最高の一発 第11話あらすじ ユン・シユン キム・ミンジェ チャ・テヒョン

スポンサーリンク

「最高の一発」キャスト・登場人物はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「最高の一発」11,12話予告動画

「最高の一発」11話あらすじ

”その時計は父親の遺品だ・・”と言うジフンに驚くヒョンジェ。

ジフンがステージに立っているのを目撃し、怒ってジフンに駆け寄るクァンジェ。

クァンジェとヒョンジェが話すのを遠くで見ながら、”二人は今日初めて会ったんじゃないの??”と不思議に思うウスンとジフン。
”ジフンが父親の遺品だと言った””ジフンはお前の息子じゃないのか?”と尋ねるクァンジェに、”ジフンは俺の息子じゃない。お前の息子だ”と言うクァンジェ。
驚くヒョンジェ。

クァンジェや家族には、芸能人になりたいことは内緒のジフン。
のど自慢のステージには、”スマホ欲しさに、私が出ろって言ったんだ”と誤魔化すウスン。

昔、ヒョンジェから貰った高級時計を見つめ、当時を思い出すクァンジェ。

ジフンが息子だと聞き、クァンジェにどういうことなのか尋ねるヒョンジェ。
”ジフンが息子だとしたら、母親は誰なのか??・・・もしかしてボヒなのか?”と言うヒョンジェ。
”ヒョンジェとボヒが隠れて1年間付き合っていて、ジフンが出来た”と聞き、驚くヒョンジェ。
’俺たちのために静かに過ごして消えてくれ”と言うクァンジェ。

ジフンが自分の息子だとは考えられないヒョンジェ。

ワールド企画の近くに事務所を構えるスターパンチ。
お金持ちの年上妻のおかげでスターパンチの社長となったヨンジェ。
だが、年上妻は”若いヨンジェが財産を持って逃げるかと、婚姻届けを出してくれないらしい”とクァンジェに話すスンテ。

ワールド企画の建物を手に入れ、スターパンチの練習室にしようと考えているヨンジェ。
それに反対する妻は、とりあえず法人の印鑑を預かると言う。 
社長室の金庫を勝手に開ける妻に驚くヨンジェ。
ヨンジェを”驚かそうと、創作ノートに落書きした”と話すヨンジェ妻。

デビュー組から脱落し、今後の事を悩むジフン。
そんなジフンに話しかけ、”ファンからのプレゼントを代わりに食べてどんな味か教えて欲しい”と言うヘリ。

連絡が取れずに突然現れるヒョンジェに困り、この間ヒョンジェが賞品で手に入れたスマホの開通手続きをするクァンジェ。
WiFiが無くても繋がるスマホに大喜びのヒョンジェw
ボヒに会って事情を聞こう考えるヒョンジェに、”ボヒはお前のせいで死ぬほど苦しんだ人間だ。お前の最善は静かにしていることだ!”と怒るクァンジェ。

スポンサーリンク

ボヒをずっと好きなクァンジェに、”20年待ったのだからお前も充分待った。二人が一緒になってくれたらいい”
”後悔しないよう告白しろ。ヒョンジェが生き返ってきたとしてもそれが正しい”と話すスンテ。

クイズの答えに”ピーナッツバター”と入れ、ファン掲示板に入ることができたヒョンジェ。

ぬいぐるみの中に入るアルバイトを始めたウスン。
講義の時間が変更になって困るウスンは、ヒョンジェに”貸したお金を半分にしてやる”とバイトを代わるよう頼む。

明日はヒョンジェが失踪した日であり、クァンジェの誕生日だった。
クァンジェの誕生日のご馳走を用意するようにボヒに言うスンテ。

久しぶりに電話をかけてきて、ウスンにお金の催促をするウスン母。
”母さんは本当に母親なの?久しぶりに娘に電話をかけて来たなら、ご飯を食べてるか、試験は上手くいったか尋ねなきゃダメなんじゃないの??”と怒るウスン。
母親と電話して泣くウスンに気付き、ぬいぐるみを被せてやるヒョンジェ。

第12話に続く。

「最高の一発」キャスト・登場人物はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村