おひとりさま~一人酒男女 ホンスル男女 あらすじ8話 ハ・ソクジン 5urprise コンミョン SHINee キー

スポンサーリンク

「一人酒男女~ホンスルナムニョ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「ホンスル男女」8話あらすじ

ハナのインターネット放送を見て嫉妬するコンミョン。
”どんな関係なんだ?”とコンミョンに尋ねられ、”自分のために、総合クラスのためにした事だ”と言うジョンソク。
ジョンソクの言葉に安心するコンミョン。

拍子でキスしてしまったジョンソクとハナは、お互いに気まずい。
気にするハナに、平気な振りをするジョンソク。

インターネット放送を手伝ったジョンソクはハナのことが好きだと言うジニ。
週末に地方の分校で特別講義をすることになっているジョンソク。他に1名連れて行く予定だ。
その講義をしたいジニやジンウンはジョンソクにアピールをする。欲の無いハナを心配するジョンソク。

賢いチェヨンに”勉強を教えてくれ”と言うコンミョンだったが、”キボムの友達は嫌だ”と答える。
いつもチェヨンを嫌うキボムに、”どうしてそんなに嫌うんだ?”と尋ねるドンヨン。
”ゴキブリを嫌いなようにただ嫌いなんだ!”と怒るキボム。

ジョンソクは特別講義に”ついでに後押しする”とハナを連れて行くことに決め、不貞腐れるジニw

”ジョンソクと親しくなるな”とハナに話すコンミョン。

屋上に洗濯物を干していたキボムは、運動をしに来たチェヨンと出くわす。

地方での特別講義のためにハナを迎えに行き、”遅刻したらどうするんだ。ハナのためじゃない”と言い訳するジョンソク。
行く途中にあった”ワイン洞窟”の看板に気付き、テレビで紹介されていたと話して行きたそうなハナ。人混みは嫌いだと言うジョンソク。
分校に到着したが、連絡の行き違いで特別講義は中止になっていた。
特別講義の準備を一生懸命していたハナはがっかりする。

ネット掲示板にチェヨンの盗撮画像が掲載されていることが分かり、”チェヨンに言って警察に届けた方が良いんじゃないか?”と話すドンヨンやキボムたち。
そこに現れたチェヨンはその画像を見て驚く。

特別講義が中止になって落ち込むハナを、行きたがっていた”ワイン洞窟”に連れて行くジョンソク。
涼しい洞内で、上着を貸すジョンソク。喜ぶハナに”ノグレのためじゃない。総合クラスのためだ”と言うツンデレのジョンソク。

掲示板に掲載された画像はキボムの携帯と同じ機種で撮られたものだった。犯人はキボムじゃないかと考えるチェヨン。
”犯人はチェヨンにひどく振られた人間だろう。キボムは違う”と庇うコンミョン達。
”だからキボムだろう。私にひどく振られた”と話すチェヨン。

実は、1年前にチェヨンにこっぴどく振られていたキボム。
チェヨンに片思いをし、ラブレターを渡したキボムだったが、チェヨンが捨てたその手紙を誰かに予備校のネット掲示板でさらされた。
誤字だらけのキボムのラブレターは”ノリャンジンの馬鹿の愛”として話題になり、それがキボムだとは知らないドンヨンはキボムの前でその手紙を”馬鹿だ”と爆笑する。
チェヨンから、”ゴキブリが嫌いなようにただ嫌いだ”ととどめを刺されるキボム。
チェヨンに、”一生恨む”と言い、”それが自分だと言う事は内緒にしてくれ”と頼んだキボム。

一番自分を恨むのはキボムだと考えるチェヨン。
キボムの携帯の中を見ても、チェヨンの画像は無く、キボムの自撮りばかりだったw
それでもキボムを疑うチェヨン。

嫁の実家で暮らす学院長は肩身が狭く、週末だがジンウンを登山に誘い出す。
休みの日なのに呼び出して愚痴を聞かせる学院長にうんざりしながら付き合うジンウン。

ワインを試飲して気に入ったが、その価格に躊躇して買えなかったハナ。
”特別な日に買って飲みたい・・・”と言っていたハナに、そのワインをプレゼントするジョンソク。
ソウルに着いたら今までのお礼に一緒に食事をしようと、ジョンソクを誘うハナ。
”ジョンソクのためじゃなく、総合クラスのために・・”と言うハナに、了承するジョンソク。

盗撮は絶対にしていないとコンミョンとドンヨンに訴えるキボム。
あの”ノリャンジンの馬鹿”がキボムだったなんて・・とからかうドンヨンw

非常階段を上がるチェヨンはまた盗撮される。その現場を抑え、犯人を捕まえるコンミョン。
犯人は以前チェヨンに冷たく振られた学生だった。

学院長との食事を、週末だからと早く切り上げるジンウン。

スポンサーリンク

自分だけのためのヒーリング”一人酒”についての考えが合うハナとジョンソク。
ただ、まだハナは一人で外では飲めないと話す。
”他人の視線の何が重要なんだ?自分の事だけでも足りない人生なのに”と話すジョンソク。
熱くて殻の剥けないハナの代わりに、エビを剥いてやるジョンソク。”指に怪我をしたら講義に差し障る。総合クラスのためにしたんだ”とツンデレのジョンソク。

コンミョンと一緒に警察に届けたチェヨン。
安心して泣き出すチェヨンは、”今まで不安で怖かった・・今でも怖い・・”と言う。
”これからは断るにも優しく断れ。世の中にはサイコパスが多いから気を付けろ”と、アドバイスするコンミョン。
この恩は忘れないと言うチェヨンに、”忘れていいからキボムに謝れ”と言うコンミョン。

コンミョンから犯人が捕まったと聞き、安心するキボム。
”チェヨンの盗撮犯人が捕まらなかったらいい。また写真が上がるから・・・”という学生たちの話を聞き、”お前たちみたいに見るのも犯罪だ”と水をかけて怒るキボム。

帰りに病院に寄るジンウン。
そこに入院していたのは妻ではなく、ジンウンの母だった。
痴呆にかかっている母はジンウン妻に会いたがる。だがジンウンは離婚していたのだった。胸を痛めるジンウン。

ジョンソクが色々優しくしてくれ、やっぱり私の事を好きなのか?と思うハナ。
ジョンソクとのキスを妄想するハナ。

恋愛は上の空になって仕事に差し支えると、恋愛しない考えのジョンソク。
ハナにも”総合クラスのいるうちは恋愛禁止だ”と言うジョンソク。
酔っ払ったハナは、”彼氏がいると思って嫉妬してたんでしょう??私のこと好きなんでしょう?”と言う。
認めず、怒ってハナを車から降ろすジョンソク。

置き去りにされ、買ってもらったワインを飲むハナ。
”どういう言葉が聞きたかったんだ?私を好きだって言葉?私がジョンソクの事を好きなのか?”と呟くハナ。

第9話に続く。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
「一人酒男女~ホンスルナムニョ」キャスト・登場人物紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→