お膳立てする男 35話あらすじ 少女時代スヨン オン・ジュワン シム・ヒョンタク

スポンサーリンク

「お膳立てする男」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「お膳立てする男」35話あらすじ

自宅に帰りたくないと話すヨンジュを連れ、ハンギョルと共にペンションに行くことにするソウォン。

ソウォンとヨンジュが消え、シンモの家に”ソウォンがヨンジュを拉致した”と怒鳴り込むチュンオク。

ハンギョルを憎んでいた時も、ハンギョルはいつもヨンジュの事を好きだった。
もうハンギョルを憎めなくなったヨンジュ。
ママの代わりにいつもヨンジュの絵を描いていたハンギョルのスケッチブックを見せるソウォン。

ヨンジュに、心配するチュンオクに電話をかけるように言うソウォン。
”気晴らしに来ている”と言ったヨンジュがソウォンと一緒に居ると考えるチュンオク。

終わったと思っていたソウォンと一緒に居られることが信じられず、幸せを感じるヨンジュ。

ファヨンとジョンドが自分たちの前だけで仲良くしていると分かったウンビョルは胸を痛めていた。
エリの話を一方的に信じるファヨンに、”ルリという人を誤解しているのでは?テヤンとルリの話も聞いてみたら?”とアドバイスするジョンド。
”俺はエリさんより、自分の息子を信じる”と話すジョンド。
ジョンドの話を聞かず、ルリの母親と同じ店でアルバイトするウジュを辞めさせることにするファヨン。

ソン社長から、店の売り上げに貢献するヨンへは車をインセンティブとしてプレゼントされる。

ルリから”テヤンの母親からも嫌われている”と聞き、驚くヨンへ。テヤンとの仲を諦めているルリ。
ウジュにルリの家と関わって欲しくないファヨンは、無理やりアルバイトを辞めさせようとする。
そのファヨンの姿を見たヨンへは、一方的にルリを嫌うファヨンに納得できない。
”ルリのせいで人が死にそうになり、破談になった”と言うファヨンに驚くヨンへ。
”私から言うのは嫌だから、あなたが母親にグアムでどうしてクビになったか話せ。話したらあなたがどんな人間かお母さんもわかる”とルリに言って帰って行くファヨン。
そのファヨンの話を聞き、エリに陥れられたことに気付くルリ。
今までエリに苦しめられてきたことをヨンへに話し、”これから私が明らかにする”と言うルリ。

朝、まだチュンオクが家に居ることに驚くシンモw
”ソウォンはヨンジュとは関係ないから出て行ってくれ!”と怒鳴るシンモ。
携帯にペンションでカード決済をした通知が来て、そのペンションに向かうことにするチュンオク。
ソウォン達とペンションに1泊延長することにしたヨンジュだった。

シンモ姉とペンションに向かうチュンオクは、無理やりにでもヨンジュを連れ帰ろうと考える。

スポンサーリンク

ハンギョルと一緒に朝食を取るソウォンとヨンジュの姿を見つけるチュンオク達。
食事が終わってからにしようと怒るチュンオクを止めるシンモ姉。

“私はいままでずっと幸せだった。今みたいにお金持ちじゃなかった時も私が望むことはママが全部してくれたから・・・ママのおかげでずっと幸せだったけど、あなたと一緒に居る時が一番幸せ。ママがいくら私を愛してくれていても、与えることが出来ないものだ。今分かった。あなたの隣が私の居る場所で、一緒に居るから生きる理由がある”とソウォンに話すヨンジュ。
そのヨンジュの言葉を聞き、泣きながら帰って行くチュンオク。
同じ母親として、ショックを受けるチュンオクの気持ちを理解するシンモ姉。
”子供の人生を親が作ることが出来ると考えるのは錯覚だ”とチュンオクに話すシンモ姉。
自分自身も、息子を思い通りに出来なかった事を話し、説得するシンモ姉。

ウジュを通じ、ファヨンに連絡を取るルリ。
だが、ルリの話を聞くつもりのないファヨン。
そんなファヨンに、”両側の話を聞け。俺はテヤンを学生のころから知っている。ケビンと一緒にテヤンを不幸にしたら許さない”と言うジョンド。
ジョンドとウンビョルから、エリが怪しいと聞くファヨン。
ファヨンが持っていたケビン会長の若い写真を見ていながら、エリが黙っていたことを知るファヨン。

テヤンを傍に置いていたいが、いつまでもルリの事を言うテヤンをアメリカに行かせようと考えるケビン会長。
テヤンから離れると言いながら、テヤンに電話をかけてくるルリに怒るケビン会長。

ルリを心配してやって来たテヤンに、ファヨンもルリを誤解していると話すヨンへ。
こうなったのはエリの仕業のようだとテヤンに話すエリ。

ファヨンを訪ね、高級バッグをプレゼントして機嫌を取るエリ。
テヤンをアメリカに行かせるように協力して欲しいとファヨンとジョンドに話すエリ。
ケビン会長の写真をエリに見せ、”この写真見たことがあるでしょう?”とエリに尋ねるジョンド。”よく覚えていない”と誤魔化すが、動揺するエリ。

ファヨンから疑われているようだと本部長に話すエリ。
以前、キム室長から吹き込まれた”最後の方法”と使うと話すエリに、反対する本部長。

ケビン会長を食事に誘うファヨン。

テヤンとルリの縁談を何もせずにこのまま壊してはならないと考えるヨンへ。
スミに面会に行くが拒否されてしまい、仕方なく手紙を預けることにするヨンへ。
シンモもルリの事を解決するために同じようにスミに面会に来た事が分かり、見直すヨンへ。

ルリと別れさせるためにテヤンをアメリカに行かせることに決め、シンモやルリの話を聞く気の無いケビン会長。

ルリ側の話も聞いてみようと、ケビン会長と一緒にヨンへ達と会うことにしたファヨン。シンモとヨンへをファヨンが呼んだと分かり、驚くケビン会長。

第36話に続く。

「お膳立てする男」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村