ラジオロマンス 15話あらすじ ユン・ドゥジュン キム・ソヒョン HIGHLIGHT BEAST

スポンサーリンク

「ラジオロマンス」キャスト・登場人物はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「ラジオロマンス」15話予告動画

「ラジオロマンス」15話あらすじ

スホに、”スホさんがウ・ジウを殺したってどういうことなの?””どうして私にジウだと言ったの?”と尋ねるクリム。
昔、スホの近くにもう一人少年が居たことを覚えていたクリム。

クリムに、ジウの事を話すスホ。
”ジウは16歳の時死んだ。俺のせいで・・・”と話し出すスホ。
病院で出会い、余命少ないがは明るく生きていたジウが人生で唯一の友達だったスホ。
そして、ジウが好きだったクリムに出会ったスホ。
ムン先生のラジオの歌王戦の決勝に残ったジウ。
”優勝したらクリムに告白する”とスホに話していたジウ。

クリムが”ウ・ジウ”だと思っていたのは、自分だったと話すスホ。
友達ジウが好きなクリムを自身も好きになり、ジウに隠れてクリムに会っていたスホ。
ある日、クリムにキスする場面をジウに見られてしまう。
スホの携帯には”今日は歌王戦の決勝の決勝だ。必ず来い”とジウからメールが送られて来た。
ラジオ局の前に行ったが、見ずに帰ろうとしたスホ。
ジウの姿を見て、去っていこうとするスホを追いかけるジウ。そのせいで交通事故に遭って亡くなったジウ。
ショックを受け、ジウの葬式にも行かずに引きこもって寝ていたスホ。それ以来、ずっと不眠症になったスホ。

”もうお前に会いたくなかったが、会ったら自分もどうしようもなかった・・ダメなことだと分かっていたが、お前を好きになっていった”とクリムに話すスホ。
”スホは私を見ながらジウの事を思い出してたのね・・”と慰めるクリム。

真実を話してクリムの気持ちを心配するスホに、”スホはスホで。ジウはスホが一番好きな友達で。今私はスホを愛している”と話すクリム。

スホの誕生日パーティーの準備を進めているジュハ。
仕事も干され、連絡を絶ったユンソクに腹を立て、スホ達が仮面家族だということをばらすと脅すダスル。
そのダスルの処理まで頼むユンソクに、”私が流産した日に外から連れてきたのがスホだ”と責めるジュハ。
仮面家族だと世間にバレたら終わりだと、焦るジュハ、

記者たちが集まる誕生日パーティーに出ろと言うユンソクに、”行かない”と拒絶するスホ。

12時が過ぎてスホの誕生日になり、”お誕生日おめでとう”と言うクリム。喜ぶスホ。
ずっと薬無しでは寝られなかったスホに付き添い、眠らせるクリム。

スホの誕生日パーティー会場に現れたダスルに驚くユンソク。
”お前が私にしたことをばらしてやる”と言うダスルに怒り、”ユンソクとの不倫説が流れたらお前も破滅だ”と脅すジュハ。

母親に作り方を尋ね、誕生日のスホのためにわかめスープを作るクリム。
クリムのおかげで、薬なしでもぐっすりと眠れたスホ。

わかめスープを用意して誕生日を祝ってくれるクリムに喜ぶスホ。

誕生日パーティーが始まる時間になるが、スホが来ずに電話も取らずに苛立つジュハ。
パーティーの出席者たちに”スホは体調が悪くて来れない”と話し、謝罪するジュハ。

昔、ジウから託されていた手紙をクリムに渡すスホ。
”最後にクリムに渡してくれ。決勝で優勝したら直接話すから”と言ってジウがスホに託した手紙を読むクリム。
それを読んだクリムは、”これは私に書いたんじゃなくて、スホさんに書いたようだ”とスホに言う。
そのジウの手紙の内容は、スホに宛てたものだった。
スホがクリムをすごく好きだということを感じ、スホがクリムに手紙をもう渡していないことにも気づいていたジウ。
そして、大好きなスホとクリム二人の幸せを願っていたジウだった。
”いつこの手紙を読むかわからないが、スホ、俺が居なくてもお前はいつも幸せでいてくれたらいい”と書いていたジウ。
”私がジウとスホの愛に私が割り込んだように感じるわ。ジウがスホの誕生日にすごく良いプレゼントをくれたね”と話すクリム。

スポンサーリンク

酔って”口を閉じていると涙が出てしまう”と言ったテリを、公園に誘い出すキム室長。
ぶつかりそうな自転車からテリを守るキム室長。
”マネージャーしないなら恋人ね。私たちが一緒にいる理由は他にある??””勇気のない男め、告白もできてなくて”と言ってふてくされるテリに、キスをするキム室長。

ガンPDから呼ばれ、ラジオ放送のためにラジオ局に向かうクリムとスホ。
ラジオ放送を終えたスホをキム室長が迎えに来る。
自身の誕生日パーティーに不参加だったスホの事がネットで話題になっていた。
ジェイソンがジュハと繋がっていることをスホに話すキム室長。

ジェイソンを使ってスホを監視し、スホを”正気”にさせたかったジュハ。
だが、スホが思い通りにならずにジェイソンに不満をぶつけるジュハ。

ジェイソンの部屋で”スホは殺人者だ”というはがきや、スホに関する報告書を見るスホ。
ジウの後に、唯一信じられる友達だと思っていたジェイソンがジュハに言われて自身を監視して報告していたと分かり、ショックを受けるスホ。
”お前がしたのは治療じゃなく、傷つけたんだ”とジェイソンに怒り、家を出ていくように言うスホ。

ジュハたちの会話を録音していたダスルは、それを証拠にユンソクとの不倫をマスコミに流す。
”国民の夫”として好感度抜群だったユンソクと若いダスルとの不倫は、世間で大きな話題となる。

”スホは好きな人にはいつも本当の表情を見せている”と話し、スホがジュハにはいつも本心で話していることを気付かせるクリム。

家族の事で記者会見をするつもりのスホは、もしかしたらラジオ番組に迷惑をかけてしまうかもしれないと、先にガンPDに話をするスホ。
ダスルの暴露によって大きなスキャンダルになり、ショックを受けるジュハ。
そんなジュハに、”私が解決する。私たちに少しでも幸福な機会があるなら、それは今だから”と話すスホ。

一人でやけ酒を飲むユンソクに、”父さんは今母さんのそばにいるべきでは?父さんはこんな状況でも自分の事だけですか?一度だけでも母さんの事を考えてください”と苛立つスホ。
ジュハの事を何があっても崩れない強い女だと思っているユンソクに、”母さんは父さんがいない間、いつも崩れていた”と話すスホ。

マスコミを集め、今回の騒動について記者会見するスホ。
”私の家族が仮面家族なのは真実だ。ご存知の通り、私は代表(ジュハ)の息子ではない。両親が嘘をついていたのは全て私のためだった。私が居なければこの嘘も始まらなかったかもしれない。それにも関わらず母さんは私を息子として育ててくれた。本当の母親ではないが、私がここに来るまで最善を尽くしてくれた。子供の時間をずっと一緒にいる人を母親だと言うなら代表は私の母親です”と話すスホ。
そのスホの言葉に感動するジュハ。

今回のスキャンダルで、ドラマを降板することになるスホ。スホたちを悪く言う人たちに腹を立てるテリ。
録音でスホ達を脅していたが、本当はバラす気はなかったテリ。後悔し、渦中のスホを心配するテリ。

スホの番組をこれからどうするか悩む局長。このままスホで行くと話すガンPD。

”これからどうやって外を歩けばいいんだ”と飲んでスホに当たるユンソクに怒るジュハ。

自分のためにクリムが傷つくことになるかと考えるスホ。
電話をかけてきたクリムに、”マネージャーの家に居る”と嘘をつくスホ。それが嘘だと分かるクリムは、スホを探しに行く。

スホを見つけ、抱きしめるクリム。
”スホがクリムの横に居てもいいか、そんな風に考えた?私がスホを抱きしめた時どんな決心をしたかわかる?””スホが良いときだけ、華やかな時だけ抱きしめる人じゃない。私は。”と話すクリム。
スホにキスするクリム。

第16話(最終回)に続く。

「ラジオロマンス」キャスト・登場人物はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村