黄金色の私の人生 あらすじ15話 パク・シフ イ・テファン 5urprise

スポンサーリンク

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「黄金色の私の人生」第15話予告動画

「黄金色の私の人生」第15話あらすじ

「私じゃない。私はウンソクじゃない。本物のウンソクは妹だったジスだ」とドギョンに告白するジアン。
”どういうことだ??”と戸惑うドギョンに、”多分、母さんが言ったようだ・・””確認したわけじゃないが、私じゃないことは確かだ。失踪したウンソクの写真は私じゃなくてジスだった”と話すジアン。
あの母ミョンヒが確証も無くジアンをウンソクと信じたとは思えないドギョン。
”DNA検査したとは聞いたが、間違いがあったようだ・・””私の足の傷は1歳の時についた傷だ””だから今日そうした。私だと明かしたら駄目だから・・”と話すジアン。
”娘を替えて来させるなんて??お前の両親は正常じゃない人たちなのか??”と憤るドギョン。

すぐにミョンヒ達に確かめようとするドギョンを引き留めるジアン。
会社に迷惑をかけないようにイベントの準備が出来たら告白しようと考え、イベントもすべてハジョンに引き継ぐと話すジアン。
テスやミジョンの事を心配するジアンに怒るドギョン。
ミョンヒから電話が来るが、言わないドギョンに礼を言うジアン。

朝もジアンがミョンヒ達と顔を合わさないように”疲れて遅くまで寝るようだ”と誤魔化すドギョン。
ミン部長に尋ね、ジアン達の歯ブラシでDNA検査をしたことを聞くドギョン。

ジスは自身のパンのレシピノートを探すが、どこにも見当たらない。
サンドウィッチを差し入れに行った時のジアンを思い出し、”後悔しているのかな?向こうの家で辛くされているのかな?”と心配するジス。
ジスに”就職したから今日から出勤だ”と話すミジョン。

ベトナム輸出の事業を本格的に始めるテス。

近所でまたナムグと遭遇し、驚くヒ。
花屋で”結婚記念日用に”と花を買うナムグの姿を見るヒ。
大学時代、屋台をしていたナムグと付き合っていた時の事を思い出すヒ。
ずっとナムグに申し訳なく思って過ごして来たヒは、ナムグがあの頃とは変わってしまったと感じる。

ヒのカフェにパンを届け、ヒョクとも普通に挨拶できるようになったジス。
”社長は振込じゃなく現金にしてくれと言っていた。それと10%割引きにするって”とヒに伝えるジス。
ジスの置き忘れたレシピノートを渡すヒ。
カフェにあるフォトフレームを気に入り、購入先を尋ねるジス。購入サイトを教えるヒ。
兄ジテの結婚祝いにドレッサーを購入しようと考えるが、それが組み立て式で躊躇するジス。

”イベントの準備が出来るまで待って欲しい。私から言わせてくれ”と言ったジアンの言葉を考えるドギョン。

急に、イベントの進行状況を確認する会議を開くドギョン。
共同担当であるハジョンに全く引き継ぎのできていないジアン。

親に騙されたジアンの心情を理解するドギョンだったが、”ジアンの願いを聞き入れることは難しい”と話す。うな垂れるジアン。
すでに重要人物にジアンを”チェ・ウンソク”として紹介してしまったミョンヒの事を考えるドギョン。
”俺は両親や家族の事を考えて決定する。お前がいくら告白して許しを乞うてもお前の親は許してはもらえない。お前の親がしたことは犯罪行為だ”と言うドギョン。
”分かっている。親を許してくれと頼んでいるわけじゃない。自首しろと言うつもりだ””なぜうちの母さんがそんな選択をしたのか、私のためだったから私があらかじめ説明したら・・”と話すジアン。
”日が延ばせないなら、告白する機会だけでも与えて欲しい”と頭を下げるジアン。

親しい人だけを集めてする野外結婚式をジテに提案するスア。
それに丁度キャンセルが出来て、一週間後の日程を予約をしたスア。
カナダに居るスアの両親は結婚式には来れず、新婚旅行で訪ねる予定にしている。だから1週間後でもジテの両親さえ大丈夫なら問題ないと考えるスア。
“この間見た妹は、本当は妹ではなかった・・本当の親のところに行った。それだけしか言いたくないんだが・・”と話すジテに、”私たちに影響ある?無いならいい”とそれ以上は尋ねないスア。

スポンサーリンク

友人ミョンシンから連絡を受け、会いに行くジアン。
泣き出し、現在の置かれている境遇を吐き出すジアン。驚くミョンシン。
”両親に早く言え。一人で対処しようとするなんて・・”と言うミョンシンに、”私のせいだから・・・”と話すジアン。
止めようとしたテスに”行きたい”と言ってしまったことや、
企業に入れなかった自分の不幸そうな顔を見てミジョンがこんなことをしたんだろうと考え、自分を責めるジアン。
ミジョンは衝動的に言っただけで、自分がすぐに行くと言わなければこんなことにならなかったと考え、深く後悔するジアン。
”財閥の親”と聞いてすぐに飛びつきたかった自分の気持ちを話し、”だから自分のせいだ”と言うジアン。
自分が先に告白して、少しでもミョンヒとジェソンの怒りを鎮めなければと考えるジアン。

自身が運営するサイトで、ジスが勤めるパン屋からオーダーが入っていることに気付くヒョク。
勝手にジスを誤解して申し訳ないヒョクは、直接、パン屋まで配達に行くことにする。
組み立て式のドレッサーを配達するヒョク。驚くジス。
ジテの結婚祝いのためにサプライズのために購入したジス。そのドレッサーのパン屋での組み立てを了承するナムグ。
ヒョクが去って行く姿を見ながら”立派に育ったな・・”と呟くナムグ。

一週間後に結婚式をすると話すジテ達に驚くミジョンたち。
質素に新婚生活を初めて、早く独立できるようにお金を貯めるつもりのジテとスア。

”ジテ兄さんが来週火曜日に結婚するんだって”というジスの携帯メッセージに驚くジアン。

慌ててドギョンと話をするジアン。
”兄さんが来週結婚する。結婚式をするまで待って欲しい。一週間だけ待って欲しい”と頼むジアン。
ミョンヒ達が事実を知ったら、兄ジテ達は結婚式出来ないだろうと考えるジアン。
”俺は熟考して決断したら、その決断を変えない”と言うドギョンに、”もう一度考えて欲しい”と頭を下げるジアン。

クラブで”シンデレラ”と噂になっているソヒョン。
狙う男たちにVIPルームに連れ込まれそうになるソヒョンを助けるジホ。
ジホの顔を見て、自宅前に現れた男だと気づくソヒョン。
お金のために近づいたと疑うソヒョンに、”お前が姉さんの妹だから助けたんだ”と言うジホ。そこでジホがジアンの弟だと気づくソヒョン。
夜遊びの口止め料をソヒョンから受け取らない運転手リュ。”代わりにこんな所に来るのを止めるのはどうですか?”と言うリュに、黙ってうなずくソヒョン。

”どうしてイベントの日付が違うんだ?”と連絡を受け、驚くドギョン。
40周年記念イベントの日付を間違え、メッセージを一斉送信してしまったハジョン。驚くマーケティングチーム。
担当になったのに何も把握しておらず、相変わらずジアン任せのハジョンにイラつくドギョン。

外出していたジアンを呼びつけるドギョン。
“お前のお兄さんの結婚式だけはできるようにしてくれと言っただろう?良いだろう。代わりに条件がある”と言うドギョン。

第16話に続く。

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村