完璧な妻 第20話(最終回) あらすじ コ・ソヨン ユン・サンヒョン ソンジュン VIXX エン

スポンサーリンク

「完璧な妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「完璧な妻」20話(最終回)あらすじ

ジョンヒが心配で、ボングと一緒にウニの家に駆けつけるジェボク。
地下室で祭壇の準備をしていたウニ。
ジョンヒには”地下室の掃除をしていた”と誤魔化すウニ。

チャイムをしつこく鳴らすボングに応対するジョンヒ。
心配するジェボクに、”最近、神経質すぎるんじゃないか??”とわざと冷たく追い返すジョンヒ。

ウニの父である会長にウニを再入院させるように説得しに行くジェボク。
ウニの願いをすべて叶えるのはウニのためにならないと話し、”娘さんが極端な選択をすると、子供たちの父親を失うことになるかもしれない”と懇願するジェボク。
何も言わず、ジェボクを追い出す会長。

ウニの症状を観察し、秘密日記に書き留めているジョンヒ。
ジェボクや子供たちのために、狂気のウニを止められるのは自分だけだと考えるジョンヒ。

ジョンヒが地下室の扉を開けようとしているのを見て、慌てて止めるウニ。
”オーディオルームを地下室に移そうと思って・・”と言うジョンヒに、”ほかに使う予定がある”と言うウニ。

ジョンヒに会いたがるヘウクを、ジェボクに内緒でジョンヒの会社に連れて行くことにするジヌク。
二人で行こうとするのを見て、一緒に付いていくことにするチェリー。

ジョンヒのデスクに隠してあった家族写真を見つけるウニ。
それは、ウニの前でジョンヒが握りつぶしたものだった。
ジョンヒはジェボク達と縁を切ると言いながら、家族写真を大事にしていることが分かるウニ。その写真を黙ってデスクに戻すウニ。

会社に会いに来たジウクたちに慌てるジョンヒ。
その場にウニが現れ、子供たちをわざと冷たく叱るジョンヒ。
”せっかくだから一緒に夕食でも・・”と言うウニに、慌てて断るジョンヒ。
ジョンヒが子供たちを送っていく間、ジョンヒの本部長室で待つウニ。
ジョンヒのデスクの引き出しを開けるウニ。

”会社に行ってごめん・・”と謝る子供たちに、”お父さんが本当に悪い・・本当に愛しているのにお父さんが悪い・・”と謝り、会社に二度と来てはダメだと言い聞かすジョンヒ。
ジヌクとヘウクを抱きしめるジョンヒ。

”二人だけで結婚式をしよう。家でセルフウェディングを”と言い出すウニに、”お前がしたいと言うならしよう”と返事するジョンヒ。

抱き合うジヌクたち親子の姿を思い出し、”お父さんってあんな存在なんだ・・”と考え込むチェリー。
自宅にサムギュを呼び出したチェリーは、”うちのママをどう考えてるんですか?好きなの?それとも味見しているの?”とサムギュに尋ねるw
サムギュとウォンジェがお互いに好意を持っていると感じているチェリーは、”おじさんがママをリードして。ママは勉強は得意だけど恋愛は苦手だから”と話すチェリー。
”ママが良い男に会って幸せになってくれたらいいと思う”と言うチェリーに、喜ぶサムギュ。
”できれば生活力と迫力をもっと付けて、本ももっと沢山読んだら良い。 ヘランおばさんとの関係もちゃんと整理して”と話すチェリーにたじたじのサムギュw
”私もおじさんがパパになってくれたらいいと思っている”と言うチェリーに喜び、抱きしめるサムギュ。

難しい裁判に挑むことになり、準備をするボングとジェボク。
”裁判に勝ったらしたいことがあるけど、(その望みを)聞いてくれる?”と言うボングに、”わかったわ”と答えるジェボク。
残業中のジェボクは、ジヌクたちがジョンヒの会社に行って追い返されたことを電話で聞く。

ジョンヒに会い、話をするジェボク。
ジョンヒの不可解な行動は、ジヌクたちを守るためにしていることだと分かるジェボク。
知らないふりをするジョンヒ。
”あの家から出ろ。だけどその前に一つしないといけないことがある。ナミが死んだ日にウニとナミが会ったという証拠があの家のどこかにあるはずだ”と話すジェボク。
執着心の強いウニが証拠品を捨てられないと考えるジェボク。

ジョンヒとの結婚式のために、ウェディングドレスや礼服を選ぶウニ。

ウニはジョンヒ母にヨーロッパ旅行をプレゼントした。
その母親を空港まで送る予定だったジョンヒだったが、”明日だと思っててウィスキーを飲んでしまった”と話す。代わりにウニが空港に送って行くことになる。
”冷蔵庫の中をちゃんと片付けろ。帰ってくるまでにしとけ。きちんとした子なのに変ね”とウニに小言を言いながら出て行くジョンヒ母。

母親の言葉から、冷蔵庫を探すことにしたジョンヒ。
ジョンヒは冷蔵庫の奥から、ウニのパンプスとナミの携帯を発見する。
ナミのことを思い、泣くジョンヒ。

友情のために好きなサムギュを諦めようとしているウォンジェのために、同僚に頼んでデートの誘いをしてもらうヘラン。
ウォンジェたちの前でわざとその同僚からの電話を受けるヘラン。
”ヘランにはもう男が居るようだ。もう気にせずにサムギュと付き合え。愛はタイミングだ”とウォンジェに話すジェボク。

空港から戻って来たウニは不安になり、冷蔵庫を確認する。
隠しておいたパンプスなどが無くなっていることに気付くウニ。

結婚式を”今週の土曜はどう?”というウニに、”しよう”と覚悟を決めて返事するジョンヒ。

難しい訴訟に勝ち、気分の良いボング、ジェボク。
この間の約束の事を持ち出し、”俺たち正式に付き合おう”と言うボング。戸惑うジェボク。
”私・・”と断りそうなジェボクに、”無条件にイエスだ。外出する間に時間を与える。これはかっこいいイエスを言う時間を与えるんだ”と言って出て行くボングw

ジョンヒに会いに行き、ジェボクと付き合うことを話して筋を通そうとするボング。
”もうすでに付き合っているんじゃなかったのか?”と驚き、”ジェボクと結婚を考えているのか?”と尋ねるジョンヒ。
”多分ね・・”と答えるボングに、”ジヌクとヘウクのパパになるんだな。ボングは多分良い父親になるだろう・・”と話すジョンヒ。

ジヌクとヘウクに会いに行き、一緒に食事をするジョンヒ。
この間、会社で怒ったことを二人に謝るジョンヒ。
”二人ともいつもお母さんの言うことをちゃんと聞いているだろう?ジヌクは特に男だから、お母さんにとって心強い息子になってほしい・・”と話すジョンヒ。

”ジヌクはバスケが得意で・・”とジヌクとヘウクの好きな事などをボングに教えたジョンヒ。
そのジョンヒの言葉が遺言のようだと感じ、何か落ち着かないボング。

ボングから付き合おうと言われたことを考え、悩むジェボク。
”私、考えてみたんだけど・・”と言うジェボクを抱きしめるボング。
”模範解答を教えようか?模範解答はこれ。イエスなら黙っている”と言うボングを、黙って抱きしめるジェボク。

チェリーやジヌクたちを連れ、遊園地に行くことにしたウォンジェとサムギュ。
ジェボクはボングとの初デートの日だ。
初デートのためにジェボクに洋服をプレゼントしたボング。

刑務所にいる母親の面会に行くウニ。
ジョンヒと結婚することを報告するウニ。
”私に言うこと無い?”と言うウニに、”ごめんなさい・・昔のこと・・私も良くしたかった・・だけどどうすれば母親として良くすることなのか分からなかった・・”と泣きながら懺悔する母親。
”面会は終わったわ・・”と出て行くウニ。

ボングのデートの前に、事務所に寄るジェボク。
事務所の前にはボング宛に封筒が届いていた。
その封筒がジョンヒのSJ建設の物だと言うことに気付き、開けてみるジェボク。
そこにパンプスと携帯の証拠品が入っていて驚くジェボク。

結婚式のタキシードを着たジョンヒは、ジェボクに電話をする。
”ウニの証拠品を送ったのはあなたでしょ??今どこなの??”と言うジェボク。
”申し訳ない・・・本当にお前をすごく愛していた。世の中で最初で唯一で最後・・。こんな風に言う資格は無いが。・・・幸せになれ”と言って電話を切るジョンヒ。
様子のおかしいジョンヒに不安になるジェボク。

二人きりで結婚式をするウニとジョンヒ。
”私の靴とナミの携帯はどうしたの?”と言うウニに、”ボングに送った”と答えるジョンヒ。
”よくやったわ。これで母親の濡れ衣も晴れるわね・・”と呟くウニ。
”ジェボクや子供たちのために狂気のウニを止めないといけないですって?”とジョンヒの秘密日記の文面を話すウニ。
”私の予感は当たっていた。あなたは私を愛してなかった。私を利用した。。”と言うウニに、”まだ間に合う。病院で治療を受けろ”と言うジョンヒ。
”純粋な愛”なのに狂った女として見るジョンヒに腹を立てるウニ。

”だから私がお前と結婚しようとしたんだ。愛を完成させようと”と言って、ジョンヒにワインを勧めるウニ。
ワインを見つめ、”これで悪夢が終わるのか・・?”と言うジョンヒに、”完璧な愛が始まるの・・”と答えるウニ。
狂気のウニを止める方法は自分が死ぬしかないと考えるジョンヒ。
自分が死ねばウニも後を追う。そうすればジェボクや子供たちも守れると、死を覚悟してそのワインを飲むジョンヒ。
”お前は本当にかわいそうな女だ・・”と言うジョンヒに、”私は幸せな女だ。あなたと永遠に一緒に居られるから・・”とほほ笑むウニ。
意識を失うジョンヒ。

ウニの家に向かうジェボク。
ウニが今日のために結婚式用の礼服を用意していたことを知ったボングもウニの家に向かっていた。

先にウニの家に到着したボングは、後ろからハ室長に殴られて気を失う。
ウニの家に入ったジェボクも薬を嗅がされ、眠ってしまう。

地下室の椅子に縛られ、目を覚ますジョンヒ。
”二人で式を挙げるつもりだったけど、ゲストが来た”と縛られているジェボクの姿を見せるウニ。
目が覚め、驚くジェボク。
ウニは一人で結婚の宣誓を始める。ジョンヒの分も宣誓するウニ。
”いや、俺はお前を愛していない。お前を嫌悪、憎悪する!”と叫ぶジョンヒ。ウニを刺激するのを恐れ、そんなジョンヒを止めようとするジェボク。

ゲストがうるさいと、ジェボクにワインを飲まそうとするウニ。
それを止めようとするジョンヒに。”まだジェボクに愛情が残っているの??”と怒るウニ。
無理やり飲まそうとするウニを、頭突きで倒すジェボク。

おかしくなったウニは、部屋のろうそくで装飾品に火をつける。燃え上がるK&Hの刺繍。
”一緒に行くのよ・・”と笑うウニ。
ウニに蹴りを入れて倒し、自力で椅子の紐を解くジェボク。
煙で気を失うジョンヒを椅子から解こうとするジェボク。

ハ室長によって縛られていたボングも煙で意識を取り戻す。
煙の充満するウニの家でジェボクを探すボング。
地下室にやって来たボングにジョンヒの救出を頼み、倒れるウニを助けようとするジェボク。
助けようとするジェボクを道連れにしようと、引き留めるウニ。
戻って来たボングは慌ててウニからジェボクを引き離す。火の中に取り残されるウニ。

脱出し、燃え上がるウニの家を見るジェボク、ジョンヒ、ボング。

スポンサーリンク

一年後ーーーーー

家を買ったジェボク。引越しを祝ってみんな集まる。
ボングも花束を持って駆けつける。
サムギュの事を”お父さん”と言ってウォンジェを驚かせるチェリーw
ライブがあるため、来れなかったジョンヒ。行けなかったことをジェボクに謝るジョンヒ。

小さなライブハウスでライブを行うジョンヒ。

あの火事でウニは死んでしまった。
誰もその件を話さないが、みんなの心にはその傷が深く残っていた。
その傷を癒すためみんな一生懸命生き、一生懸命お互いを愛していた。。

「完璧な妻」おわり。

「完璧な妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村