もう一度ハッピーエンディング 第13回あらすじ チャン・ナラ チョン・ギョンホ クォン・ユル

スポンサーリンク

「もう一度ハッピーエンディング」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

「もう一度ハッピーエンディング」第13話あらすじ

キスをしてお互いの気持ちを確かめ合ったスヒョクとミモ。
相変わらず高いヒールを履いているミモに、小言を言いながら履かせるスヒョク。
二人が玄関の前でキスしようとすると、そこに帰って来たミヌ。慌ててスヒョクを突き飛ばすミモw
以前よりミモに愛想の無いミヌ。
ミモがヘジュンと付き合っていて、スヒョクが苦しんだのを知っているミヌ。

玄関でミモが貼った付箋が落ちているのを見つけ、ミモが自分を待っていたことを知るスヒョク。


ミモと付き合おうと思う・・と言うスヒョクの言葉にも複雑な表情のミヌ。
父さんが笑うようになって良かった・・と答えるミヌ。

出勤しようとするミモは、玄関に貼ってあるスヒョクの付箋に喜ぶ。


一緒にモーニングコーヒーを飲みに行くスヒョクとミモ。ミモのお弁当も用意したスヒョク。
会社から帰って来たらすぐ来い、夕食も用意して待ってると言うスヒョク。

自身の撮った写真を持って面接に行くスヒョク。
前の仕事を辞めた理由を尋ねられ、”辛い写真は撮るのを止めたくて。これからは撮った人を笑わせるような写真を撮りたい。”と話すスヒョク。その場で採用が決まる。

スポンサーリンク

出勤して、スヒョクが作ってくれたお弁当を開いて喜ぶミモ。
夫婦キャンプの招待状をミモに見せ、そんなところに行かないといけないかな?と相談するダジョン。
コナクがお揃いのTシャツまで用意したと聞き、驚くミモ。
幼稚だと言うダジョンに、若い時のダジョンはそうだったと話すミモ。

スヒョクが自分のせいで失業したと気にするミモは、スヒョクの再就職先を模索する。


学校にいきなり会いに来たジョンウに驚くドンミ。
9歳差にショックを受けたドンミは連絡を避けていた。
どうして避ける?そんなに6歳差が気になる?とドンミに聞くジョンウ。
何か魂胆があるんじゃないかと言うドンミに、”好きだからだ!こんな可愛い31歳が他に居るなら出て来い!”と言ってドンミにキスするジョンウ。
メロメロになるドンミw

ミモのためにヨンスと距離を置いていたヘジュンも、気楽にヨンスと話すようになる。
ヨンスと話す姿を見て、嫉妬する女子高生ヨンミ。
父親も使ってご飯を食べないと伝えたのに連絡して来なかったヘジュンに怒るヨンミw
結局”元妻”なのか??と怒るヨンミ。

ジョンウにメロメロになって夢見心地のドンミ。
9歳差なんて大したことない!ハリウッドにはそんなカップルはたくさんいる。と言うドンミに、”ハリウッドスターは沢山の物を持っているからだ”と言うエラン。
また悩みだすドンミ。

自分に気があるソウンと気まずくなるのは嫌だと思っているスヒョク。
シアに上手くフォローしてくれるように頼むスヒョク。


スヒョクの再就職のためにまとめた資料をスヒョクに見せるミモ。
ミモが自身のために作ってくれた資料を見て喜ぶスヒョク。

会社を休んで家事をするコナクに驚くダジョン。
テヨンの送り迎えも気にしないで良いと言うコナク。
ジュースがこぼれたダジョンの服を拭こうとして、胸を気にするダジョンにハッと気づくコナク。気まずくなる二人。

コナクが舅と電話をしているのを聞くダジョン。
コナクが親に反対されても、ダジョンのために一か月会社を休むことにしたことを知るダジョン。
不妊治療をしていた時のコナクの姿を思い出すダジョン。
その時も不妊治療に苦しむダジョンを、孫を催促する親から庇っていたコナクだった。

ヨンスはヘジュンの診察室に現れ、自身の治療を頼むと言う。
”2ヶ月前に症状が再び始まった。医学用語では”再発”と言って一般的には”未練”と言う。。。”と告白するヨンス。
驚くヘジュンだったが、”薬品治療よりは手術で除去する方がより良い。再発による苦しさも減るだろう。”とヨンスの告白を拒絶する。

エランに止められながらも若作りな格好でジョンウの友達たちと会うドンミ。
かなり年上のドンミに引き気味の友人たち。
カラオケに行き、若さに圧倒されるドンミ。負けずに歌うドンミに、引く友人たち。
ジョンウだけはドンミの歌に笑顔だ。


トンベが浮気しているかも?と情報が来て、その場に乗り込むエラン。
それは誤解で会社の飲み会だった。トンベの妻としてその飲み会に参加することになるエラン。

食事を作りに来たソウンとばったり会うミモとスヒョク。
わざとミモの肩を抱くスヒョク。ミモに嫉妬心を燃やすソウン。
”私はお腹を空かせたミヌに食事を作りに来た。私はミヌをおんぶして育てた妹分なの忘れたの??”と言ってスヒョクの家に入って行くソウン。
ソウンは同じマンションの上の階に住むことにしたと話す。

ソウンに対抗してミヌに料理を作ることにしたミモは、家の冷蔵庫にあった食材を持ってスヒョクの家を訪ねる。
ソウンと料理対決するミモ。
出来上がった料理をミヌが判定する。ソウンの料理が美味しいと言うミヌにガッカリするミモ。

夫婦キャンプに参加することに決めたダジョン。
”参加しよう。でも会社には出勤して。1か月休暇を取ってまで努力しないで。”とコナクに話すダジョン。
”一か月の休暇も取れないと思ってるのか?他でもないダジョンのためなのに?俺の好きにするよ。”と微笑むコナク。

ソウンに負けたことに納得できないミモは、再びスヒョクの家のベルを鳴らす。
出て来たミヌに、自分の料理に何が足りなかったのかを尋ねる。
”それより、材料の新鮮度に気を遣わないといけないんじゃないか”と答えるミヌ。
残ったミモの料理を全部食べたスヒョクは嘔吐して苦しんでいたw


食あたりで苦しむスヒョクのためにお粥を作って看病するミモ。
看病しながらスヒョクのベッドで寝てしまうミモ。
ずっとミモの寝顔を見たかったスヒョクはミモを起こさない。

スヒョクと上手くいっているミモに、ミヌの存在を心配するダジョン。
他人の子供を育てるのは易しいことじゃない・・と言うダジョンの言葉に、最近のミヌの事を思い出して考え込むミモ。

”勇敢なウェディング”に現れたヨンスに驚くミモ。
”良い人を紹介してください。ヘジュンより良い男性を・・”と言うヨンス。

夫婦キャンプに参加したコナクとダジョン。
ピンクのお揃いのTシャツを着たコナクとダジョンは注目の的だw
恥かしがるダジョンに、”俺たちだけを見て。俺とダジョンだけ。”と言うコナク。


一日一回褒めてもらうようなことをして相手からステッカーを貰うように宿題も貰ったダジョン。

エランの新居に遊びに行くミモたち。
エラン夫婦の結婚写真を羨ましがるドンミに、結婚したいなら9歳下の男と別れろと言うエラン。
ドンミの彼が実は25歳ということを聞き、驚くミモとダジョン。
時間の浪費じゃない事を証明してやるわ!とジョンウとの仲を諦めないドンミ。

今まで処分できなかったスンジェとの結婚写真を処分するミモ。

一緒にマンションのエレベーターに乗ったミモとスヒョク。
突然止まったエレベーターに恐怖を感じるミモを抱きしめて安心させるスヒョク。

マンションのエレベーターが止まって困ったミヌとソウンは、警備室に向かう。
警備室のおじさんはエレベーターの監視モニターを見ながら、”二人の雰囲気を壊したらダメだから・・”とわざとエレベーターを動かさずにそのままにしていたw
監視モニターに映るスヒョクとミモの姿を見たソウンは腹を立てるw

スヒョクはシアとその婚約者とレストランで会う約束をしていた。そのシアの婚約者とはミモの前夫スンジェだった。
幼い頃からいじめられてもスヒョクがよく助けてくれていたと話すシア。
シアを泣かさないようにと言うスヒョクに、泣くことは無いと答えるスンジェ。

スヒョクに会いにそのレストランに行き、驚くミモ。

第14話に続く。

「もう一度ハッピーエンディング」登場人物・キャスト紹介はこちら→ あらすじ一覧はこちら→

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村