帰ってきたポクダンジ 46話あらすじ カン・ソンヨン コ・セウォン イ・ピルモ

スポンサーリンク

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「帰ってきたポクダンジ」46話あらすじ

わかめスープなどを持って、イェウォンの部屋を訪ねるダンジ。
ジェヨンと部屋に居るイェウォン。
突然やって来たダンジに、”体調悪いんでしょ?どうしてここまで来るの??”と怒るイェウォン。

ジェヨンに”もしかしてお姉さん?”と尋ねられるが、”知り合いの人・・”と誤魔化すイェウォン。

”ジェヨンに彼女がいるようだ”と話すパク会長やソジンたち。
そこに帰ってきたジェヨンは、”好きな女性がいる。今度会わせる”と話す。
”僕は姉さんと違う。反対しても好きな女性と結婚する”と話すジェヨン。

イェウォンがダンジを門前払いにしたと聞き、怒るダルスク。
イェウォンを非難するダルスクに、”私が悪かったんだ”と庇うダンジ。

通うジムに、人気アナウンサーであるイェウォンがいることに気付き、”仲よくしよう”と話しかけるラニョン。
”彼氏いるの?”といきなり尋ねてくるラニョンに当惑するイェウォン。
イェウォンをジェヨンの結婚相手にどうかと考えるラニョン。

ジョンウクの事で、エイジ―グループの会長に会うことにしたソジン。
その席に現れたジョンウクに驚くソジン。
エイジ―とジュシンの間の技術盗用などの訴訟に自身が法務チームを率いて臨むと、ソジンに宣戦布告するジョンウク。
”ソジンに手を出したらただでは置かない”と、激怒するチェ秘書。
”これから俺とダンジさんの人生を壊したツケを払うことになる。会社を潰れるのを見たくなければソンヒョンの養育権を放棄しろ”と言うジョンウク。

チェ秘書から、ダンジまでエイジ―グループに居ることを聞き、驚くソジン。

いつも社食で食事をし、自身を見張っているジョンウクに腹を立てるダンジ。
ソンヒョンの養育権を勝ち取るために、ダンジにスキャンダルが画策されたものだと証言して欲しいジョンウク。
また家族たちを危ない目に遭わせたくないダンジは、拒否する。

その二人の姿を見るソジン。
ダンジを叩き、”あなた達、何をしているの!”と激怒するソジン。
二人が協力してソンヒョンを取り上げようとしていると憤慨するソジン。

”お腹の子供もジョンウクの子供だったんでしょ?”と侮辱するソジンを叩くダンジ。
そんなソジンに怒り、”自分のスキャンダルを隠すためにジョンウクのスキャンダルをねつ造したんでしょ!ソジンが隠れて会っていた男は誰なのか私が明らかにする”と言い放つダンジ。
自身が受けた苦痛を、ソジンに与えたいダンジ。

ジョンウクの養育権裁判を手伝うかどうかは、少し考えさせてほしいと、ジョンウクに話すダンジ。
”ソジンがジョンウクに隠れて会っていた男性が居る”と、話すダンジ。

ダンジがエイジ―で働き、ジョンウクのソンヒョンの養育権裁判に協力しようとしていることなどをウン女史に話すソジン。
ソンヒョンの実父がミンギュとは知らないダンジが、会っていた男性を暴いて私を破滅させようとしていると話すソジン。

ミンギュの遺骨を移動させることをチェ秘書に指示するソジン。

ミンギュの遺骨が置いてある納骨堂への管理費支払いが延滞し、気になっているハクボン。
知り合いが別の納骨堂に移動させてくれることになり、喜ぶハクボン。

ソジンの弟ジェヨンと付き合っているのをダンジが知ったら・・と悩むイェウォン。
局長から、イェウォンをメインキャスターにする話を検討中だと聞き、喜ぶイェウォン。ジュシンがそのニュース番組の広告を全部買ったと話す局長。

イェウォンに、ソジンの男の資料を渡すように言うダンジ。
”止めろ。これ以上ジュシンに近づくな。近づいて良いことは怒らない”と止めるイェウォン。イェウォンの勢いに驚くダンジ。

ダンジが勤めるエイジ―に、ジョンウクが入社したことをハクボンたちに話すダルスク。
”ジョンウクはどうもダンジに気があるようだ”と言うダルスクに、怒るハクボン。

スポンサーリンク

ダンジと組んでソンヒョンを奪おうとしているジョンウク母を呼びつけるウン女史。
ジョンウクの不倫がねつ造されたものだとダンジが証明できると話し、”ソンヒョンがパパとママどっちを選ぶと思うか?”と言い放つウン女史。

”家族のために1年隠れていたが、これ以上は我慢しない”と、資料を出すように迫るダンジ。
”それなら姉さんが勝手にして。もう私は公人だ。これ以上関わりたくない。こんなことでもう来ないで”と言うイェウォン。
初めてイェウォンに頼みごとをしたが、拒絶されてショックのダンジ。

社員食堂だけではなく、ハンバーグレストランにまで現れるジョンウクに腹を立てるダンジ。
ダンジとジョンウクの言い争いを聞き、”監視のためなのか?誰が見ても痴話げんかだ。彼女の事好きなんじゃないか?”と言う元部長検事に、慌てて否定するジョンウク。

ウン女史の手下に連れ去られるダンジを見るジョンウク。
ジョンウクと手を組むダンジを呼びつけ、止めるように言うウン女史。
”スキャンダルはねつ造された事を証明する証拠がある”と言うダンジ。
1年前、”私たちがお前の息子を拘束させる準備は終わった。ただのスキャンダルで終わると思う?無いことを作ってもソンヒョンと会わせないようにする”とジョンウク母に言ったウン女史の話を録音していたダンジ。
”これを判事が聞いたら、子供をソジンに育てさせると思う??”と脅すダンジ。
掴みかかるソジンから、ダンジを助けるジョンウク。

”ソンヒョンの養育権訴訟の法廷に証人として立つわ。この録音ファイルを持って。ソンヒョンをこの人から連れて来れるように手伝うわ”と言うダンジ。
ダンジの決心に、礼を言うジョンウク。

ダンジの携帯に、”ミンギュの遺骨が無くなった”と慌てて電話するハクボン。驚くダンジ。

第47話に続く。

「帰って来たポクダンジ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村