最高の一発 第24話あらすじ ユン・シユン キム・ミンジェ チャ・テヒョン

スポンサーリンク

「最高の一発」キャスト・登場人物はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「最高の一発」23,24話予告動画

「最高の一発」24話あらすじ

事業計画書を作り、ワールド企画への投資者を探すことにするクァンジェ。

いくら探しても、本を見つけられないままのスンテ。

ジフンから、”お前はどこから来た人間か、何をしていた人間か分からないんだろう?ウスンの事は諦めてくれ。頼む。ウスンは傷の多い子だ。これからそんな事が無ければいい。ウスンの一番親しい友人としてのお願いだ”と言われたヒョンジェ。
ジフンの話を聞き、ウスンとの距離を取ることにするヒョンジェ。

急によそよそしくなったヒョンジェに戸惑うウスン。

コンビニで悩むマルスクに出くわすヒョンジェ。
”私の話じゃなくて友達の話なんだけど、・・その友達の友達が同じ男の子を好きで、その子は友達のために諦めようとしているんだけどなかなかうまくいかない・・忘れられるかな?”と話すマルスク。
そのマルスクの話と自身のウスンへの想いを重ね、マルスクに同調するヒョンジェ。

急に態度を変えたヒョンジェの事が気になり、勉強に集中できないウスン。
ウスンの事を考え、仕事に集中できないヒョンジェ。
我慢できず、ウスンの顔を見に行くヒョンジェw

MJのサイン会の手伝いに行ったウスンを見に行くヒョンジェ。
会場の外にいるヒョンジェに気付くウスン。”通りがかっただけだ”と誤魔化すヒョンジェ。
避けるようになヒョンジェの態度に、”怒っているなら言って”と言うウスン。
”どうしてお前に怒るんだ?そんなことは無い”と誤魔化すヒョンジェ。

知り合いに投資してもらおうと考えていたクァンジェだったが、相手に待ち合わせをキャンセルされてしまう。
帰ろうとしていたクァンジェは、ばったりそこでヨンジェ妻と出くわす。
クァンジェが持っていた事業計画書に気付き、”私が投資を考えてみる”と話すヨンジェ妻。

マルスクは、幼稚園で通園カバンから絵本を取り出す。
だが、それは絵本ではなくスンテの「痴呆と戦って~」の本だった。
自分の本をマルスクの通園カバンに入れていたスンテww

ヨンジェの社長室に入ったヒョンジェは、開いている金庫の中に自身の創作ノートを見つける。
自身が持っているノートとヨンジェが持っているノートを見比べ、あの台風後の自分が書いた部分を見つけるヒョンジェ。
台風でタイムスリップした1993年から、死んだとされる1994年の間の記憶の無いヒョンジェは、自身が持っていたノートとすり替える。

そのノートに”to Coda”の文字を見つけ、別の場所に移動させたってことか??と考えるヒョンジェ。

スポンサーリンク

パン屋で、荷物運びの手伝いをするヒョンジェ。
ボヒの携帯を借り、ゲームをしようとするマルスク。携帯電話の画面のパスワードは”22198”だとマルスクに言うボヒ。
それは、いつもヒョンジェのポケベルに現れる数字だった。驚くヒョンジェ。
ボヒに、そのパスワードの事を尋ねるヒョンジェ。
それは習慣で使っているパスワードで、ポケベルを使ってた当時の”二人一緒に居たい”という意味の番号だったと話すボヒ。
”昔、私は秘密の恋愛をしていて、22198はその人との会おうという暗号だった”と話すボヒ。

探していた本が見つからず、「痴呆と戦って勝つ方法2」を買ってくるスンテ。
寝ぼけてまたマルスクの通園バックにその本を入れてしまうスンテw

突然の雨に、雨宿りするヒョンジェ。
そこに偶然、ウスンも雨宿りにやってくる。
ウスンのために傘を買ってくるヒョンジェ。”人と会うから”と、傘を渡してウスンを先に帰すヒョンジェ。
本当はウスンと一緒に居たいヒョンジェ。

雨はひどくなり、帰って来ないヒョンジェを心配するウスン。

外でずぶ濡れで歩いているヒョンジェに驚き、駆け寄るウスン。ウスンを抱きしめるヒョンジェ。

ヒョンジェの携帯に父クァンジェからの着信があることに気付き、代わりに出るジフン。
”おい!ユ・ヒョンジェ!どうしてずっと電話を取らないんだ!!聞いてんのか!”と怒るクァンジェ。それを聞いて驚くジフン。

第25話に続く。

「最高の一発」キャスト・登場人物はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村