月桂樹洋服店の紳士たち 第42回あらすじ イ・ドンゴン チャ・インピョ ヒョヌ

スポンサーリンク

「月桂樹洋服店の紳士たち」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「月桂樹洋服店の紳士たち」42話予告動画

「月桂樹洋服店の紳士たち」42話あらすじ

ヨンシルは退院し、月桂樹洋服店に戻って来た。
無断欠勤したヨンシルに始末書を書かせることにするドンジン。

家に戻って来るヨンシルを待っていたマンスルとゴッジ。
ゴッジはヨンシルの好物を用意して準備していた。
ドンジンたちのカップルリングに気付き、”結婚するのか?結婚の日取りは??”と尋ねるソンジュン。
気まずく席を外したゴッジに、”結婚する。認めてください”と話すドンジン。
ギピョが出所して来たらと心配してまだ結婚を許す決心がつかないゴッジは”もう少し時間が欲しい”と答える。

嘘を付いたヒョウォンにまだ怒っているウンスク。
”あの年で仕事もせずにテヤンさんばかり見ているのは・・・”とヒョウォンの事を批判するジヨンに、気分を害するウンスク。
ヒョウォンにも、”結婚は現実だ。ヒョウォンさんみたいに苦労を知らない人がテヤンみたいな人と結婚しようとするなんて理解できない”と話すジヨンにムカつくヒョウォン。
”ジヨンさんみたいな人に理解されたくないから。テヤンさんが貧乏だという理由だけで他の男に行った裏切者がどうして私を理解できるの?”と嫌味を言うヒョウォン。
”貧乏という事よりも、野望も夢も無いテヤンが嫌だった。テヤンは怠惰で能力が無く見える”と言うジヨン。
”お金の無い彼女を応援しようと、自分の夢を差し置いて助けてくれた人を怠惰で能力が無いと言うのは恩知らずだ”と怒るヒョウォン。”受けた恩はもう返した”と言うジヨン。
そんなジヨンに腹を立て、水をぶっかけて”テヤンの代わりにいつか復讐したかった”と言うヒョウォンw

ヨンシルが書いた始末書をチェックするドンジン。
ドンジンへのラブレターのような内容の始末書に、上機嫌のドンジンw

ソンニョの好きなサツマイモのケーキを持って、食事の礼を言いに来るヨンウン。
ずっと顔色の悪いソンニョに、”病院に行ってみたら”と心配するヨンウン。
”大丈夫だ”と言うが、目まいがするソンニョ。
サムドに会いに行き、”お姉さんは具合が悪いようだ。兄さんが病院に一緒に行ってみて”と話すヨンウン。

ジアニと会い、パートナー契約の話をまとめるドンジン。 
その話を部下から報告を受け、驚くヒョサン。
ジアニが所属する大きな会社が月桂樹洋品店のような小さな店と提携するなんて、納得できないヒョサン。

ヒョウォンがジヨンに水をかけたと聞き、驚くヒョサン。
ヒョサンやジヨンを家に呼び寄せ、”ヒョサンとジヨンの結婚式は予定通り今月行う。テヤンとヒョウォンは今後話し合う”と宣言するウンスク。
その言葉に納得できないヒョウォンは、”ジヨンが貧しいからとテヤンを捨てたことなど全てウンスクに話す”と言い出す。
”それを言ったらジヨンだけじゃなく、テヤンもアウトだ”と止めるヒョサン。
”協定を結ぼう。俺たちの結婚を邪魔しないと約束するなら、お前たちの関係も認めると約束する”と言うヒョサン。承諾するヒョウォンとテヤン。

通りがかり、タロットで占ってもらうことにするヒョウォンとテヤン。
”出来ちゃった婚をする可能性がある”と言われ、驚く二人。
”近い将来大きい試験を通過し、予想できない財物を得ることになる”と他の解説もする占い師。
”試験に受かるんじゃない??”と喜ぶヒョウォン。

ヨンシルに食事を用意してもらい、楽しそうに食事をするドンジン。
ドンジンの笑う顔を久しぶりに見たと喜ぶゴッジ。

ソンニョの顔色が悪いことに気付くヨンシル。
”人生は短い。周りを窺わずに、ヨンシルの好きなことをしろ”と話し、”見舞いにも行けなかったから・・”とヨンシルにお金を渡すソンニョ。
そんなソンニョに驚き、返そうとするヨンシル。
”あげるときに受け取れ。会う日もあまり残ってないから・・”と言うソンニョに、”どこかに行くのかな??”と驚くヨンシル。

外食するソンニョとサムド。
急に泣き出し、”私があげられる最後のプレゼントだ・・・”とサインした離婚届を差出すソンニョに驚くサムド。
”お前、隠していることがあるだろ?体調が悪いんだろ・・?”と言うサムドに驚くソンニョ。
”お前は更年期なんだろ?”と言うサムドに、’’そうみたいだ。。”と答えるソンニョ。
ソンニョの目の前で離婚届を破り捨てるサムド。
”歳を取って更年期の妻を捨てたら罰を受けるかと思って怖いから離婚できない”と言うサムド。
”もし離婚してお前より悪い女に出会ったら・・・”と言うサムドに、”初恋のヨンウンがいるじゃない”と言うソンニョ。
”ヨンウンは実の妹みたいな存在で・・・妹と結婚すると思うか??”と答えるサムド。
サムドの言葉が嬉しく、泣くソンニョ。

死期が近づいていると感じ、写真館に遺影を撮りに行くソンニョ。
”笑った顔で写りたい”と、カメラに向かって笑うソンニョ。
笑いながら泣き出すソンニョ。
まだ若いのに遺影を撮ることになった自身の運命を恨み、号泣するソンニョ。
泣くのを止め、”元気でいて!サムド!”と言いながら笑顔で写真を撮るソンニョ。

マンスル達も自分側に付いてくれず、苛立つヒョジン。
ドンジンの家に電話をするとヨンシルが出て驚くヒョジン。
そのヒョジンと会うことになるヨンシル。

怪我をした振りをしてドンジンを引き留めたとヨンシルを非難するヒョジン。
ドンジンから離れろと言うヒョジンに、”嫌だ。離れたくない。ドンジンさんも私も望んでいない”ときっぱり言うヨンシル。
小さな店の月桂樹洋品店やヨンシルと、ドンジンは釣り合わないと言うヒョジュ。
”図々しい・・夫は刑務所に居るのに”と言うヒョジュに、”あの人と法的に無関係だ。ドンジンさんとあなたと同じように”と言うヨンシル。
そんなヨンシルに腹を立て、叩こうとするヒョジュ。ヒョジュの手を止め、”我慢するのは今日限りだ”と言うヨンシル。

ドンジンと一緒に楽しくはしゃいでいるヨンシルの姿を目撃し、驚くギピョ母。
ヨンシルがドンジンの家で住んでいることが分かり、激怒するギピョ母。
家に乗り込み、”居なくなったと騙してヨンシルを隠していたのか??”とドンジンとヨンシルを責めるギピョ母。
ヨンシルの髪を掴んで怒るギピョ母に、”その手を放せ!ヨンシルはうちの人間だ”と怒鳴るゴッジ。
ヨンシルを”嫁”と言うギピョ母に、”ヨンシルは最初からお前の家の嫁じゃない”と言い返すゴッジ。
マンスルから”すぐ出て行け!”と怒鳴られ、渋々帰って行くギピョ母。

スポンサーリンク

マンスル達に謝るヨンシルに、”これぐらいは覚悟していた・・謝ることは無い”と話すマンスル。
ドンジンには大きい場所で立派に生きて欲しいと未練を捨てられないゴッジだったが、もうそんな未練を捨て、ドンジンとヨンシルの結婚を許すことにした。
”ギピョが出所する前に式を挙げよう”と言うゴッジに、礼を言うヨンシルとドンジン。

ナイトクラブでのステージが終わったソンジュンと一緒に帰ることにするドンスクとダジョン。
バスに乗って来たソンジュンが歌手のテピョンだと気付く乗客。
歌謡ステージの放送を見た乗客のリクエストに応え、バスの中で歌を披露することになる。
バスの中で熱唱するテピョンに声援を送る乗客たち。

テヤンの広告撮影に付いて行くヒョウォンとウンスク。
また撮影中に色々指示し、追いだされるウンスクw
共演モデルがテヤンの電話番号を聞いているのを目撃し、怒って文句を言うヒョウォン。
そのモデルの機嫌を損ね、ヒョウォンも追い出されるw

教員任用試験の1次試験に受かったと、ヒョウォンに報告するテヤン。喜ぶヒョウォン。

ドンジンとヨンシルが結婚するとギピョ母から聞き、驚くヒョジュ。

亡くなったヨンシル父が祀られる寺に、挨拶に行くドンジンとヨンシル。
ヨンシル父に”これからはヨンシルを守る”と約束するドンジン。

ギピョに面会に行き、ヨンシルとドンジンが結婚すると伝えるヒョジュ。
それを聞き、激怒するギピョ。

第43話につづく。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「月桂樹洋服店の紳士たち」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→