オーマイグムビ 第15話あらすじ オ・ジホ イ・ジフン 

スポンサーリンク

「オーマイクムビ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「オーマイクムビ」15話予告動画

「オーマイクムビ」15話あらすじ

クムビを助けるためなら色んな治療を試すつもりのカンヒ。
クムビから”酷くなっても手術とか痛くしないで欲しい”と頼まれていたフィチョルは、副作用のある治療に躊躇する。

クムビを見舞いに来た担任。チスも見舞いに訪れる。
お互いがクムビの知り合いで驚くチスと担任。
クムビは果物を詰まらせて息ができなくなる。それは飲んでいる薬の副作用だった。

副作用で聴力を失うことになるかもしれない注射だが、受けることにするクムビ。

スタントマンとして仕事を始め、稼いだお金を施設に寄付するチス。
教会でまたクムビの担任と出会うチス。

検査の数値は良くなるが、やはり副作用が出てくる。
そんなクムビを見て辛そうなフィチョル達に、症状の進んだ患者を見せるキム医師。
これからクムビ本人より辛くなるフィチョル達に耐えるように言うキム医師。

お金にもならないニーマン・ピック病の研究にかけるホ・ビョンスに協力することにしたキム医師。

カンヒと結婚し、ずっとクムビの面倒を見るつもりのフィチョルを心配するキロ。

カンヒに指輪を嵌め、プロポーズするフィチョル。
ずっとクムビと3人で居る事を決めるフィチョルとカンヒ。

結婚式を挙げ、クムビの前で結婚の誓いをするフィチョルとカンヒ。

症状が進み、歩行も困難になって来るクムビ。
カンヒの事を”ママ”と呼ぶようになったクムビだったが、喋るのも難しくなってきた。箸も上手く使えないクムビ。

クムビの病気のせいで研究所を早退する事が多くなり、職場でも肩身の狭いカンヒ。

辛いリハビリに癇癪を起すクムビ。
そんなクムビに厳しいカンヒ。嫌がるクムビにリハビリを続けさせようとするカンヒに怒るフィチョル。
クムビの事を思って厳しく接するカンヒと、可哀想に思って甘いフィチョルは衝突するようになる。

スポンサーリンク

病気が進むと性格も変化を起こし、挫折を繰り返すとうつ病になるかもしれないとキム医師から聞くフィチョル。

何度もボタンを留めさせるカンヒに苛立ち、癇癪を起こすクムビ。
カンヒともみ合いになり、カンヒの顔に怪我させてしまうクムビ。
”嫌だ!本当のママでもないくせに!消えろ!”と言うクムビに、カッとなって、手を上げそうになり慌てて抑えるカンヒ。
その様子を見て、カンヒがクムビを叩いたと誤解するフィチョル。
”ここまでなのか?可哀想な子供を苦しめないで出来ないと言え!自分が産んだ子供でもこんなことをするのか??”と怒鳴るフィチョル。ショックを受けるカンヒ。

クムビに確認し、カンヒが叩いて無い事が分かるフィチョル。

夜中、顔を怪我したカンヒの事やカンヒに言った事を思い出し”ゴメン・・・”と呟くクムビ。
救急箱を持ってカンヒを探すクムビ。

退院したクムビに会いに来るチスと担任。
クムビの症状が進んでいることを聞くチス。
”怖い・・・変わりそうで・・クムビを憎むようになるんじゃないかと。。”と泣くカンヒに、”クムビママ(カンヒ)を見る度に思う。結婚して子供を産んだらこんなママにならなくちゃと思う”と励ます担任。

チスがクムビに接する姿や、施設に寄付するのを知る担任は、”自分を愛することが先だ。チスさんが自分自身を愛するのには十分だ”とチスに変わるように話す。

幻想を見ながら一人で話すクムビの姿を見てショックを受けるフィチョル。
家にばかりいるクムビを、以前約束した通り海に連れ出すフィチョル。

フィチョルが辛いことが分かり、”こうなるなら会いに行かなかった・・”と考えるクムビ。
“パパと一緒に長く生きたいがちょっと大変なことのようだ”“誰かが生きるのは遠足のようなことだって。遠足終われば天に戻るんだけど、互いに遠足行ってきた話聞かせることだって。パパと会って本当に楽しかった。私が戻った後にパパも私のように楽しかったら良い”と考えるクムビ。

家に戻り、3人一緒に食事をするクムビたち。
記憶が錯綜し、”カンヒ姉さん・・・誰に会いたくて来たの?私は姉さんに会いたかった”と言うクムビ。
”姉さんが遠くに行ってしまったら、毎日毎日凧を揚げて待つ・・・”と話し出すクムビ。

第16話に続く。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「オーマイクムビ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→