休職中の行員だと聞き、”休職中の行員名簿”を思い出すヒョンチョルA。この調査をすることにするヒョンチョルA。
その様子を見ているヒョジュ。

調査の結果、銀行の電算システムのリニューアル責任者がウ・チャンチュンだということが分かるヒョンチョルA。

身に覚えのない融資があると分かり、金融監督庁に駆け込むことにするヒョンチョルB。
そんなヒョンチョルBに、金融監督庁ではなく銀行に来るように伝えるヒョンチョルA。

時間が戻る前の記憶を取り戻したヒョンチョルAは、やって来たヒョンチョルBと顔を合わせる。
ヒョンチョルBの融資は誰かが画策したようだと話し、銀行で起こった問題だからとヒョンチョルBに謝罪するヒョンチョルA。
ヒョンチョルBが中華料理店を引き継ぐのに必要な資金をすぐに融資することにするヒョンチョルA。
”私がすべての問題を解決する”とヒョンチョルBに話すヒョンチョルA。

”支店長が解決してくれるって。支店長は俺と同姓同名だった”とヨンファに話すヒョンチョルB。

先付の日付で書かれた自分の手帳を読むヒョンチョルA。
・・・・・”5/23オ・チャンチュン逮捕”“これですべてが終わった”
”5/29 俺はもう戻る”という言葉を見て衝撃を受けるヒョンチョルA。

スポンサーリンク

パク刑事の元に行き、”これから事故が起こります。私の言う通りにしたら事故を防ぐことができます””チャン・ギチョルという人間を尾行してください。そうしなければ大きな事故が起こる”と話すヒョンチョルA。初対面のヒョンチョルAのいきなりの話に戸惑うパク刑事。

ヒョンチョルBに電話をかけ、”自家用車を使用せずに公共交通機関を利用してください”と話すヒョンチョルA。

頭取に話したら銀行イメージを気にしてもみ消されると考えるヒョンチョルA。
マスコミに発表する前に金融監督庁にいる先輩の元を訪れ、神話銀行で起こっている不正にシステム利用した不正融資の件を告白する。
また、オソングループへの不正融資が行われそうだという情報も話し、事が大きくなる前に調査するように話すヒョンチョルA。

時間を戻したら自身が消滅してしまうのを分かっていて、時間を戻すことを選んだヒョンチョル。
そんなヒョンチョルへのプレゼントとして、記憶をそのままにしておいたアト。

財テクのために満期預金を使ってどこか物件を購入しようと相談するクムニョに、”旅行でもしながら気楽に暮らしてください”と話すヒョンチョル。
今まで”100億なんて金じゃない”とか財テクを勧めていたヒョンチョルAが、”死んだらどうする?100億も1000億も紙くずだ”と言いだし、驚くクムニョ。

晴れて中華料理屋がヒョンチョルBの名義となり、喜ぶヨンファやジス、モドン。
その光景を遠くから眺めるヒョンチョルA。

今までとは違い、”一緒に食べよう”と食卓に誘うヒョンチョルAに驚くヘジン。
”ガンホ。宝物を探しているんだろ?見つけたら父さんにも見せてくれ”と言うヒョンチョルAに驚くガンホ。
”1等が重要じゃない。1等を取ろうとして苦しむんじゃない。健康が一番だ”とミホに話すヒョンチョルA。そんなヒョンチョルAと子供たちとの会話に驚くヘジン。

ヘジンを散歩に誘うヒョンチョル。
”ヘジン、申し訳ない。俺がお前に沢山間違いをした。お前を凄く苦しめた。俺に一度だけ機会をくれ”と話すヒョンチョルA。泣くヘジンの手を繋ぐヒョンチョルA。

今までとは違い、顔を見て”綺麗だから”と言ったり、”ご飯を食べたか?”と尋ねるヒョンチョルAの変貌ぶりに戸惑うヘジン。

チャン・ギチョルを逮捕するパク刑事。
神話銀行の電算システムを使って不正した犯人も検挙されたとニュースになる。

懐かしそうにヒョンチョルBの自宅の前に来るヒョンチョルA。
そのヒョンチョルAに気付き、声をかけるヨンファ。
それが今回融資の件で世話になった支店長だと分かり、お礼を言ってプレゼントを渡すヨンファ。

ヒョンチョルAがそのプレゼントを開けてみると、例のオレンジ色のポロシャツが入っていた。

ヘジンを春川旅行に誘ったヒョンチョルA。春川行きの列車を予約しようとするヘジン。
”春川に行った時に、南怡島に行けなかったって言ってたじゃないか・・”と言うヒョンチョルAの言葉に驚き、”私があなたにそんな話した?私は言わなかったのに・・”と不思議に思うヘジン。
”ガンホの母親”と携帯に登録していたヘジンの番号を、”ヘジン”と登録し直すヒョンチョルA。

”ありがとうございます。私に与えられた奇跡を忘れません。ちゃんと生きてから戻ります”と天を見上げるヒョンチョル。

「私たちが出会った奇跡」おわり

「私たちが出会った奇跡」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村