私たちが出会った奇跡 第15話あらすじ キム・ミョンミン キム・ヒョンジュ EXOカイ

スポンサーリンク

「私たちが出会った奇跡」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「私たちが出会った奇跡」15話予告動画

「私たちが出会った奇跡」15話あらすじ

具合の悪いヘジンのために、ヒョンチョルAの自宅に戻るヒョンチョル。
戻って来てくれたヒョンチョルを抱きしめるヘジン。
現在の、目の前のヒョンチョルがずっと傍にいてくれるのを望むヘジン。

ヒョンチョルがヘジンの元に行ってしまい、傷つくヨンファ。
外でヒョンチョルを待ち続けるヨンファに、”パパは帰って来る。パパを信じないの?ママ一筋だったじゃない”と励ますジス。
”パパは、私たちが知ってる以前のパパじゃないの・・”と話すヨンファ。

ヘジンの熱が下がり、ヨンファの元に戻るヒョンチョル。
”この家が居心地悪いの?私が?・・じゃあ、何が居心地悪いの?”とヒョンチョルに尋ねるヨンファ。

検察に参考人として出頭することになったユク副支店長は、ヒョンチョルに退職届を渡す。
以前、ヒョンチョルが居る限り出世はでき無いと考えて恨んでいたユク副支店長。そのせいでしてはいけない提案を受け入れ、ヒョンチョルのPCを探ろうとしていたユク副支店長。
そのことを告白し、謝罪するユク副支店長。
”私に機会をください。恨まれない機会をください。その日ユク副支店長は私の業務を代行していただけだ。うちの支店が1番になった日には一緒に飲もう”と退職届を返すヒョンチョル。
”いつからか支店長を恨まなくなっていた・・事故後の支店長は私にとって違う人だった”と話すユク副支店長。

ジスが亡くなったはずの父親と電話しているところを見て、それをジスに尋ねるガンホ。
”パパは亡くなってない。亡くなったのはお前のお父さんだ”と言うジスに驚くガンホ。
”朝ごはんは神からのプレゼントだ”と話していた父親の口癖などをガンホに言って証明し、ヒョンチョルが自分の家で暮らし始めたことも話すジス。 衝撃を受けるガンホ。

落ち込むヨンファを心配し、”お姉さん、元気出して・・・”と声をかけるアト。
姿は見えないアトの声が聞こえ、気味悪がるヨンファ。

キム頭取によるオソングループへの不正融資への関与について、検察の捜査が始まった。
チャン・ギチョル殺害の容疑者の写真をヒョンチョルに見せるパク刑事。
ヒョジュの自宅から不正融資帳簿を手に入れ、パク刑事に渡すヒョンチョル。この不正を隠すために事件が始まったと推測するパク刑事。
ヒョジュと繋がっていて、社内システムを操作可能な人間を内部で探すと話すヒョンチョル。それが犯人だと考えるヒョンチョル。

人事部ウ・チャンチュン部長と会うヒョジュ。
ヒョジュがキム頭取と繋がり、ヒョンチョルのPCを操作していたところをユク副支店長に見られていたことを話すウ部長。
不安に思い、早くヒョンチョルを銀行を辞めさてほしいヒョジュ。
休職中の職員の名前を使ってした不正融資の事も、ヒョジュだけのせいにしようとするウ部長に驚くヒョジュ。

”いくら踏んでもブレーキが効かなかった”というヒョンチョルの話を思い出すヒョジュ。

ヒョジュの自宅に行き、”自首しろ。苦労して生きて来たじゃないか。母親の事も考えろ。お前を利用する人間にまたやられずに”と話すヒョンチョル。
”あなたの車にまで手を出すとは思わなかった・・信じて”と言うヒョジュの話に、ヒョンチョルBの車だけではなく、ヒョンチョルAの車のブレーキが壊されていたことに気付くヒョンチョル。

ヒョンチョルAの事故時、ブレーキが効かなかったことを思い出したヒョンチョルは、”お前には借りがある”と話していたウ部長の事が頭に浮かぶ。
雨の中、目の前で土下座するウ部長の姿を思い出すヒョンチョル。

目の前に現れ、”お姉さん、話をしよう。助けたいんだ”と付きまとうアトに戸惑い、怪しむヨンファ。
アトと一緒に飲みに行くことになるヨンファ。
働いている店にヨンファが若いイケメンと現れ、驚くサランw
”すみません・・全部私が悪いんです”とヨンファに話すアト。

ガンホと食事をしながら、成績の事ばかり言って今まで良くしてやらなかったことを謝るヒョンチョル。
”もうあんなこと(奇跡)を信じない。嘘だ。父さんはただ・・父さんだ”と言い、ヒョンチョルAが死んだと聞いて駆けつけた時が今までで一番悲しかったことだと話すガンホ。

ヒョンチョルが買って渡したおかゆをヘジンに食べさせるために用意するガンホ。
”母さんはもう父さんの事を恨まない?・・僕もだ”と話すガンホ。

スポンサーリンク

ヒョンチョルBは飲まなかったビールを飲むヒョンチョル。
ずっと”ヨンファ”と呼んでいたヒョンチョルBだが、ヒョンチョルはヨンファの事を”ジスのママ”と呼んでいた。
”気まずくないか尋ねたでしょう?本当に気まずくない?・・私が気まずい。戻って。ここにいないで、あなたが居たところに戻って。体が気楽な場所に”と話すヨンファ。
”努力しなくていい。私はあなたが幸せだったら良い。ここはあなたが幸せじゃないみたいだ”と言うヨンファに、”努力しているけど・・上手くいかない。。”と泣くヒョンチョル。
”愛している男はあなたじゃない。私をヨンファと呼んでくれる、私を世界で一番可愛いって思っているヒョンチョルで、今のあなたじゃない””私があなたを捨てる”と言うヨンファ。

プリを呼び出し、一緒に酒を飲むモドン。
ヒョンチョルAの妻も現在の状況を知っていると分かり、ため息をつくモドン。
ヨンファに出て行くように言われたヒョンチョルは、プリの家に行くことにする。
段々ヒョンチョルAのように戻っているヒョンチョルに、ヘジンの家に戻るように話すプリ。

ヒョンチョルをヘジンの元に行かせたことをモドンに話すヨンファ。
”ヒョンチョルはその家ではなく友達の家に行った”と話すモドン。二人の会話を聞き、ショックを受けるジス。

プリはヘジンに電話し、ヨンファがヒョンチョルを送り出したことを話す。

ヒョンチョルAの事故は偶然ではなく、殺すために車に細工をされたらしいとプリに話すヒョンチョル。
ヒョンチョルは、ユク副支店長を呼び出して事情を聴く。
以前”してはいけない事案を引き受けて・・・”と話したユク副支店長に、その事案を提案した人物はウ部長なのかと尋ねるヒョンチョル。
”どうしてそれを・・?”と驚くユク副支店長。
パク刑事に連絡し、ウ部長を出国禁止にするように話し、ヒョンチョルAの事故も調査するように頼むヒョンチョル。

パク刑事がヒョンチョルAの事故調査を始めたと分かり、焦るウ部長。

ヨンファを呼び出し、話をすることにするヘジン。
ヒョンチョルのために買ったスーツなどをヘジンに渡すヨンファ。
ヒョンチョルBに今まで高価な服を買ったことが無く、後悔していたヨンファ。
ヒョンチョルを送り出したヨンファの気持ちが気になっていたヘジン。
以前は貧乏でもヒョンチョルBと一緒にいるだけで幸せだったヨンファ。”だが今は一緒にいたらもっと寂しい。私が恋しかった夫ではない。何よりも私を愛していない”と話すヨンファ。
ヨンファに、ヒョンチョルBの写真を見せてもらうヘジン。

昔のヒョンチョルAとの言い合いを思い出し、”あの時、あなたを許していたら・・・私たちは変わっていただろうか・・?”と胸を痛めるヘジン。

ヒョンチョルを呼び出すヘジン。
”私たち、離婚しましょう”とヒョンチョルに言うヘジン。
”・・・そして、また始めましょう”と言うヘジン。

第16話に続く。

「私たちが出会った奇跡」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村