私たちが出会った奇跡 第8話あらすじ キム・ミョンミン キム・ヒョンジュ EXOカイ

スポンサーリンク

「私たちが出会った奇跡」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「私たちが出会った奇跡」8話予告動画

「私たちが出会った奇跡」8話あらすじ

”神による奇跡”について書き込みする掲示板に、自身たちが体験した奇跡を映した動画を投稿するガンホたち。

TVに映るヒョンチョルAが夫ヒョンチョルBと同じ癖をするのを見てしまったヨンファは、急いでヒョンチョルに会えるかと電話する。
だが、ヘジンと一緒にいたヒョンチョルは”今日は困ります。今妻と一緒にいる。明日なら会える”と答える。
それを聞き、また愛人と会う約束をするのかと不機嫌になるヘジン。

昔行ったレストランを思い出し、食事をするヒョンチョルとヘジン。
若き日のヘジンとの思い出と、ヨンファとの思い出が混乱するヒョンチョルに、”あの時も他の女が居たの??”と機嫌の悪くなるヘジンw
ヘジンの顔を見るヒョンチョルに、”どうして私をしきりに見るの?”と尋ねるヘジン。”綺麗だから”と答えるヒョンチョル。

以前見た、”死んだはずの人間が生き返った奇跡”というニュースを思い出すヨンファ。
ネットニュースを検索し、その葬儀場に確認しに行くヨンファだったが、その生き返った人間の情報は教えてもらえなかった。

2度も突然意識も無く踊り出したクムニョは、サランに連れられて精神科を受診する。
マオが化けた医師は、”踊ったからどうした?問題ない”と診断するw

休職した人間が融資を承認できるとは考えられず、”それならあの人が私に嘘を言ったのだろうか?”とつぶやくヒョンチョル。

ヒョンチョルが出演した経済番組を見たキム頭取は、ヒョンチョルの再起は難しいと考える。
なんとか番組出演を終えたヒョンチョルだったが、以前のヒョンチョルAとは全く違う姿だった。

”辞表を出す。頭取との間に有ったことは墓まで持っていく”と、キム頭取に申し出るヒョジュ。
それを取り合わず、ヒョジュにはヒョンチョルが居る支店で、副支店長にさせるつもりのキム頭取。
以前は可愛がっていたヒョンチョルにどうしてそこまでするのか尋ねるヒョジュに、”以前のソンヒョンチョルに戻った瞬間、難破だ。事故が起こる前に分かった。俺の側じゃないということが”と答えるキム頭取。

階段から落ちるのを天使(アト)に助けてもらった奇跡を体験したジスは、”神による奇跡”についての掲示板会員に登録する。
そこで、ガンホが上げた”奇跡”の動画を見るジス。

コンビニ近くに止めてあった車のドライブレコーダーから、例のヒョンチョルBのブレーキを壊した容疑者”ミスターハーバード”の姿を発見するパク刑事。

ガンホの友達が家に遊びに来たと聞き、中華料理をふるまうことにするヒョンチョル。
ヒョンチョルが料理ができることに驚くヘジンだが、”死んで生き返った人間は持ってなかった能力を持つことも多い”と話して、奇跡を信じているガンホ。

一緒に料理を作りながら、ヘジンの頬に付いた小麦粉をぎこちなく拭うヒョンチョル。

ヒョンチョルAの体に夫ヒョンチョルBが入ったんじゃないかと疑いを深めるヨンファだったが、家族にはそんなことは話せない。
世話になった”ヒョンチョルの友人”を家に招待するようにヨンファに言うモドン。

ブレーキを壊した人間が再び現れたから気を付けるようにと、ヨンファに連絡するパク刑事。

寝室で一緒のヘジンを意識するヒョンチョル。
以前と寝方が違うと言うと慌てて直すヒョンチョルに、”楽にして。あなたの好きなようにして。私はあなたの今がもっと良いわ”と言うヘジン。
初めて一緒に見た日本映画「ラブレター」の話題になり、ストーリーを説明するヘジン。
死んだ彼氏じゃないとは分かっていながらも、返事をくれるその同姓同名の相手に手紙を書き続けた映画の主人公。
その映画の内容をヒョンチョルに説明するヘジンに、”同姓同名だというだけで恋しかったんだだろう。運命だから。私もそんな人間を知っている。同じ名前の人・・”と話すヒョンチョル。
ヘジンがヒョンチョルAの初恋だったことを知るヒョンチョル。

スポンサーリンク

日曜なのに出かける誰かと約束をしているヒョンチョルに、嫉妬して機嫌悪くなるヘジン。

ヨンファと会うヒョンチョル。
ヒョンチョルの銀行職員が4人もヨンファの保険に加入してくれ、お礼にご飯をおごると話すヨンファ。
ヒョンチョルを、夫が運営するはずだった中華料理屋に連れて行くヨンファ。
引き継ぐはずだったヒョンチョルBが亡くなったため、他人のものになった中華料理屋で食事をする二人。
”私に言いたいことがあるなら今言ってください”とヒョンチョルに迫るヨンファだったが、ごまかすヒョンチョル。
ヨンファからポロシャツをプレゼントされ、感動するヒョンチョル。
今度、家に来るように話すヨンファ。

ヒョンチョルがどこに行っているのか、仕事中も気にするヘジン。

経済番組に出演し、”死んで生き返ってから、違う人間になった”とインターネットで話題になるヒョンチョル。
ヒョンチョルが番組に出た場面を以前と今回で比較する動画が話題になっていた。
発言内容や態度も全く違うヒョンチョルの姿はインターネットで盛り上がる。

問い合わせしていた海外養子の機関から、”母親についての情報は探せなかった”と回答が来て、落ち込むソンム。
そこで、店舗入り口に貼りだされたばかりのヘジンの企画したイメージアップポスター写真の少年を見るソンム。
そこにやってきたヘジンに、”本当にありがとう・・”と礼を言うソンム。

生活のためにキツい仕事を始めた父モドンを助けたいヒョンチョル。
莫大なヒョンチョルAの資産を、自分が使っても良いものか思い悩む。

ヒョンチョルが家に来ることになり、ヨンファたち家族総出で迎える準備をする。

”返すべきお金だから”と3000万ウォンの現金を持って来たヒョンチョルに驚き、遠慮するモドムたち。
”その代わり、今の工事現場の仕事は辞めてください。お父さんは腰も悪くて血圧も高いのに・・趣味を見つけてください。釣りに行ってください。最近は将棋を指しに行かないんですか?”と言うヒョンチョルに驚くモドム達。
久しぶりのヨンファの手料理を喜んで食べるヒョンチョル。そんなヒョンチョルの様子を眺めるヨンファ。ヒョンチョルも一緒にみんなで記念写真を撮る。

一緒に市場に行き、市場調査をするソンムとヘジン。
ヘジンの企画した店舗入り口のポスター写真に、慰められたと話すソンム。
母親を探せなかったと連絡が来たことを話し、’あの写真の少年がまさに自分のようだった。屈託のない笑顔の少年の写真に癒された”と言うソンム。
幼い頃にこの市場で母親を見失ったことや、”ここに来たら何か思い出すんじゃないかと思った”と話すソンム。
”お母さんを見つけられなくても、代表はすでに幸せな人間だ”と慰めるヘジン。

行員たちとのブランチミーティングのために、自身の中華料理をふるまうことにするヒョンチョル。
銀行内では、ヒョンチョルが銀行内で他社の保険を勧めたと告発が起こる。
ヒョンチョルの支店長としての能力を問う告発もあり、その内容を見た行員たちは固まる。
自身へ出た”待機”の辞令を見て、事態を把握するヒョンチョル。
同時に、副支店長の辞令を受けるヒョジュ。

ヒョンチョル抜きで、ヒョンチョルの料理を食べる行員たち。
”友達の奥さんの保険を助けたのがそんなに悪いことなの??だからってクビにするの??”と今回のヒョンチョルへの処分に納得できない様子の女子行員。
その話から、ヨンファがヒョンチョルの”友達の妻”だと知り、驚くプリ。

ヒョンチョルAのお気に入りの音楽を聴き、体の中にヒョンチョルAが蘇ってくるヒョンチョル。

訪ねてやって来たクムニョに、”もしかして息子さんは死んで生き返りましたか?”と尋ねるヨンファ。ヒョンチョルAが生き返ったことを話すクムニョ。
ヨンファをヒョンチョルAの内縁の妻だと誤解するクムニョに、”誤解です。私の夫が息子さんの代わりに死んだみたいです。。”と話すヨンファ。

キム頭取に直談判しに行き、”1カ月だけ時間をください。1カ月以内にまた業績を1位の支店にする”と迫るヒョンチョル。”そうしてみろ”と受け入れるキム頭取。
何者かに、”ヒョンチョルの記憶が戻ったようだ”と電話をするキム頭取。

ヒョンチョルに会いに行こうとタクシーに乗るヨンファ。ヨンファを車に乗せたのはマオだった。
銀行に行くはずだったが全然違う場所で降ろされるヨンファ。

同じように、マオに連れられて同じ場所にやって来るヒョンチョル。

”ジスのパパ・・・あなたでしょ?”と言うヨンファに驚き、”私じゃない・・・違う”と否定するヒョンチョル。

第9話に続く。

「私たちが出会った奇跡」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村