黄金色の私の人生 あらすじ39話 パク・シフ イ・テファン 5urprise

スポンサーリンク

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「黄金色の私の人生」39話予告動画

「黄金色の私の人生」39話あらすじ

テスの病気は「想像ガン」で、精神的ストレスのせいで現れた症状だと話す医師。
テスの死にたいと思う気持ちががんの症状を引き起こしたと分かり、ショックを受けるミジョン達。
”うつ病も重いだろう”と、精神科へ引き継ぐと話す医師。
自身が死のうとした時の事を考え、テスの気持ちを思って泣くジアン。

テスの行方を探し、テスが家族に言っていた勤務先を2年前に辞めて、それからずっと日雇い労働をしていたことが分かるジテやジアン達。
”携帯電話を捨てていたらどうしよう・・”と心配するジホに、自身が死を決めて携帯電話を捨てた時の事を思い出すジアン。
”父さんは家族が心配しているのを知っているから、たまに電源を入れるだろう”と話すジアン。

自身が死のうと山に行ったことや、死の淵で今までの人生について後悔した事をジテに話すジアン。驚くジテ。
今からでも好きなデザインを学び、気楽に生きていこうとしている事を話すジアン。

”初デート”を楽しむヒョクとジス。
ジスを最初に誤解して嫌だったことを話すヒョク。
どうして好きになったのかと尋ねるジスに、”誤解が解けながら嫌っていたことが申し訳なくて・・お前のレシピノートを偶然見たんだ。お前に夢があることが分かって・・去って行く姉さんを追いかけて転げてケガをしているのにも気づいてなくて・・感動したというか・・”と話すヒョク。
”ただ、お前だから好きなんだ”と言うヒョクに感動するジス。

ユ秘書と共に氷工場のアルバイトを終えるドギョン。
”もうジアンとは関係ない。祖父と俺との戦いになった”と話すドギョン。

ジスの願いを叶え、人の多い通りをジスと歩くヒョク。楽しいデートをする二人。
家まで送ろうとするヒョクに、”親が厳しくて・・”と家の事を隠すジス。

ヨングクから”ジアンの父親の具合が悪いらしい・・”と聞き、テスが倒れた時のことを思い出すドギョン。

ヒョクからジスと付き合い始めたと聞き、驚くジアン。

”お父さんの具合はどうなんだ?”と尋ねるドギョンに、”大丈夫だ。心配するほどじゃない”と話すジアン。
“お前にとって俺は何でもないのか??お前は俺を好きじゃないか!お前はどうして俺を看病したんだ?俺が可愛そうに見えたのか?だから父親が倒れたことを俺に一言も言わず看病したのか?お前が辛いのを他の人は知っていて俺は知らないようにして”と怒るドギョン。
”ヨングクさんはボスだから早退する理由を話さなければならない”と話し、”私たちはもう終わったんじゃなかったの?”と言うジアンに、気持ちと行動が違って”卑怯だ”と言うドギョン。

寝る前にも、メッセージのやり取りをするラブラブなジスとヒョク。
”ソンウ室長”と呼んでいたヒョクの事を”ヒョク”と呼ぶことにするジス。
ジスに、会おうと連絡するジアン。

テスの携帯の着信履歴に、故郷の江原道の番号があったことに気付き、ジテに話すミジョン。
”スアと何かあるんじゃないの?”と心配するミジョンに、”定期的に研修があるんだ”と誤魔化すジテ。

結婚して大黒柱となったナムグはパンの生産量を増やそうと考える。
今までパン作りを教えてきたジスに、これから早朝から実践させることにするナムグ。

デザインスクールの生徒から、アイデア公募が行われることを知るジアン。

ジスに、”ヒョクと付き合うことになったなら、私たちが姉妹だという事を言わないと・・”と話すジアン。
ヒョクに、ジスがヘソングループの娘だという事を早く伝えるべきだと考えるジアン。
”もう少ししてから・・私も考える時間が必要だから”と話すジス。

工房でアルバイトしているドギョンを見て、驚くジアン。
ヨングクから、ドギョンの事業投資をノ会長が全て潰したことを聞くジアン。
家に帰るように話すジアンに、”俺はいつか家に帰る。後継者の椅子も捨てない。だが、祖父の言いなりの部品のように生きるのは嫌だ”と言うドギョン。

ワッフル店のフランチャイズの契約金を500万ウォン支払ったジホだったが、それが詐欺だったと分かる。

工房でアルバイトをするドギョンを訪ねてくるジェソン。
こっそりと抜き取ったドギョンの車の車載カメラのメモリをドギョンに渡すジェソン。
そのメモリから車の中のジアンやソラとの会話なども見たジェソンだったが、ミョンヒ達は知らないと話す。
”ジアンを諦めて戻ってこい。お前はあの子を幸せにすることはできない”と話すジェソン。
ジアンと同じように普通の家からヘソンの家に入って暮らして来たジェソンが下した結論は、”ジアンも俺のように暮らすこととなる。愛が何でも勝つと思っていた頃もあった・・俺だけが努力すればいいと思っていた・・”と話すジェソン。
父ジェソンがそんなに苦しんで暮らして来たと知らずに驚くドギョン。
”お前は祖父、ヘソンに勝てない。そう忠告しに来た”と言うジェソン。

テスの故郷の江原道の会館に連絡し、テスの行き先を突き止めたジテ。
田舎の家に行き、テスを見つけるジアンとジホ。
倒れた時のために書いていた連絡先の張り紙を見るジホとジアン。
何もないボロ屋に住んでいるテスの様子を見て帰る二人。

手術の日、病院の前に来ているジテの姿を見つけるスア。
”離婚しよう。代わりに子供を産んでくれ。産んでから離婚しよう。お前に子供を育てろとは言わない。子供は俺が育てる”と言い出すジテに驚くスア。
無視して堕胎しようと病院に入るスアを、”それが不法なのを知ってるだろう?通報する”と脅すジテ。
スアのお腹の中の子供は、結婚前に出来た子供だった。”俺たちの行動に責任を取ろう”と言うジテ。
スアを送って行き、テスからのプレゼントを手渡すジテ。

ジアンの提案で、テスに”想像ガン”だということを伝えないことにした家族。
テスが思っている通り、胃がん末期の振りにすることにする。
事業が潰れて辛かった思いをずっと我慢して笑っていたテスが、自分の事で一気に爆発したと考えるジアンはこのままテスを放っては置けない。
テスの”想像ガン”を無くすために、原因である”家族から裏切られた気持ち”を取り除こうと考えるジアン。

スポンサーリンク

”フランチャイズは止めておけ”とテスから言われていたのに、詐欺に遭ってしまったジホ。
フリーマーケットから始めてみては?と話し、ジホのためにイヤリングを作る事に決めるジアン。

”本格的にパンの補助をするから明日から明け方に家を出る”とミョンヒに話すジス。
”もうパン店を辞めろ。留学の日にちを決めた”と言うミョンヒに驚くジス。
ジスの学歴を補うためにフランスへパン留学させ、戻ってきたらパン事業を始めさせるつもりのミョンヒ。
”私は絶対に行かない。私の人生は私が決定する”と反発するジス。
”私はソ・ジスだ。これからもソ・ジスとして生きていきたい。比較もされずに愛されたソ・ジスとして生きたい”と言うジスに、驚くミョンヒ。

夜、工房のパソコンで作業するドギョン、そこにやって来るジアン。
イヤリングを作るために、工房から出る廃材を探すジアン。

平然としているジアンにイラつき、”どうして仁川から写真を送って来たのか?どうしてカバンを置いて行ったのか??””どうしてヒョクに連絡したんだ??”と問いただすドギョン。
”携帯は形跡を全部消して捨てようと思っていたが、ドギョンさんの写真を見つけて・・写真も他人のものだから・・カバンを置いてきたのも知らなかった・・”と説明するジアン。
怒らずに落ち着いているジアンに苛立つドギョン。
ドギョンから、ジアンを探していたテスが会社で倒れて病院に連れて行ったこと、テスが警察署に女性の変死体が無いか尋ねて行っていたことを聞き、驚いて泣くジアン。
”父さんに言ってくれてありがとう。父さんの面倒を見てくれてありがとう”と言うジアン。

ジアンが”携帯は形跡を全部消して捨てようとしていた”という言葉を思い出すドギョン。
”そんなことできる人がジアンをあんな状況にするのか?やっと元気になったジアンを放っておいてくれ”と怒ったヒョクの言葉や”人生の峠を越えた”と言ったジアンの言葉が気になり、あの時カバンも財布も持たずに仁川に行ったジアンに疑問を持つドギョン。

ユ秘書から車を借りて仁川に向かい、ジアンを雇っていた海辺の老人の元を訪ねて事情を聴くドギョン。
老人から、ジアンが山で薬を飲んで死のうとしていたことを知るドギョン。

ショックを受けるが、今までのジアンの気持ちが分かり、泣くドギョン。

第40話に続く。

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村