完璧な妻 第17話あらすじ コ・ソヨン ユン・サンヒョン ソンジュン VIXX エン

スポンサーリンク

「完璧な妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「完璧な妻」17話予告動画

「完璧な妻」17話あらすじ

逆上してナミを殴り、欄干から落として殺害してしまったウニ。
ウニは、慌ててナミの携帯を持ち去った。

道端に落ちるナミのカバンに気付き、道の下に倒れているナミを発見するジェボク。
慌てて救急車を呼ぶジェボク。
”女性同士が争っている”と通報を受けた警察官が駆けつけ、ナミの死亡を確認する。

”ナミが死亡した”と連絡を受け、ショックを受けるボング。

ナミがジェボクの前夫の不倫相手だったと分かり、第一発見者のジェボクがナミ殺人容疑で逮捕されてしまう。

慌てて車で服を着替えるウニ。
ジェボクの供述を受け、刑事から携帯に着信があるが出ないウニ。
会社に行き、ナミが死んだことをジョンヒに話すウニ。
ナミをウニが殺したことが分かり、警察に通報しようとするジョンヒを止めるウニ。
”そうしたらジョンヒも無事ではいられない。養育権も諦め、昔のジョンヒに戻るのか?”と脅すウニ。
”事故だった。殺すつもりはなかった”と弁解し、説得するウニ。泣くジョンヒ。

ナミの遺体と対面するが、突然のナミの死が受け入れられないボング。

面会にやって来たボングに、”ナミさんは本当に・・そうなったの??確認したの?私はやってない。行った時にはナミさんはすでに・・”と言うジェボク。
”分かっている。ジェボクさんを信じる・・”と答えるボング。
ナミを殺した真犯人を捕まえることを決心するボング。

アリバイ作りのために、ワインを飲むジョンヒとウニ。
ジョンヒも警察から連絡を受ける。

現場には監視カメラが無く、ジェボクの無実を証明するのが難しい。
警察にやって来たジョンヒとウニは、ジェボクが容疑者なのを知る。
その時刻にはジョンヒと一緒にお酒を飲んでいたと、刑事に話すウニ。

ジョンヒと二人で話すジェボク。
”最高の弁護士を雇って、ジェボクの無実を証明する”と言うジョンヒ。
”良心を殺して、こうやってウニと手を取っているのに何の助けになる?あなたも誰がやったか知っているんでしょう?”と言うジェボクに、”どうして知っている!俺はジェボクを信じているから・・”と誤魔化すジョンヒ。
すっかり変わってしまったジョンヒを信じられないジェボク。

”どうして殺したんだ??”とウニに迫るボング。
警察官に止められるボング。

拘置されるジェボクに付き添うボング。
”もう少し早く行っていれば・・・”とナミを助けられなかったことを謝るジェボク。

これから子供たちを連れてくると言うジョンヒに戸惑うウニ。

家に戻り、ナミが用意してくれた食事を見るボング。
料理の不慣れなナミが自分のために準備してくれたことを思い、涙を流すボング。

ウォンジェの家に預けられている子供たちを迎えに行くジョンヒ。
ジェボクの不在中、子供たちと一緒に居ることにするジョンヒ。

やって来たジヌクとヘウクを歓迎するウニ。
ウニから子供たちを守ろうと、警戒するジョンヒとジョンヒ母。

ジョンヒが子供たちを連れて行ったと聞き、怒り、焦るジェボク。

何か証拠が無いかと、現場に行くボング。
ナミの携帯は無くなったが、その携帯の画像を探そうとするボングに協力するサムギュ。
刑事から、ナミは皮のハンドバッグか何かで叩かれたことが分かるボング。

ウニにも、”ナミが皮のハンドバックで殴られたと警察が推測している”という情報が入る。

ナミの携帯アカウントのクラウドに、犯行時刻の写真が自動保存されていた。
顔は映っていないが、ウニの姿が映っているその画像を見るボング達。
頭をぶつけ、意識の遠のくナミがウニの姿を撮っていたのだった。

ウニが子供たちに用意した食事を毒見するジョンヒ母w

外出しようとする母親の様子がおかしいことに気付くウニ。
ウニが事件当時着ていた洋服やカバンなどを持って自首しようとする執事。
ナミの携帯のクラウドに保存された写真があることを話し、ウニに迫るボング。
ウニの殺人容疑で緊急逮捕にやってくる刑事。
”私がやった。ウニは何も知らない。自首しに行こうとしていた。証拠はここにある”とクラッチバッグや服を差し出す執事。

執事が逮捕され、ジェボクは解放される。
逮捕された執事の姿を見て、”この人じゃない!娘のウニだ!”と叫ぶジェボク。

ウニの家にいる子供たちが心配なジェボクだが、倒れて病院に運ばれる。

”ナミにもっと金を出せと脅迫され、争いになってそうなった”と供述し、ナミの携帯の画像は自分だ、携帯は川に捨てたと話す執事。

母親が逮捕され、警察に駆けつけるが、犯人が母親ではないと分かるブライアン。
ウニがナミを殺してしまったことを知った執事は、身代わりになることを決めた。
ブライアンにも”自分がした”と話す執事。
幼いウニとブライアンを虐待してきた執事は”二人を死ぬほど苦しめた魔女のような悪い女は罰を受けて当然だろう”と笑う。そんな母親に胸を痛めるブライアン。

スポンサーリンク

倒れて入院したジェボクだったが、ボングの目の離した隙に病院を抜け出してウニの家に向かう。
暗証番号も変わり、インターホンを押してもジェボクを入れないウニ。
ジェボクから電話を受けたジョンヒも、”数日は子供たちの面倒を見る。今のジェボクの姿はヘオクのためにも良くない”と家に入れない。
駆けつけ、興奮するジェボクをなだめるボング。

ナミの納骨堂に来ていたブライアンと話すボング。
”お前に良心はあるか?お前しかいない。ウニの狂気を止めて真実を明らかにする人。俺にはそう見えないが、ナミはお前をそう見るようだ。若干良いやつだと”と話すボング。

迎えに来たジェボクに喜ぶジヌクとヘウク。
”家族みんなで遊園地に行く約束”をパパとしたと、ジェボクに話すジヌクとヘウク。
それを聞き、顔をこわばらせるウニ。

ウニは偶然、ジヌクと通話するジョンヒの会話を聞いてしまう。
”父さんは昔みたいにヘウクやお母さん、家族みんなで暮らせるような方法がないか考えている・・”と話すジョンヒ。
”ジョンヒさんはまた私から離れるの・・・?”とショックを受けるウニ。
そこで、”ジェボクさえ居なくなればいい”と思いつくウニ。

ウニはジョンヒをアメリカ出張に行かせるようにする。

ナミが亡くなった現場をうろつくウニの秘書を見つけ、”お前が証拠を奪ったのか??”と殴りつけるボング。
ウニの秘書を監禁するボング。

地方に出張に行ったジェボクは、帰りに何者かに拉致されてしまう。
”イ・ウニ”として精神病院に監禁されてしまうジェボク。

第18話に続く。

「完璧な妻」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村