黄金色の私の人生 あらすじ31話 パク・シフ イ・テファン 5urprise

スポンサーリンク

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「黄金色の私の人生」31話予告動画

「黄金色の私の人生」31話あらすじ

ヘソンを離れて自身の力で事業をしたいと言い、退職届を出すドギョンに怒るミョンヒ。
今までノ会長の言うとおりに生きてきたドギョンは、これからは後継者として生きるのではなく、自分の能力で自分が生きたい道を、幸せになる方法を探したいと話すドギョン。
”ドギョンには女が居る”と言ったノ会長の言葉を思い出すミョンヒ。

ギジェにヘソンを出て独立して事業をする話をするドギョン。
反対するキジェに、”ジアンだけのせいじゃない。自分が思うとおりに生きてみたい。もっと手遅れになる前に”と話すドギョン。
自身が持つ不動産などの資産を処分して事業資金に充て、ギジェと一緒に事業するつもりのドギョン。

”私がその子に会わなければいけないの?”とドギョンを脅すミョンヒ。
”話したことを、そのまま認めてくれたら嬉しい”と話すドギョン。

ソラ母に謝罪するミョンヒ。
ソラが”そういうこともある。卒業してから解決したらいい。時間を置く”と話したと聞き、まだドギョンたちの縁談に望みがあると喜ぶミョンヒ。

家に戻る足取りの重いジス。
フランス語をジスに習わせることにしたミョンヒ。
パン作りの好きなジスをフランスの製パン学校に留学させるとジェソンに話すミョンヒ。

ドギョンが突然独立を言い出したのは、ヨーロッパ支社への辞令を取り消させるためだと考えるミョンヒ。
“ヨーロッパ支社行きを取り消すから戻れ”と言うミョンヒに、”もう退職届を出した”と言うドギョン。
ヘソンだけではなく家も出るとまで言うドギョンに驚くミョンヒ。

大学時代の友人を頼って地方に行くことに決め、そこで今後の事をゆっくりと考えることにしたヒ。

”婚約はもうした”とカマをかけたソラの言葉に驚き、ショックを受けた自身に驚いたジアン。
もう大企業の正社員を目指すことを止め、これからは自分のために生きることにしたジアン。
当分は工房で契約社員として働くとヒョクに話すジアン。

アメリカに戻るソラを空港に送って行くドギョン。
ソラがドギョンに好きな女性が居ると気づいたのは、その眼差しがアメリカに居る彼氏がソラに送ったものと同じだったからだった。
”彼は養子で養父母が黒人だ。結婚は条件を合わせてして、こっそりと恋愛だけして終わらせようとしてたのに。ドギョン兄さんに女がいなかったら終わらせたかもしれない”と話すソラ。
”言い訳が必要だったんじゃないか?婚約も私が先に壊すのを望んでいたんじゃないか?いや、私が破ると思ったのではないのか?”と言うドギョンに、”そうなのかも・・ドギョン兄さんの眼差しを見ながら彼の事を思い出していた・・”と話すソラ。
家を捨てて彼の元に戻る決心をし、”韓国を無事に出国し、シカゴにまで行けるようにしてくれ”とドギョンに頼んだソラだった。

ソラがジアンに会ったことが分かり、驚くドギョン。
”ジアンさんはドギョン兄さんに気持ちがある”と話すソラ。
オーダーした照明がドギョンの事務所に届くことを伝え、”私からのプレゼントだ”と話すソラ。

ヘソンアパレルに変装して配達に行くジアン。
白々しく、ジアンが配達に来るのを知らないふりをするドギョンw
”どうして婚約者まで来るようにさせたの??おかしいんじゃないの??婚約までしておいて!”と怒るジアンに、”おかしくない。ソラは婚約者ではない。婚約も結婚もしない”と言うドギョン。驚くジアン。
代金を受け取らずに駆け出してしまったジアンは、慌ててドギョンの事務所に戻る。
だが、”副社長は会議に入った”と言われ、代金を受け取れなかったジアン。

ジアンが作った照明に大満足のドギョン。
また代金を支払うというジアンに会う口実を作るドギョン。

ヘソンアパレルに貼り出されていたドギョンのヨーロッパ支社への辞令を見るジアン。
ドギョンがまさか自分のためにソラとの婚約を止めて左遷に遭ったのではないか?と考えるジアン。

ノ会長の指示でジスをフランス留学に行かせることになり、今までノ会長の意のままに生きてきたドギョンも独立を選んだ。
ウンソクが行方不明になった時、ウンソクの捜索よりも自身の対面を気にしたノ会長の事を思い出すジェソン。
ウンソクがパーキングで居なくなったのを隠し、事故現場で居なくなったように発表させたノ会長だった。

胃の調子が悪く、パンも作れないナムグ。
ヒがカフェを他の人に任せ、地方に行くことを知り驚くジス。

ヒョクに自転車に乗せてもらい、慌ててナムグに伝えに行くジス。
ヒが地方に行ってしまうと聞き、慌てて飛び出すナムグ。

タクシーで去ろうとするヒを追いかけるナムグ。
追いかけるが、途中で倒れてしまうナムグ。驚き、タクシーを止めるヒ。

転げて足を擦りむいたジスの手当てをするヒョク。
”あの二人は別れたのにどうしてそんなに走ったんだ?”と言うヒョクに、”別れられなかったから。ナムグにとって一生忘れられない人だからそのままにして置けなかった””唯一の愛だと言っていた”と話すジス。

急性の胃潰瘍と診断され、医師から入院治療を勧められるナムグ。付き添うヒ。

スポンサーリンク

工房の給料日になり、ジアンも今までのアルバイト代を受け取った。
ジテに連絡し、一緒に食事をする約束をするジアン。

生理が遅れているが、それをジテに言い出せずに悩むスア。

大家であるソクドにテスが家を出ると言ったことが分かり、驚くミジョン。

両親から騙されて財閥の家に送られたジアンが、思ったより早く戻って来たと感じるジテ。
すり替えられたと知った時にジテに言うべきだったのかと考えるジアン。
”もしあの時知っていたら、俺が結婚しなかっただろう”と話すジテ。
ジテ達への結婚のプレゼントとして照明を作って贈ろうと考えるジアン。

ミジョンから、テスが現在の家を解約するつもりだと連絡を受け、慌てて家に戻るジテ。
現在の借りている家を出て、その戻って来る保証金をジテに返すと話すテス。
遠洋漁業に出ると言うテスに、驚くジテ達。

ミジョンに一人暮らしするように言い、”子供たちに世話になることは考えるな”と釘を刺すテス。

”どっちにしても保証金はジテのお金だからこのまま住んでも構わないんじゃないの??”と現在の家にこのまま住もうとジテに話すスア。

”ジスが脱走して家の雰囲気がシベリアだった”と言うソヒョンに驚くジホ。
ジスを心配するジホを見て、どうして家族は私を心配しないんだろうと拗ねるソヒョン。
”本当にあの家の娘かどうかわかる方法を教えてやるから、姉さんの脱走事件の事を話せ”と言うジホ。
仕方なく了承するソヒョンに、”DNA検査したら分かる”と話すジホ。

ヘソンアパレルでの仕事を終えるドギョン。
”代金を支払いに来た”とジアンに会いに工房に行くドギョン。
”みんなで食事をする約束がある”と嘘を付き、すぐに追い返すジアン。

独立をすると言い出したドギョンに会いに来るノ会長。
自身が与えた財産で事業を始めようとするドギョンに、”それはヘソンの孫だから与えた金だ。プライドがあるならヘソンから貰ったお金を使って出たらダメだろう?選択しろ、独立か、チャン・ソラとの結婚か”と言うノ会長。
”独立します”と即答するドギョン。
車や、高級時計、ドギョンのクレジットカードなど全て取り上げ、財布に残った現金の持ち出しだけを許したドギョンに、すぐ出て行くように言うノ会長。
身の回りの荷物も持てず、着の身着のまま家から追い出されるドギョン。

第32話に続く。

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村