帰ってきたポクダンジ 120話あらすじ カン・ソンヨン コ・セウォン イ・ピルモ

スポンサーリンク

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「帰って来たボクダンジ」120話あらすじ

ミンギュが最期、自分ではなくダンジたち家族を選んだことをチェ秘書から聞いてショックを受けるソジン。
”事故現場にソジンが居たことを黙っておけ、そうしなければ家族は無事でいられない”と脅すウン女史に、”全部話す”と拒絶したミンギュだった。

”一日だけ時間をやる。自首しろ”とソジンに言うチェ秘書。

ミンギュが自分よりダンジたち家族を選んだということを、受け入れられないソジン。

家族みんなでミンギュの法事の準備をする。そこに現れるソジン。
ジュシンの合併書類を差し出し、ウン女史との示談を土下座して求めるソジン。
ミンギュの遺影の前で示談を求めるソジンに怒るハクボン。そんなソジンを連れ出そうとするジェヨン。
そのソジンの姿を見て泣くソンヒョン。

ソンヒョンの様子がおかしいことに気付くジョンウク母。
塞ぐソンヒョンを心配するダンジ。

チェ秘書が言った言葉が真実なのか、ウン女史に尋ねるソジン。
それが真実だと分かり、”母さんも、あの人も私のせいでこうなったのね・・・”とショックを受けるソジン。
ウジン母に預けたお金の入ったカバンを取りに行くようにソジンに言うウン女史。

その大金の入ったカバンを取りに行くソジン。
ソジンにはお金などどうでもいいが、ウン女史の罪を軽くするためには必要になるかもわからなかった。

ソジンに会い、ウン女史に罪を認めさせるように説得するジョンウク。
応じようとしないソジンに、”ソジン!一時は愛していた男として、お前がこれ以上壊れるのは見ていられない”と言うジョンウク。黙って出て行くソジン。

ウン女史の裁判の日、チェ秘書がダンジの事務所に向かったと聞き、検事側で証言することが分かるソジン。
怒ってダンジの事務所に乗り込み、チェ秘書に怒鳴るソジン。
そのまま真実を証言し、自分も刑務所に入る覚悟のチェ秘書。

ウン女史の裁判は始まり、ソジンやダンジたち家族も傍聴する。
証言台に立ち、”事故発生時、ミンギュを病院移送するのを止めたのもウン女史だった。ウン女史はミンギュ氏を二度殺した”と証言するチェ秘書。
そして、ミンギュを自分のせいじゃなく自殺で死んだように見せかけるようにしろとチェ秘書に話したウン女史の肉声も法廷に流れる。怒るダンジやハクボン。
”それが母さんだという証拠があるの??”と大声を出し、法廷から追い出されるソジン。

ダンジを呼び出し、示談書を差し出して判を押すように言うソジン。
ジェジンは不起訴処分になってジュシンに戻って来る。
勝手にソジンが作成したジュシンをエイジ―に合併させる書類を見て怒り、その書類を破り捨てるジェジン。

シン会長の事故を指示したソジンを警察が捕まえにやって来る。
止めるパク会長の手も振りほどき、逃げるソジン。

スポンサーリンク

”母さんに話がある・・”とソンヒョンから呼び出されるソジン。
”母さんがヘッサルのお父さんに悪いことしたの・・?友達からお母さんが悪い人だって言われた・・悪い人じゃないよね?”と尋ねるソンヒョン。

ヘッサルから”ソンヒョンが女性の車に乗って行ってしまった”と聞き、驚くダンジたち。
ソジンがソンヒョンを連れ去ってしまったと、慌てる家族たち。

ソンヒョンを乗せたまま、車で逃走するソジン。
ソジンが飲み物を買いに行った間、ホームレスから車の窓を叩かれるソンヒョン。
怖がるソンヒョンはダンジに電話をかけて助けを求める。
”おじさんの墓の近くみたいだ・・”と話すソンヒョン。
また窓を叩くホームレスに驚き、車から飛び出すソンヒョン。
車に戻ってみるとソンヒョンがおらず、慌てるソジン。

ソンヒョンを探していると、ソンヒョンを探しにやって来たダンジに気付き、驚くソジン。
”あーー!!”というソンヒョンの悲鳴に気付き、駆け寄るダンジ。後を追うソジン。

木材がソンヒョンに倒れ掛かり、慌てて庇うダンジ。”ソンヒョン!!”と叫ぶソジン。

第121話に続く。

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村