最高の一発 第27話あらすじ ユン・シユン キム・ミンジェ チャ・テヒョン

スポンサーリンク

「最高の一発」キャスト・登場人物はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「最高の一発」OST 「Beautlful beautiful」公式MV

「最高の一発」27話あらすじ

ジフンから、”俺はお前がユ・ヒョンジェだと知っている。俺の父親は一人だけでワールド企画の代表をしている。お節介をしないで欲しい”と言われるヒョンジェ。
その二人の会話を聞いてしまい、ショックを受けるウスン。

自身がユ・ヒョンジェだということをウスンに説明するヒョンジェ。
信じられないが、ヒョンジェがずっと昔の人みたいに行動していたことに納得するウスン。
”すまない・・お前に先に言わないといけなかったのに・・そうしたらダメなのに・・ジフンが好きな子なのに・・いつか過去に戻ることになってしまうかもしれないのに・・でもできなかった。お前が好きで”と言うヒョンジェ。
”それで、戻るの?”と言うウスンに、”わからない。戻る方法もわからない”と答えるヒョンジェ。
”だったら帰れば良いわね。帰れ。お前が元々居た世界に”と冷たく言うウスン。

自分を”ユ・ヒョンジェ”と知ったジフンの事をクァンジェと話すヒョンジェ。
”いっそ94年から来たら良かった。ボヒとも付き合ってジフンを授かった後に来たならボヒもジフンも会って嬉しかっただろう・・”と話すヒョンジェ。

会社で会っても、ぎこちないヒョンジェとウスン。
ついヒョンジェの事を考えてしまうウスンは、部屋中にあるヒョンジェの写真を片付ける。

MJとの契約満期は来月で、再契約の準備を進めているヨンジェ。
”今回再契約したら、次は自由にしていい”とMJに話すヨンジェ。

パン屋に一人でいたマルスクと食事をするヒョンジェ。
”あれからあの友達はどうした?”と尋ねるヒョンジェに、”諦めたから気が楽になったらしい”と答えるマルスク。
“諦めるのが正しいのか?””俺は諦められない・・”とため息をつくヒョンジェ。

やっぱりヒョンジェの事を考えてしまうウスン。

スポンサーリンク

こっそりと、自身が入る療養院を検討するスンテ。

ワールド企画で開業パーティーをすることになる。
ジフンとドリルを男性デュオとして売り出すことにするクァンジェ。

クァンジェの机で探し物をしていたヒョンジェは、クァンジェがボヒに渡そうとしている指輪を見つける。

ヨンジェ妻とオ会長両方に投資の話を断られ、焦るクァンジェ。

ジフンを誘い、キャンピングに行くヒョンジェ。
バーナーを持ってくるはずが、間違ってドリルセットを持って来てしまったヒョンジェ。
せっかくのキャンプなのに、コンビニご飯を食べることになる二人w

第28話に続く。

「最高の一発」キャスト・登場人物はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村