完璧な妻 第19話あらすじ コ・ソヨン ユン・サンヒョン ソンジュン VIXX エン

スポンサーリンク

「完璧な妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「完璧な妻」19話予告動画

「完璧な妻」19話あらすじ

ウニは精神病院に入っているはずだが、ジェボクはまだ不安がぬぐえない。

ジョンヒも、突然やって来た母親がウニに見えてしまう。
ジョンヒ母は、ウニが居なくなり、これからウニの豪邸にジョンヒと二人で住めるのかと期待する。

ジョンヒは所属部署が無くなり、会社を解雇になってしまう。態度が豹変する部下。

本当にウニがちゃんと精神病院に入院しているのか、信じられないジェボク。

ブライアンの指示によって、ウニの豪邸から追い出されるジョンヒとジョンヒ母。
ジョンヒ母はジョンヒ兄弟の事業にお金を貸し、家やウニがくれたマンションも失っていた。
住む家が無くなったジョンヒとジョンヒ母。

不安に思うジェボクはボングと共にウニの面会に行く。
”心が軽くなった。薬もちゃんと飲んで治療も一生懸命受けている”と話すウニ。
不安で顔色の悪いジェボクに、謝罪するウニ。
”ナミの事も残念だ・・申し訳ない・・”とボングに謝罪するウニ。驚くボング。
”ナミがああなったのも本当にウニさんのせいじゃないのか?”と尋ねるボングだが、治療の時間だと看護師に止められる。
ジェボクに、”不安にならないで。もう私は以前のウニじゃない”と言うウニ。

ウニは変わった振りをしているだけで、実際は変わっていないと感じるジェボク。

ウォンジェにバッグをプレゼントしようと考えるが、ドケチのサムギュは価格を見て躊躇する。
だが、ウォンジェのために買うことを決心するサムギュ。
ウォンジェはヘランとサムギュのよりを戻させようと、二人をレストランに呼び出す。
それが分かったヘランは”お前が好きなだけ会え”と怒り出す。サムギュを譲り合って争う二人。その二人の姿に満足そうなサムギュw

家でも眠れないジェボクを、自分の肩を貸して寝させるボング。
”俺は両親が早くに亡くなって中学生から一人で暮らしていた・・平気な振りをしてたけど一人で眠るのは怖かった。。俺に夢の中に入る技術があったら・・”と話すボング。

ジョンヒはどうしているのかと心配し、連絡するジェボク。
母親でサウナで寝泊まりしているジョンヒはその電話を受けるのを躊躇する。

病院で穏やかに治療を受けるウニ。

一か月後ーーーーーー

ジョンヒは工事現場で働いていた。
現場の近くを通る小学生達を見て、ジヌク、ヘウクたちの事を思い出すジョンヒ。
ジヌクを小学校まで見に行くが、ジヌクの前に堂々と出られず逃げるジョンヒ。

ウォンジェとサムギュを引き合わせ、”愛はタイミングだって”とウォンジェにアドバイスしてその場を去るチェリーw

モーテルに暮らすジョンヒ母はジェボクを呼び出し、お金を借りようとする。
その場に戻って来たジョンヒは、ジェボクが居るのに驚く。
子供たちと会うか?と言うジェボクに、”こんな姿で会えない。就職したら会いに行く”と話すジョンヒ。
仕事が順調なジェボクを応援し、今までの事をジェボクに謝るジョンヒ。
”ただ上手くやりたかったけど・・立派な父親になりたかったんだけど・・”とジェボクが子供たちに申し訳ない思いのジョンヒ。

ウニが退院した情報をつかんだボングはジェボクに伝える。
動揺するジェボク。ウニが退院したことをジョンヒに言うジェボク。
”どうするの?ウニとまた会うの?”と言うジェボクに、”考えるだけでぞっとする”と答えるジョンヒ。
お互いの事や子供を心配するジェボクとジョンヒ。

誰もいない自宅に戻るウニ。

ウニをもう一度入院させようと、ブライアンに会いに行くジェボク。
ウニ父により退院することになったウニ。治療結果も良好で病院から退院の許可が出たと事情を話すブライアン。
ウニをしっかり見守るから安心してくれと言うブライアンに、”ウニが外に出ている限り私は安心しない。責任もって管理しろ”と言うジェボク。

”心配しないで。すっかり治った”とブライアンに話すウニ。
母親の面会にも行けと言うブライアンに、”もう母さんを許す。そうしたら私も楽になると思う”と話すウニ。

ジョンヒが働く工事現場に行くウニ。
以前のように戻るように話すウニに、”もう戻らない。今が気楽で幸せだ”と言うジョンヒ。
”病院で反省し、すごく後悔した・・もうすっかり治った。以前の私じゃない。執着して苦しめない。良い妻になる”と話すウニ。
”本当に治ったのか?だったら俺を忘れて再出発して幸せになれ”と話すジョンヒ。
”ジョンヒさんが居ないのに、どうして幸せになれるの・・?”と悲しむウニ。

ヘランやウォンジェたちにウニが退院したことを話すジェボク。
不安がるジェボクを心配し、ジェボク家族が居るウォンジェの家に泊まりに来るボングとサムギュw

ウニがヘウクに近寄る悪夢にうなされ、悲鳴を上げるジェボク。
すっかりノイローゼ状態のジェボクを心配するボングやウォンジェたち。

ウニが本性を出さずにおとなしくしているのがより危険だとウォンジェから聞くジェボク。
ジョンヒの事を見守ることにするジェボク。

スポンサーリンク

掃除の仕事をしているジョンヒ母のもとに行き、”私はすっかり治った。これからお義母さんにしっかり仕える”と話すウニ。
ジョンヒ母の前で甲斐甲斐しい姿を見せ、機嫌を取るウニ。結局、ウニの家に戻ることにしたジョンヒ母。
ウニの家に戻ったと言う母親に驚くジョンヒ。

突然、事務所にやって来たウニに驚くジェボク。
ウニが治ったことは信じられないジェボク。
”治った”と言うウニに、”治ったなら、警察でナミの事件などの聴取を受けろ”と言うボング。
大人しく、”聴取を受ける”と言って謝罪するウニ。
そんなウニを信じず、”お前は変わっていない。私が分かっている。私がしっかり見張る”と言うジェボク。

毎晩眠れずにノイローゼ状態のジェボクはとうとう倒れてしまう。
そんなジェボクの姿を見て、”全部俺のせいだ・・”と胸を痛めるジョンヒ。
ジェボクと子供たちのために自分が犠牲になることを決心し、ウニの家に戻ることにするジョンヒ。

戻って来たジョンヒに喜ぶウニ。
ウニが心配な振りをし、”ウニのそばにいる”と話すジョンヒに感動するウニ。

ジョンヒは再び会社の本部長の席を取り戻す。
”もう盗聴や尾行はしない、ハ室長も首にした。ジョンヒだけを信じる”と言うウニ。
”もうジェボクと縁を切る。子供たちとも会わない。これからはウニのために生きる。二人で幸せに暮らそう”と言うジョンヒに感動するウニ。
無理してウニとキスするジョンヒ。
これから贖罪のためであり、狂った女ウンギョンの観察日誌である”秘密日記”をつけることにしたジョンヒ。

ジェボクと子供たちのために、ウニのそばにいて監視する決心のジョンヒ。
ジョンヒがウニの家に戻ったと聞き、驚くジェボク。
心配して早く出ろと言うジェボクに、”万が一、何か起こっても仕方ない・・”と話すジョンヒ。
ジョンヒがまた欲のためにウニのもとに戻ったのかと思い、ショックのジェボク。
”これ以上、あなたをどうにもできない。。だけどまだ私の友人だ。何かあったら連絡して”と言うジェボク。
ボングに、”ジェボクをよろしく頼む。子供たちも・・”と言うジョンヒ。
”連絡しないつもりなのか?”というボングに、”ああ。だからこれから俺に連絡するな”と言って去るジョンヒ。

地下室に鍵のかかる部屋のドアを開けるウニ。

ブライアンから”ジョンヒが会社で意欲が無く、何か良くないことを考えているんじゃないか”と聞いたジェボク。
会った時の様子を思い出し、ジョンヒを心配するジェボク。

地下室の祭壇?を整え、準備するウニ。

急いでボングの車でウニの家に駆けつけるジェボク。
ジョンヒが電話を取らず、心配するジェボク。
ウニの家のチャイムを押すボング。驚くウニ。

第20話に続く。

「完璧な妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村