帰ってきたポクダンジ 51話あらすじ カン・ソンヨン コ・セウォン イ・ピルモ

スポンサーリンク

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「帰ってきたポクダンジ」51話あらすじ

ジョンウクの家に突然現れるソジン。
慌てて奥の部屋に隠れるダンジたち家族。
家に入ってきたソジンを急いで外に連れ出そうとするジョンウク。
”ダンジへの出廷を止めなければ、お義母さんもダンジのようになる。ソンヒョンにも二度と会わせない”と脅すソジン。
怒り、”どうしてでもダンジを法廷に立たせる”と言い返すジョンウク母。

”ダンジを法廷に立たせるなら、お義母さんにジョンウクが実父じゃないことを言う”とジョンウクを脅すソジン。
卑怯なソジンに、残っていたソジンへの情も消えてしまったジョンウク。
”好きにしろ、ソンヒョンの実父じゃないことをばらしてお前がすべて失うのを覚悟するならしてみろ”とソジンと対決を宣言するジョンウク。

拘置所から釈放されて出てきたチェ秘書。
ダンジの夫ミンギュの遺骨を奪ったことを、”今までジュシンに被害を及ぼしてきた二人がソンヒョンの裁判をすると聞いて、瞬間的に理性を失った”とパク会長に嘘の動機を喋るチェ秘書。
”これからはソジンのことに関与するのは止めろ”とチェ秘書に言うパク会長。
だが、”チェ秘書には本部長の席を与える。私には必要な人間だ”と言うソジン。

二人きりになり、ミンギュの遺骨を奪った罪をかぶったチェ秘書に礼を言うソジン。
”ダンジとジョンウクとの戦いは長くなりそうだ。お前が必要だ。お前しかいない・・”と言うソジンを抱きしめるチェ秘書。
抱き合う二人の姿を見て、激怒するウン女史。
”これからチェ秘書にジョンウクの座を与える”と言い出すソジンに、怒るウン女史。

やはりジョンウクの家に泊るのは気が咎めるハクボン。
出て行こうとするハクボンを止めるジョンウク。

すぐに出て行こうとするダンジに、”ここにいてソンヒョンを取り戻すために俺たちを助けて、ソジンに借りを返すなら返せ”と言うジョンウク。
世間に対し、ジョンウクとスキャンダルになったこともまだ気にするダンジ。そんな二人を見るジョンウク母。

スポンサーリンク

泊めてもらったお礼に朝食を作るダンジやダルスク。
出て行こうとするダンジたちに、一緒に朝食を食べて行けと言うジョンウク母。
”家を借りるまで、ここにいろ。代わりにソンヒョンの裁判を助けてくれ”と話すジョンウク母。
それでも出てくと言うハクボンに、”子供はどうするんだ?家長がプライドだけ考えるから子供たちが苦労するんじゃないか?”と話すジョンウク母。

”イェウォンとの結婚を許して欲しい。結婚を許してくれるなら音楽を止めて会社に入る”と父パク会長に話すジェヨン。

イェウォンに腹を立て、呼び出すソジン。
”本当に家族や親戚は一人も居ないの?隠していることがあるなら言った方が良い”と言うソジン。
”隠していることは無い。家族は誰も居ない”と言うイェウォン。
ジェヨンと結婚するために私の助けが必要なら誠意を見せろと、”ジュシンの元婿がスキャンダルの相手ダンジと子供を奪おうとしている”とニュースを作れと迫るソジン。

ジョンウクと裁判所に向かうダンジ。
ソジンと一緒にイェウォンも裁判所に向かう。
ダンジが出廷できないように手を回すチェ秘書。

電話をかけてきたダンジと、裁判所の駐車場で会うことにするイェウォン。
そこでダンジが拉致されそうになるのに気づき、急いで自分の車に乗せるイェウォン。

ダンジが時間になっても法廷に現れず、焦るジョンウク。
裁判所に戻ろうとするダンジに、”それなら姉さんと私は終わりになるかもしれない”と止めるイェウォン。

第52話に続く。

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村