黄金色の私の人生 あらすじ9話 パク・シフ イ・テファン

スポンサーリンク

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「黄金色の私の人生」9話予告動画

「黄金色の私の人生」9話あらすじ

”どうしてこの写真をジアンだって言うの?これは私よ”と言うジスに驚くミジョン。
”あれはヘジャおばさんが言ってただけで、驚いて返事できなかっただけだ”と誤魔化すミジョン。
泣いていたのも”更年期だから”と誤魔化すミジョンに、ジアンが居なくなったせいだと考えるジス。

”へソンアパレルのマーケティングチームの正社員として入れ”とミョンヒから言われるジアン。
行方不明だった娘ウンソクを世間に公表するストーリーを作っているミョンヒ。

ちゃんとノックをせずに部屋に入って来るジアンに苛立つソヒョン。
ドギョンからプレゼントされたネックレスをソヒョンから返してもらうことにするジアン。
”お兄さんへの礼儀が無かったようだ・・”と話すジアン。

ジスがヒのカフェにパンを納品していると分かり、ヒに怒るヒョク。
ジスがカフェの椅子を100万ウォンで買ったと分かり、驚くヒョク。

ナムグのパン屋に行き、ナムグに”椅子代はいくら渡したのか?”と尋ねるヒョク。
”10万ウォン渡した”と答えるナムグ。
差額の90万ウォンをジスに返金するヒョク。

告白しようとするジスに、”それしないでください。これからもしないで。俺に何もしないで。俺には好きな女性がいる”と拒絶するヒョク。
ショックを受けるジス。

”本来なら正社員になるはずだった”とジアンの経歴などをドギョンに見せるミョンヒ。

元の家族へのプレゼントをデパートに返品しに行くジアン。

”貧しいから結婚しない”と言って恋人と喧嘩をしていたジテの姿を思い出し、胸を痛めるテス。
工事現場で腕を怪我をしてしまうテス。

ランチ時間に顔を合わせても、知らない振りをするジテとスア。

へソンから貰ったフランチャイズ店オープンのために教育を受けるミジョン。
ギブスをして帰って来たテスに驚くミジョン。
へソンから貰った店をしようとするミジョンを非難し、取り消ししろと言うテス。
ジスを育てた対価だと思い、テスがなんと言おうと店をするつもりのミジョン。
ジホが一生懸命受験勉強していると思っているミジョンは、ジホの大学資金も稼ぎたい。
お金のことで言い争いをする二人の姿を見るジテ。

スアに会いに行くジテ。
この間の見合いの件で怒ったことを謝るジテ。
言わずに見合いをした事を謝るスア。
”別れよう”と言うジテに、”あの日に別れたんじゃなかったの?”と言うスア。
”付き合って4年になるのに喧嘩して別れるのか? 笑って別れなくちゃ。互いに良い言葉も言って・・・良い男に出会え”と言うジテ。
”元気で・・どうせ一生結婚しないから良い女性に出会ってという言葉は必要ないし・・今まで楽しかったわ”と言うスア。握手して別れる二人。

家に戻ってテスの姿を見つけ、抱き付いて泣くジス。

元家族へのプレゼントは受け取ってもらえず、返品したとそのお金をミョンヒに返すジアン。
”自分の考えが甘かった・・両方の家を気まずくして申し訳なかった”と謝るジアン。

音楽鑑賞するソヒョンとドギョン。
一緒に聴くことにしたジアンだったが、二人が話す用語が分からずに置いてけぼりになるジアン。ジアンに怒ったままで冷たい態度のドギョン。

パン屋を開店したいわけではなく、ただナムグのパンを習いながら作っていけたら満足のジス。
ジアンが財閥家に行くのを止めたと話すジスに驚くテス。
血縁ではなく、一緒に食事をして一緒に暮らしているのが家族だと話すジス。そう話すジスに複雑な思いのテス。

人事を呼び、約束通りに契約社員を正社員にしていない事実を突きつけ、該当者を正社員にするように命令するジェソン。

ヒのカフェに配達に行ったジスは、ヒョクの前でぎこちなくロボットのようになってしまうw

”違う人みたい・・・”と以前の”ソン室長”の事を思い出すジス。
歯科助手をしていた時、患者の口の中を見て吐き気を催したジスww
それに気付いた患者に殴られそうになったジスを助けたヒョク。

そして、雨が降り出したのにパンを抱えて歩いていたジスに傘を貸したヒョク。
ときめいたジス。
”あの時は親切にしておいて・・・”と泣くジス。

公私の区別も出来ず、鈍くさいジスが嫌いなヒョク。
”男でも嫌だ。そんな女を好きになれるか?無責任で無神経で・・”とヒにジスを悪く言うヒョク。
”好きな女性がいると言った。告白するなと”と言うヒョクに、”ひどいわ・・”と驚くヒ。

母と仲の悪い叔母たちに会うことを控え、食事をしながらジアンを教育するドギョン。
”祖父が法で道で、真理だ”と話すドギョン。
テーブルマナーを全く知らないジアン。
”まだ習っていない”と言うジアンに、”空気が読めたら最初の食事ですぐ分かるはずだけどセンスが無いんだな”とキツいドギョン。

ドギョンの車で帰るジアン。
勝手に車の中で水を探すジアンに、”他人の空間だ”と叱るドギョン。
”私たちが他人ですか?”と不満のジアン。

夜中、ジアンが吐いているのに気づき、”酔っぱらったのか?薬は飲んだのかな?”と気になるドギョン。

家から持って来た木彫りの人形に、”ジス・・・”と話しかけるジアン。
”会いたい・・・ここはすごく寂しい・・”と木彫りの人形を抱きしめるジアン。

スポンサーリンク

会社に入るまで、しっかり教育を詰め込まれるジアン。

コンビニ前でビールを飲むジアンを思い出し、自分も飲むジス。
ジアンから電話が来ると、酔っぱらって泣き出すジス。
ジスが心配になり、予定の教育を無視して駆けつけるジアン。
”ソン室長”から、”好きな女性がいる””何もするな”と言われた事を話すジス。

酔っぱらったジスを背負って家に連れ帰るジアン。

ジアンが教育を中断して勝手な行動をした事が分かり、ジアンが持って来た荷物をすべて捨てるように指示するミョンヒ。

ジアンがソヒョンに”ネックレスを返して欲しい。お兄さんへの礼儀が無かった”と言ってきたことを知るドギョン。
”ごめんなさい・・私の考えが足りなかった。昨日言ったことは正しかった”と言ったジアンの言葉を思い出すドギョン。
お手伝いさんたちがジアンの荷物を捨てているのを見るドギョン。

家に戻り、ミョンヒに謝るジアン。
”妹に辛いことがあって・・”と言うジアンに、”もうへソンの人間だ。言ったのにどうしてがっかりさせるの?”と叱るミョンヒ。
ミョンヒの言う通り、すべて捨ててへソンの人間にはなれず、元の両親や兄弟と他人にはなれないジアン。
”ここの家ではウンソクだが、私はまだソ・ジアンだ・・努力はしているけど・・戸籍の整理が出来るまでジアンと呼んでくれたら嬉しい”と言うジアン。呆れるミョンヒ。
”ここに戻って来たのはお前の選択だ。選択には責任が付いてくるんだ。お前のせいで家族に迷惑をかけるのか?それなら帰って来なければよかったんだ”と怒るミョンヒ。

元の家から持って来た荷物が全て無くなっていることに気付くジアン。
ミョンヒの命令ですべて捨てられたことが分かり、急いでゴミ置き場に行くが、残ってなかった。

ビールを飲んで憂さを晴らそうとするが、家にはビールが無く、外にビールを買いに行こうとするジアン。
塀を登ろうとするジアンに声をかけ、驚いて落ちたジアンを受け止めるドギョン。

第10話に続く。

「黄金色の私の人生」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村